b0206037_00480894.jpg
本日、ようやく岩泉町の山間部の孤立状態が解消されたとのニュースがありました。まだまだ山間部の道路は仮復旧のような状態で、本格復旧には時間がかかります。とはいえ道路が通じる事で電気などの復旧なども進むことになりますし、滞っていた牛の飼料輸送なども動き出しますし、少し安心です。まだまだ災害は続いている。そんな状態ではあるものの、物事は徐々に、動いています。片付け作業も時間がかかりますが、この週末は多くのボランティアの皆さんのご協力を頂き、作業が進んだ場所も多かったことと思います。

さて、あっという間の3週間でした。まさか内陸で甚大な津波被害があるとは思っても居ませんでした。
道路が復旧するにつれて、新たな被害の状況も目に入り、被害が広範囲にわたっていることから、正直心が折れそうになるような景色を沢山目にしました。ただ、そんななかでも短角牛が何とか無事だったり、湧き水が様変わりしつつも水はこんこんと湧いていたり、神社は無事だったり、復活に向けてのタネはたくさんあると実感しています。
今後とも、持続的に復活に向けて進んでいきます。大事なことは、心が折れないように。今後とも、どうぞよろしくお願いします。

今日は、緊迫していた災害当日と翌日の模様を振り返っておきたいと思います。
書こうかどうか、正直迷ったものの、記憶が薄れないうちに書くことが大事だと思いました。



8月30日~8月31日の状況
(あくまで、私が見聞きした状況の振り返りです。)

8月30日 12:30
この時点では乙茂地区は、雨風は弱かったです。予報を見た感じでは朝から本格的な雨だと思っていたので、意外とそれほどでもないな、とこの時点では思ってました。ただ、雨雲レーダーを見ると、上流部では雨が降り続いているようでした。
小本川は、前日からの雨でそれなりに増水していました。
b0206037_23581427.jpg

15時前後になると乙茂でも荒れ模様となってきました。

17時ごろ
小本川からあふれた水でふれあいらんど岩泉パークゴルフ場・陸上競技場は浸水しました。
b0206037_00040029.jpg

17:50
道の駅いわいずみ横の沢も小本川に流れ込めず溢れそうになっていました。
二升石付近で土砂崩れのため、小川・大川地区の一部の職員は、帰宅を見合わせ会社に留まっていました。
b0206037_22552699.jpg
家族のことを考えるとそろそろ帰らなくてはまずいと思い、暴風雨のなか、帰る事にしました。
ところが、雨なのか沢水なのか各地で道路が冠水し、さらには乙茂の一部で国道と小本川の高さが非常に近くなっており、怖くなりました。
しかし国道にはまだ帰路を急ぐ車がけっこう走っており、急いで何とか家までたどり着きました。
その後は、親戚宅に電話し無事を確認した後は、
暴風で家が大丈夫か…と心配し、

19時ごろには暴風雨も落ち着いたので、
停電(我が家は18時半過ぎごろから)はいつ回復するのか…そんなことに気を取られていました。
b0206037_22594489.jpg
19時半。星空も見え、風もほぼ止んでいました。
停電断水で風呂が入れません。まだこの時点では一部の店や家は電気が付いているのが見えました。温泉ホテルかホテル愛山はもしかしてお風呂が入れるのでは?と思い、出かけたところ、停電でしたし、それどころか清水川沿いの道路が水没したりもしており、引き返しました。

21時。停電が長引くので、私の職場であるミート工房いわいずみの冷蔵冷凍庫の肉が心配になってきました。保冷用トラックに肉を移した方が良いのか?いや、会社に行くにも道路は大丈夫なのか?
会社に留まっているであろう先輩方に電話をしたところ、「もうそんな状況ではない。1メートル以上、浸水して、道の駅2階に避難中。」とのことでした。避難したのは、18時20分ごろだったとのこと。想像を越えるような災害が起きていることをこの時点ではっきり自覚しました。

中島地区の親戚宅でも、水が20時ごろに突然押し寄せてきたので2階に避難。とのこと。中島・小本方面ではひどい暴風雨はほとんど降らなかったとのこと。

22時。中島地区の親戚宅に電話をかけたところ、
「水が、2階まで階段あと3段位のところまで上がってきている。」と言われました。
「押入れなど出来るだけ高いところで、何とか持ちこたえてください。」と言うのが精いっぱいでした。
このときが、水のピークだった模様です。後日痕跡から推定される水位は3メートル弱。

夜どおし、清水川を大きな岩がゴロゴロ転がっているような音が響いていました。


8月31日早朝。親戚宅は大丈夫か。連絡はつきません。ヘリが飛び交っていました。
家族のDocomo携帯は非常用電源がしっかりしているのか、電源補給も来ているのか?通じましたが、私のYモバイル携帯は8月30日の20時前後から1日半以上、通じませんでした。情報収集に支障。

7時過ぎ。
親戚と会社の状況を確かめるため、小本方面に車を走らせると、国道455号は下岩泉で通行止めでした。
ならば、グリーンロード夏節トンネルから島越方面に抜けようかと思いましたが、龍泉洞付近で道路は大量の石ころ。危険と判断し引き返しました。

一旦家に帰りラジオを付けるもほとんど情報は分かりません。道路の状況はインターネットにも反映されておらず、ほぼ岩泉は陸の孤島と化していました。ただ、FM岩手から岩泉支局の現地情報が聞こえてきたのは印象に残っています。
b0206037_23360077.jpg
8時過ぎ。出直して、今度は沢中方面に向かってみましたが、やはり大量の石ころ。引き返してくる車もあり、断念。この時点でもう一度グリーンロード方面に向かったところ、ちょうど重機が入り最低限通れるようになっていました。多数の石ころや冠水か所を避けながら、車で道の駅田野畑に到達し、さらに小本に入りました。
b0206037_23362415.jpg
しかし、この時点でまだ中島は水が引いておらず、親戚宅方面に渡る橋も増水で危険な状況の模様で入ることができませんでした。ただ、小本支所で、無事の模様との情報は得ました。

10時。では会社は。と思い、国道45号・大芦・県道44号経由で三田市に出たときの変わり果てた小本川の光景は忘れられません。道の駅いわいずみに向かう道路は、泥にまみれていました。さらに、その先は、流木だらけでした。いずれも、まず片側車線から撤去作業が行われていました。
b0206037_23201647.jpg
会社は、壊滅的状況とも言えるほどに流木が押し寄せ内部はめちゃくちゃな状況でした。私の職場であるミート工房も予想以上に浸水しており、流木で建物が破壊されて大量の泥が流入していました。確かに肉を保冷トラックに積んで救出するような状況ではなく、冷蔵冷凍庫の肉も全て泥に浸かりました。
何か、今のうちに対処すれば被害を最小限に出来るか、と思って来ましたが、被害は予想をはるかに超えていました。
b0206037_23231254.jpg
すぐに片付けという状況でもなく、状況を若干記録したのち、道の駅2階に避難していた先輩がた3名(いずれも、車が被災)のうち2名を、町内へ送って行きました。
その車中で、ラジオを聞きながら、岩泉町で亡くなった方が居ることを知りました。

14時。中島方面へ向けて出直しました。15時、中島に到着。まだ、車では通行禁止でしたが、歩いて入る事は許されました。
b0206037_21582011.jpg
泥の海の状態となってしまった田んぼに言葉がありません。
b0206037_23324305.jpg
私が種まきした黒豆も、すべて泥の海に跡形もなくなりました。親戚宅に入るのも、泥の海で大変でした。まず、人は元気でした。
早々と家の人たちは畳を出し、泥のかき出しを開始していました…その後、私も、微力ながら、泥出しのお手伝いをさせて頂きました。泥出し片付けは非常に時間がかかることがよく分かりました。同時に、様々な方が手伝って下さり、岩泉の底力をも感じました。


さて、この週末は多くのボランティアの方に岩泉町に来て頂き、本当に感謝申し上げます。町内各地、状況が異なります。まだまだ支援を必要とする家がありますので、今後とも協力をよろしくお願いします。

◎岩泉町災害ボランティアセンターの最新情報はこちら

何はともあれ、あの3週間前と比べると、大きく状況は改善しました。
まだまだ、避難生活を送っている方も多く、生活再建は大きな課題です。
そして同時に、産業の復活も、徐々に動き出しています。



弊社事業の今後について
b0206037_00380477.jpg
短角牛について。10月中旬ごろまでには、別の会社様に協力を頂きながら、業務用の短角牛肉の出荷を再開する計画です。
短角牛の状況はこちら(Facebookページ)

龍泉洞の水について。取水施設が被害を受けていますが、工場は無事。復旧に向けて動いています。

道の駅について。「道の駅三田貝分校」は短縮営業中です。「道の駅いわいずみ」は弊社被災施設のなかでも、優先的に片づけを進め、復活に向けて動いています。
道の駅いわいずみからのメッセージはこちら(Facebookページ)


お客様へ、いつも岩泉をご愛顧いただきありがとうございます。
お取引先業者様には、現在、順次連絡をとっています。
ただし、まだ十分に問い合わせに対応するような事務所の体制が整っていません。発送のための伝票発行の体制も、まだ現在準備中です。パソコンのデータが現時点では、復旧できず、過去のデータが乏しいなか、事務作業を進めています。
そのような状況から、個人のお客様にはもうしばらくお待ちいただきたく、よろしくお願いします。

ゆっくりではありますが、着実に動きはあります!!
今後ともよろしくお願いします。

[PR]
# by kyounoinaka | 2016-09-20 00:29 | ○復興に向けて | Trackback | Comments(0)

b0206037_23342777.jpg
このたび皆様、報道などでご存じのとおり台風10号災害で岩泉町は大きな被害を受けています。
弊社(株)岩泉産業開発も、岩泉町乙茂地区の本社、道の駅いわいずみ、各種工場、ふれあいらんど岩泉(パークゴルフ場・陸上競技場)に濁流が流入し、これらの復興には時間がかかる状況です。このような状況で本社電話が不通となっており、電話での問い合わせ対応が出来ず大変申し訳ありません。商品の発送も、当面お休みさせて頂きます。
幸い、龍泉洞の水充填工場「ミネラルハウス」(※取水施設に被害)、道の駅三田貝分校、ふれあいらんど岩泉(センターハウス・宿泊施設)は無事でした。
また、多くの皆様から応援のメッセージを頂いています。
現在、新しい事務所の開設準備を進めており、無事だった事業所を活用し、再建に向けての計画を検討してまいります。
今後については、決まり次第、こちらでもご案内します。



現在、弊社や岩泉町に関する最新の情報はSNSで発信しております。ぜひご覧ください。



町内からの情報発信について。
また、今回の災害では町内からもWeb、SNSで多くの情報が発信されています。
岩泉の底力を感じます。
各商店の奮闘の模様もぜひ応援してください。

避難者数やインフラに関する情報

より最新の公式情報
※Facebook、Twitterアカウントあり

小本地区のボランティアに関する最新情報

岩泉中心部の家具店が発信
自社の状況、
道路、交通、インフラ等 各機関の公式情報や
被災した立場として気合の入った身の回りの情報まとめ

「岩泉ヨーグルト」「龍泉洞の化粧水」岩泉人気のけん引役 再起に向けて奮闘中の
力強さに元気が出ます。

避難所となっており現在宿泊受付は休止中。大事な、みんなのお風呂です。
避難所としての近況を発信中。

栗菓子「栗しぼり」などで著名な和菓子店から発信!復旧の模様も

「かりんとう」「たぬきさん」をはじめ人気急上昇の菓子店から発信!

長年かけて作り上げたホルモンは道の駅でも大人気商品。お弁当で被災した皆さんに元気を。

岩泉の新名物として定着した「フルーツほおずき」をはじめ無添加にこだわった商品が自慢。
今後のフルーツほおずきの展開も楽しみです。※災害に関する情報は発信していません。

お好み焼き店。たいへんな状況のなか営業再開。断水等もあり営業している食堂が少ないなか、貴重な存在です。

台風で浸水被害を受けたうれいら通り商店街。岩泉のいいところ。おいしいものも徐々に復活。
見ていて明るくなるTwitter。

貴重な広葉樹林業を、山の暮らしを、FSC森林認証で未来へ。林業関係者の現状の報告あり。

岩泉町への道路アクセス、ボランティアに来る方にためになる情報まとめ

おなじみ釜津田のAKIさんのブログ。短角牛繁殖農家でもあります。釜津田の最近の様子。
※Twitterアカウントあり

Iターンで岩泉へ、自身も台風10号で被災し避難中という経験も踏まえ、岩泉町の被災状況をリポート。


※上記リンクは顔見知りの方も居たり、実は顔見知りでない方も居たり。
リンクについて追加・削除・修正希望などありましたらご連絡ください。
弊社SNSへのメッセージ、もしくはこちらのブログ記事に非公開コメント等も可能です。



岩泉町への支援情報はこちらです。
多くの皆様からのご支援に感謝申し上げます。

岩泉町や久慈市、宮古市におけるボランティア関連情報

東日本大震災復興支援チームによる、台風10号被災地支援が始まりました。
いわてNPO災害支援ネットワーク」も昨日立ち上がっています。

インターネットからクレジットカード・Tポイントでの募金が出来ます。

岩泉町に通じる道路では多数の交通規制、通行止めがあります。
日々、状況が変わりますので支援のため足を運んでくださる皆様、
必ずチェックしてお出かけください。

宮古~久慈間を運行。
盛岡⇔宮古⇔岩泉小本・岩泉中心部までの公共交通のアクセス手段が紹介されています。
9月30日まで、ボランティア参加者は長靴を宮古駅で見せると宮古⇔岩泉小本間、無料。
※9月11日以降、106急行バスの完全復旧によりダイヤが変わる見込み。

盛岡⇔宮古間の路線バス、東京(品川)⇔宮古間の夜行路線バスを運行。
※9月11日以降、106急行バスの完全復旧によりダイヤが変わる見込み。

道路寸断により、 (1)盛岡⇔小川・浅内(落合)地区の路線バス
         (2)二戸⇔久慈⇔岩泉中心部の臨時路線バスを運行。
※道路の復旧次第で再び変更が考えられます。9/12から(2)のダイヤが変更となる見込みです。

☆道路・公共交通ともに復旧工事・天候により、変更となる事がありますので、必ずお出かけ前に公式Webサイトをチェックしてから。

もと岩泉町民による、岩泉と東京、岩泉と○○をつなぐ情報発信。岩泉支援情報。


☆Twitterをご利用の方は、このほかにも「岩泉町」などのキーワードでTwitter内で検索することで、様々な情報を収集できます。
ただし、SNSの性格上、情報の正確性については、公的機関からの情報なども参考に、御判断下さい。

[PR]
# by kyounoinaka | 2016-09-09 23:32 | ○復興に向けて | Trackback | Comments(0)

b0206037_12411560.jpg
昨日は久々に本格的に農作業。お盆やらその後雨続きやらで、なかなか取れなかった野良仕事の時間をようやく取れました。たぶん、お盆明けの雨は、休めということだったんでしょうね。
さて、だんだんと30本ほど植えておいたヒマワリ「東北八重ヒマワリ」も見ごろになってきました。そして、昨日はのばしのばしになっていたじゃが芋堀りを、手伝ってもらいながらようやく完了させました。昨日は北海コガネ、ワセシロ、レッドドラゴン、アンデスレッドを掘り上げました~。予想以上の収穫で小さな納屋も一杯です。
芋を掘った跡地には何を植えようか?玉ねぎやニンニクなど保存のきく冬越し野菜を植えたいな?と思案中です。

b0206037_12411637.jpg
周辺の田んぼを見に行ってみるとすっかり稲穂が出そろいました。

b0206037_12411592.jpg
b0206037_12411679.jpg
赤とんぼがとってもとっても鮮やかで見とれちゃいます。

b0206037_12411611.jpg
じっ茶ばっ茶の原料になるであろう黒豆、そして青平豆も勢いよくこんもり茂り、あっという間に人が歩く隙も無くなっていました。

b0206037_12411694.jpg
既に早々と実が付いています。枝豆として食べるにはまだちょっと早いかな。大豆栽培の愉しみの一つは秋口の「本来の枝豆の旬」を味わえること。

b0206037_12411593.jpg
小豆は今、花が真っ盛りです。そんな昨日の昼ごはんは、あんずきばっとうを頂きました。甘~いうどん、最初はとっても驚きましたが、今では当たり前です。

b0206037_12411603.jpg
田んぼの脇では夕顔が密かに巨大化・・・我が家も大家さんから昨夜夕顔を頂いたので夕顔三昧です。

b0206037_12411521.jpg
これは私の植えさせてもらった黄色い坊ちゃんカボチャ。土に着く心配が無い、空飛ぶカボチャ。昨日食べてみたところ、甘~く仕上がりました!!

b0206037_18431002.jpg
畑は大地のキャンバス。実りの秋に向けて一生懸命太陽のエネルギーを吸収中。岩泉の大地から生み出される農作物にそんな太陽のエネルギーをたっぷり頂きたいものです。

Twitter「今日の田舎」 で道の駅いわいずみ産直野菜情報 不定期で発信中。
産直野菜を見ていると、少量多品種 食材豊富でとっても面白い!

[PR]
# by kyounoinaka | 2016-08-25 18:50 | ◎もの 岩泉まめつぶ農園…各地の畑から | Trackback | Comments(0)

b0206037_08154660.jpg
岩泉町には先週より「岩泉型インターンシップ」により、大学生のみなさんが各受入れ事業所で職場研修を続けています。驚いたことに私の直接の後輩にあたる学生も2名参加しており、嬉しいところ。私もOBOGの話を聞く会に参加し、岩泉町の仕事、暮らしのリアルなところを若干ですが皆さんにお伝えしました。

そんな私も8年前、大学3年生の夏のインターンシップでは農山村でお世話になりました。久慈市山形町「バッタリ―村」からのご縁を伝って、遠く山口県防府市の棚田集落の一番奥にある「ふるさと牧場」で10日間の研修をさせて頂きました。

北東北で飼育される短角牛の世界では母牛・子牛の「放牧」は基本条件ですが、全国的に多く飼育されている黒毛和牛の世界では「放牧」はあくまで選択肢のひとつ。そもそも共同で使える放牧地など無い地域も多いと思います。
しかしそうしたなかで「黒毛和牛の放牧」の取り組みにも参考になる取り組みや考え方が様々あり、中国地方での視察・研修を通じて様々な示唆を受けましたので、8年越し(?)ではありますが報告します。
b0206037_08200119.jpg
山口県防府市。「ふるさと牧場」では、杉林での林間放牧により小規模で黒毛和牛繁殖牛を飼育しています。さらには少量ではありますが循環型農法で棚田で稲作・野菜も生産しています。
また、応援団でもあり牧場の農作物の消費者でもある「こぶしの里牧場交遊会」(現在では農事組合法人 久兼こぶしの里)が設立され、市民が参加しながら体験交流活動、牧場づくりが行われています。
b0206037_08281030.jpg
ちょうど初日は交流会が開催されており、賑やかに牧場見学させてもらいました。放牧牛が杉林の下草(舌草)刈りを行ってくれるため、美しい林内が維持されています。(一方で、牧場に隣接する土地は松枯れや倒木もひどく、中国山地の山の荒れ方が深刻であるとも感じました。ちなみに、周囲の山が荒れているおかげで?牛たちは牧場から脱走しないそうです。)
b0206037_08281939.jpg
さらには棚田の一角を牧草地として牛たちが集っています。
お米を食べちゃいそうなくらい牛が身を乗り出していますが、これ以上は下りないそうです。
牛が入りやすいところは、竹製の牧柵。風景になじんでいます。イノシシの被害は悩みどころとのこと。
b0206037_08313868.jpg
翌日からは本格的に農作業です。限られた傾斜地では畦草も大事な飼料。とくに牛舎の牛たちの大事な飼料となるため、毎日の草刈りは大事な作業。とにかく草を刈りまくる!貴重な「草地」にも牛糞堆肥を還元しています。
b0206037_08315602.jpg
出産近くなった牛たち、そして子牛は家に隣接する牛舎へ。鶏も放牧されています。
b0206037_08314730.jpg
ちょうど子牛の出産にも立ち会うことが出来ました。
b0206037_08354678.jpg
牛たちが草を食べる林内にはお供え物として使われる「シキミ」が繁茂します。実はこのシキミは毒があり牛が食べないのです。そんな「シキミ」は産直に出荷し販売は好調とのことで、一つの収入源ともなっています。
b0206037_08373275.jpg
この期間中には子牛市場に行く機会にも恵まれました。
ふるさと牧場の、林間放牧で育ったお母さん牛から生まれ、粗飼料中心で育てる子牛は、肥育農家に渡ってからも餌の食いが良く、評価が高い傾向があるそうです。濃厚飼料をたっぷり与えて体重ばかりが大きい子牛よりも、近年では評価が高いそうで、ますますやりがいもあるとのことでした。ふるさと牧場の子牛はもちろん牧場主と一緒に入場し、このときも平均より高い価格で、著名な和牛産地に売られていきました。

あと、たまたま次に入場する、別の牧場の牛を、私が引っ張ってセリの会場に入場することになったんです。これは良い体験でした。
b0206037_08470131.jpg
あっという間の10日間。ここに書き尽くせないくらい、たいへん多くのことを学び、感じさせていただきました。やはり「田舎を楽しんでいる」ことを強く感じ、さらにIターンで後継者となる若い世代も居ること、応援団の存在などに大きな希望を感じました。

個人的に感激したのは、牧場主から「路線バスを維持するために、行き帰りは路線バスで。」と言われたこと。(牧場は路線バスの終点から片道徒歩20分程度)地域で暮らしているとどうしてもマイカーでの生活になってしまいますが、これすごく重要だと思うんです。集落では路線維持のためにバスカードのまとめ買いも行っており、そのバスカードのプレゼントを頂きました。これは民間路線バスだからこその危機感もあると思います。
(岩泉町は通院・通学の足を守るため、町民バスのネットワークが充実しています。今後は料金面での工夫や観光客目線での取り組みも必要と思いますが、山間地域としてはとても恵まれていると思います。)

b0206037_08302818.jpg
さてこの研修を通じて感じたこと。
「放牧」については環境的、動物福祉的、生物多様性など様々な観点からそのメリットが明らかになっています。いわいずみ短角牛も必ず「放牧」を経て育てられていることが一つの魅力です。

この研修を通じて感じたのは、「肉牛を育てる」というなかで、子牛を育てる「繁殖」の段階は肉牛の場合は、条件さえ整えば、経済的にも放牧のメリットがあることをあらためて実感しました。

一方で、「繁殖」が成り立つために欠かせない「肥育」(子牛を肉牛に仕上げる)の段階については、現状では日本のおそらく99%以上の肥育牛は、牛舎で育てられています。放牧を推進できる可能性についてはまだまだ継続して勉強してゆく必要がある、と感じました。
放牧のメリットを、上記のメリットだけでなく、経済的・おいしさ的にもある程度、両立できるのか?=すなわち、お客様にも、農家にも、販売する私たちにも、ある程度納得できる形で、放牧は実現できるのか?これは究極の畜産の課題の一つかもしれません。すでに走り出している取り組みは各地にあるので、今後も勉強していきたいと思います。


さて、引き続き中国地方の旅は続くのです。また、時をみて報告します。
町内取材に行く時間がなかなか取れず、ブログ更新がやや少なめとなっていますが、SNSで最新情報を発信中です。ぜひこちらもご覧ください。
Twitter「今日の田舎
Facebook「岩泉産業開発」「いわいずみ短角牛」「道の駅いわいずみ

[PR]
# by kyounoinaka | 2016-08-24 22:15 | □ニッポン持続的農業&放牧紀行 | Trackback | Comments(0)

b0206037_08123180.jpg
お盆最終日、8月16日の夜遅くから雨は降り始め、昨日8月17日は岩泉町でも台風7号による暴風雨に見舞われました。
私はお盆期間中ずっと道の駅勤務でしたので昨日はお休み。家で普段ないようなゆったりとした休日を過ごさせていただきました。今日からまたミート工房での短角牛のお仕事を頑張ります。
b0206037_08091727.jpg
さて、Twitter「今日の田舎」でもお伝えしたとおり太平洋は大荒れでした。
b0206037_08174866.jpg
茂師の漁港の様子です。台風に備えてなのか漁船はしっかりと山側に繋がれていました。
b0206037_08091733.jpg
小本川は夕方にはご覧のように数年に一度みる大増水となり、ふれあいらんど岩泉のパークゴルフ場が微妙に浸水しかけましたが、何とか持ちこたえました。(私が入社する少し前、5年前くらいに1回浸水があり、そのときは陸上競技場に大量のごみや魚(!)が流入し片付けが大変だったそうです。)
【※宿泊施設は高台にあるので安全です。】
b0206037_08091791.jpg
夕方から夜にかけては風もおさまり、晴れて満月1日前の良い月を見ることができましたよ。
さて、夜が明けてみると小本川の増水も徐々におさまってきていました。
b0206037_08091762.jpg
ひとまずこれで安心です。
b0206037_08091703.jpg
増水で「神滝」が大迫力になっているのではないかと思い、車を止めてみると案の定、風と水しぶきがものすごい大瀑布となってました。小本川は濁ってましたが神滝の水は透明に近い。ちなみに平常時の神滝はこちら
b0206037_08091731.jpg
最近、滝に降りる遊歩道も歩きやすくなりましたよ。(ただ、車は止めにくいので、ひそかな名所なのです。)
もうしばらく蒸し暑さが続きそうなので、涼を感じるのもいいですね!

[PR]
# by kyounoinaka | 2016-08-18 08:28 | ●地域情報 岩泉の滝 | Trackback | Comments(0)