じぃちゃんの炭焼き小屋

b0206037_8171825.jpg

懐かしいにおいに誘われて山道を行くと、炭焼き小屋がありました。きれいに揃えた炭材が小屋の前に積まれています。
b0206037_820487.jpg

炭窯から青白い煙が昇っていないので、炭材を並べているのかな?
b0206037_8221297.jpg

やっぱりいました炭焼きじぃちゃん!
b0206037_8225717.jpg

「本気で炭焼きするようになったのは平成元年のことだども、小っちぇえ頃はどっこの家でも山で炭焼いてたもんだ。戦争が始まって炭焼きもできなくなったども、体が覚えてるもんだぁな。」

炭材を詰めて火を入れてから1週間、さらに密閉して冷ますのに1週間以上かかり、忙しいときでもひと月に2サイクル焼くのが精いっぱいだそうです。この窯では1度に15kg入りで100袋(1,500kg)の炭が焼けるそうです。
b0206037_8384333.jpg

炭火で焼いた肉や魚は本当に美味しいですよね。でも調理や暖房に役立つだけでなく、日常生活に炭を取り入れることは、適切な森林管理にも大いに役立つのだそうです。岩手は日本一の木炭王国、みんなで木炭を使いましょう。


追伸
もう13年も前のことですが、私は愛知県の山奥で、「ひでじぃ」と呼ばれる炭焼きじぃちゃんの手伝いをしていました。環境NPO「地球緑化センター」の活動で、たった一年間だけでしたが、炭焼きの煙の匂いを感じるたびに、ひでじぃを思い出します。久しぶりに当時のレポートを出してみました。
あの頃は若かったなぁ…
【改良愛知式黒炭窯】
b0206037_8473542.jpg

[PR]
by kyounoinaka | 2012-04-12 08:51 | ●地域情報 地域の話題&岩泉・近隣の風景