b0206037_08001626.jpg
龍泉洞の水は昨年30周年を迎えました。
この龍泉洞の水が生まれた背景には、情熱的に自然環境を活かした地域活性化に取り組んだ保健所長・橋本勢津さんの存在があり、さらには当時の関係者の皆さんの英断がありました。
30周年という月日がたった今、その背景をあらためて記録し、皆様にもお伝えしたいという想いから、昨年夏、橋本さんにブログ前編集長がインタビューを行いました。
昨日の前編に引き続き、今日は後編をお届けします。



「世界最高品質の名水」誕生のきっかけに迫る(2)

ついに龍泉洞の水が発売開始
 1985年(昭和60年)当時としては最新の設備(消毒・殺菌漕、エアシャワー等)を備えた「龍泉洞地底湖の水」充填工場が落成し、8月1日に発売となりました。その当時のボトルはこちらです。
b0206037_17085303.jpg


龍泉洞の水の大成功、その効果は森を育む活動にも波及
 「龍泉洞の水」はミネラルウォーター業界でも初期に参入したため、まさに橋本さんの読みが当たって大評判となり、岩泉町に大きな効果をもたらしました。それは単に経済効果と雇用の確保だけではありませんでした。
この取り組みと同時に橋本さんは、釜津田中学校の生徒の協力のもと、「樹幹流」の調査を行い、岩泉町の広葉樹の森の豊かさを示すデータを収集しました。この取り組みは地域住民に広がり、さらに「ふるさとの森事業」「水源の森づくり」「酸素一番宣言」といった豊かな森づくりとPRにもつながりました。
その後1999年にモンドセレクション大金賞受賞などを通じて、まさに岩泉町の名水が世界の名水としても認められました。


龍泉洞の水、そして岩泉の「森とともにある暮らし」の未来に向け
今でも「龍泉洞の水」は変わらず湧き続けています。幸い「龍泉洞の水」はその美味しさを多くのお客様から評価頂き、ご愛顧頂いていますし、観光地「龍泉洞」も岩泉町の象徴的な観光地として、多くの皆様にお越しいただいています。

龍泉洞の水を活用した商品も広がりを見せており、現在では龍泉洞のお茶シリーズ、龍泉洞珈琲が好評で、さらには今年6月25日より「龍泉洞の化粧水」も発売されます。

大事な気付きを岩泉にもたらしてくださった橋本さんは1997年に退職。未来に向けて、この龍泉洞、そして森を受け継ぐために・・・森を大切にすること。海外にも出向いて広く世の中を勉強することなど、様々なメッセージを頂きました。地域活性化のために熱心に取り組んだ橋本さん。その想いは私たちの世代、そしてさらに次世代に引き継がれようとしています。

みなさま、今後もどうぞ岩泉にご注目下さい。

(おわり)

[PR]
by kyounoinaka | 2016-06-01 07:45 | ◎もの 世界の名水 龍泉洞の水

b0206037_16371257.jpg
 「龍泉洞の水」は1985年(昭和60年)8月1日に発売が開始されてから、昨年30周年を迎えました。
日本のミネラルウォーター業界でも初期に参入した岩泉町。
龍泉洞の水はおかげさまで多くのお客様から愛されていますし、岩泉町では「森と水のシンフォニー」をコンセプトに末永く豊かな森を育み、暮らして行こうという機運はますます高まっています。

b0206037_16440296.jpg

この龍泉洞の水が生まれた背景には、情熱的に自然環境を活かした地域活性化に取り組んだ保健所長・橋本勢津さんの存在があり、さらには当時の関係者の皆さんの英断がありました。30周年という月日がたった今、その背景をあらためて記録し、皆様にもお伝えしたいという想いから、昨年夏、橋本さんにブログ前編集長がインタビューを行いました。

30周年の記念日から時間が経ってしまいましたが、貴重なインタビューの内容を、ぜひご一読ください。



「世界最高品質の名水」誕生のきっかけに迫る(1)

●きっかけは、保健所長の橋本勢津さん
 「龍泉洞の水」が世に出るきっかけは、当時岩泉保健所長だった橋本勢津さんにありました。
橋本さんは東京生まれ、女学校時代に大空襲に遭遇し、祖父母の地という縁もあり下閉伊地域へと疎開してきたそうです。医学の道を志した橋本さんは戦後、内科医として久慈市に赴任し、さらにその後は宮古保健所に勤務することとなりました。その後1975年、橋本さんは欧米各国で研修する機会をいただき、ヨーロッパでボトル水が売られていることを知りました。

岩泉に、水と空気を活かした働く場所を!
 1980年から宮古保健所長、さらには1982年からは岩泉保健所長を兼務することとなった橋本さん。ちょうど日本が高度経済成長を経て、岩泉町には高齢化・過疎化の波が到来していました。若い世代が次々と町を離れる状況に、「若い人がいないのは働く場所がないから。岩泉で産業を興すには、水と空気しかない」と思ったそうです。さっそく、橋本所長の指導のもと、龍泉洞の水の詳細な水質検査が行われ、科学的にもカルシウムなど豊富なミネラル分が含まれていることが明らかになりました。
 当時の日本の都市部では環境破壊・水質汚濁が深刻化していた時代。そうした状況から、絶対にこの清らかな水は売れると確信した橋本さんでしたが、周囲の人々からは「水が売れるわけがない」と言われ、なかなか理解は得られませんでした。

●ミネラルウォーターの流れが日本にも・・・
 そうしたなか1983年、ハウス食品が「六甲のおいしい水」を発売しました。ボトル入りミネラルウォーター商品化の流れがついに日本でも始まったのです。さらに1984年、環境庁が「日本名水百選」の選定を始めたため、龍泉洞地底湖の水を応募したところ見事に選出されました。これを受けて当時の八重樫協二町長は商品化を決断したそうです。


(つづく)

[PR]
by kyounoinaka | 2016-05-31 16:40 | ◎もの 世界の名水 龍泉洞の水

b0206037_18294225.jpg
本日、「龍泉洞の化粧水」の発表会が、発売元となる岩泉乳業本社にて開催されました。
この化粧水はミネラル豊富な龍泉洞の水をたっぷり使用し、品質本位の化粧品づくりで定評がある日本ゼトック株式会社様と、岩泉乳業、岩泉産業開発が共同して開発しました。
b0206037_18233726.jpg
開発段階では3社の女性スタッフが中心となり、日本ゼトック様からは豊富なノウハウを提供して頂き、「自分たちが使いたい化粧水」をコンセプトに生まれた化粧水。シンプルな処方のなかに、岩泉町の花である桐の花をイメージした植物エッセンシャルオイルを配合しています。
さらっとしてべた付かない、みずみずしい使い心地が特徴で、その保湿力の高さはデータでも証明されています。
b0206037_18233720.jpg
この化粧水への想いを熱く語る山下社長。この化粧水の特徴は何と言っても龍泉洞の水をふんだんに使ったこと。家族みんなで使える化粧水であること、岩泉の地元から発信してゆくロングセラー商品に育てたいこと。など、インタビューに答えました。多くのTV・ラジオ・新聞など報道関係者さまに取材頂き、さきほど県内TVの夕方のニュースでも紹介して頂きました!

「龍泉洞の化粧水」は6月25日(土)の岩泉乳業工場まつりで発売開始し、
その後は岩泉町内の道の駅、ホテル、ネット通販で販売します!

【7/11追記: ネットショップでの販売、開始しました!】

[PR]
by kyounoinaka | 2016-05-26 18:58 | ◎もの 世界の名水 龍泉洞の水

b0206037_17235762.jpg

ビッグニュースです!

弊社では本日5/21より、「日テレ・ベレーザ × 龍泉洞の水」のコラボ商品として、オリジナルラベルで

「日テレ・ベレーザの水」を発売します。


日テレ・ベレーザといえば、女子サッカー界の名門。日本代表で、岩手県滝沢市出身の岩清水選手が所属するチームでもあります!岩泉町内では岩泉乳業さんも以前から日テレベレーザを応援しており、岩清水選手には岩泉町にも足を運んでいただきました。(→その模様はこちら

そのようなご縁から、チームを応援し、選手にも「日テレ・ベレーザの水」を飲んで頂き、ますますチームの繁栄を!という想いから今回の企画が実現しました。


発売箇所は道の駅いわいずみ・道の駅三田貝分校・ふれあいらんど岩泉です。今後、ネット通販も予定しています。

この商品の売り上げの一部は、チームの活動費に充てられます。

b0206037_10225567.jpg
発売にあたり、道の駅いわいずみにも、日テレ・ベレーザ応援コーナーを設けました。

岩清水選手からのサインの展示とあわせて、大々的に「日テレ・ベレーザの水」を並べました。

岩泉から、日テレ・ベレーザを応援します!


[PR]
by kyounoinaka | 2016-05-21 07:32 | 世界の名水 龍泉洞の水

2016年若水の神事

b0206037_16285602.jpg
毎年元旦にその年の健康と五穀豊穣をご祈祷しながら充填される「龍泉洞の若水」。
12月21日に受付は締め切らせて頂き、いよいよ年末ムードが色濃く感じられるようになってきました。
b0206037_16271235.jpg
そんな年末の恒例行事として本日、郷社大神宮で「龍泉洞の若水」に同封する
縁起物お飾り袋のご祈祷をして頂きました。
b0206037_16271257.jpg
毎年変わらぬ年末の風物詩ですが、
今年は12月とは思えないような穏やかな晴れ間のもと、行われました。
b0206037_16323936.jpg
今年、大当たりカードが届いたお客様には、「プレミアム山ぶどうワイン宇霊羅」をプレゼントします!

来年も、どうぞよろしくお願いします。

[PR]
by kyounoinaka | 2015-12-26 16:41 | 龍泉洞の水

b0206037_09545935.jpg
岩手・岩泉町の名水「龍泉洞の水」は、日本名水百選に選ばれた1985年に販売を開始し、今年で30周年。本州一広い町「岩泉町」の広葉樹林と石灰岩層に濾過され、龍泉洞地底湖に湧出する名水「龍泉洞の水」。
このたび龍泉洞の水はベルギーに本部を置く iTQi(国際味覚審査機構)の
2015年「優秀味覚賞」2つ星を昨年に続いて受賞しました!

iTQiの審査員は、ヨーロッパ特に権威のある15の調理師協会、そして国際ソムリエ協会に属する一流シェフやソムリエで構成されます。
審査員の皆様により、厳しい味覚審査(徹底的な目隠し方式のもと、味覚に関する満足度の数値評価)が行われ、
「優秀味覚賞」2つ星はその中でも「特記に値する」商品に与えられるものです。
その評価書は次のとおりです。(日本語注を追加してあります。)
b0206037_09394648.jpg
受賞商品は、iTQiのWebサイトにも掲載されています。

これまでも、2001年にモンドセレクション「世界最高品質賞」、
2009年および2014年に「最高金賞」を受賞するなど、
世界最高品質の名水としてお墨付きを頂いてきました。
b0206037_08245537.jpg
「龍泉洞の水」は、このように厳密な品質管理にもとづき名水をお届けするだけではなく、水源の森作りや環境保全活動を地域とともに行い、岩泉の広大な広葉樹林=水源を将来に受け継ぐ活動を行っています。
「龍泉洞の水」は岩泉町内の水道水にもなっており、岩泉町民の水源としても大事な地域の宝物。
これからも、地域の皆様とともに、守り育てていきたいと思います。

[PR]
by kyounoinaka | 2015-06-26 09:47 | 龍泉洞の水

b0206037_17585811.jpg
龍泉洞の水30周年を記念し、
昨日、道の駅いわいずみに「龍泉洞の水タワー」が完成しました!
現在、町内道の駅では写真にも写っている「30周年記念ボトル 龍泉洞の水」を販売中!
b0206037_17590372.jpg
さらにさらに、龍泉洞の水のクリアファイルも完成。
誕生当時のボトルと現在のボトルを比べた斬新なデザイン。
こちらも、町内道の駅で販売中。

30周年記念ボトル「龍泉洞の水」は通信販売も承っています。
500ml、24本入りで3,000円(税込)、送料サービスとなっています!
お問合せフォームはこちら

[PR]
by kyounoinaka | 2015-06-23 09:00 | 世界の名水 龍泉洞の水

b0206037_09500547.jpg
早いもので、弊社が1985年8月1日に発売した「龍泉洞の水」は今年で30周年を迎えます。
ペットボトルという言葉がなかった時代から、
岩泉の広葉樹林と石灰岩層に磨かれたナチュラルミネラルウォーターをお届けしてきましたが、感慨深いものがあります。
ご愛顧いただいた皆様に感謝を申し上げるとともに、次の30年に向けて歩んでいきたいと思います。
節目の年にあわせ、この夏は様々な企画を行う予定です。

また、あわせて岩泉町立図書館でも「水と環境展」を開催して頂けることになりました。
b0206037_09460188.jpg
6月22日(月)までの予定で、龍泉洞の水が掲載された雑誌、水や環境にまつわる様々な蔵書が、龍泉洞の水とともに特設コーナーへ展示されています。
さらに、今から30年前に製造した貴重な当時のボトルも展示されます。
(昭和60年7月29日に製造と書かれています。まだ私が生まれる前です!)
b0206037_09563306.jpg
去年の7月に岩泉町民会館横でリニューアルオープンしたばかりの、新しい図書館です。
本を読みながらのんびり涼むこともできる隠れた癒やしスポットなので、ぜひ足を運んでみてください。
b0206037_09455119.jpg

[PR]
by kyounoinaka | 2015-05-30 09:57 | 世界の名水 龍泉洞の水

岩泉町はミネラルの町。

b0206037_09455892.jpg

私は短角牛肉の担当ですが、この本を読みながらちょっとずつミネラルウォーターの勉強もしています。というのも、あらためてミネラルの大事さを感じているからです。

昨日ちらっと雑穀について書きましたが、それも同じ「ミネラル」がキーワードです。現代の生活は精白されてミネラルや食物繊維の少なくなった白米中心の食生活になりました。加えて、私はおやつで食べる程度ですが精白された小麦のパンも同じくです。
これではミネラルが不足するのも当然ですが、当然、現代人の様々な健康の問題も、ここが原因の一つだと考えられています。

とはいえ、私は小さいころ、玄米菜食の家庭で育ったもので、玄米ってあんまり美味しくない、そんなイメージがあって、やっぱり白米の美味しさって、人を魅了する、それは当然だと思います。

b0206037_09564939.jpg
そんな美味しさと、健康を両立してくれる魔法の食べ物が、ミネラルたっぷりの雑穀だと思い、ここしばらくは毎日、白米に混ぜて食べています。
雑穀の育つ美しい畑の風景が、単純に面白いというのもありますけどね。

もう一つ私が心がけているのはこまめな水分摂取。人間の体の実に60%は水分なので、当たり前のことかもしれませんが、私は面倒くさがり屋なもので、体が水分不足になることがしばしばありました。そうすると、風邪もひきやすくなりました。
水をこまめに飲むことを心がけるようにしてからは、風邪をひくことも少なくなりました。
でも、飲む水の中身まではあまり気にしたことがありませんでした。
この藤田先生の本を読んでみると色々目からウロコな情報ばかりで、とても面白い。鍾乳洞から湧き出る水、アルカリ性の水、ある程度硬度がある水・・・龍泉洞の水はかなり「いい水」に当てはまるように感じました。
b0206037_10120327.jpg

龍泉洞の水をもっともっと売ってゆきたい。そのために、龍泉洞の水の魅力も色々勉強しながら再発見し、牛肉~雑穀~ミネラルウォーターをつなぐ壮大な岩泉の魅力物語でも書けたら面白いなぁと思ってます。

[PR]
by kyounoinaka | 2015-01-29 10:10 | 世界の名水 龍泉洞の水

広葉樹の深い森に降り注いだ雨や雪は、腐葉土層でろ過され、石灰岩のカルシウムを吸収して「龍泉洞」神秘の地底湖に湧き出します。
b0206037_13114092.jpg

「龍泉洞の水」は、パワースポット「龍泉洞」からの贈り物。きっと想いは届くはず…

と言うわけで、龍泉洞の水を使った特別限定商品「初恋水(はっこいみず)・百恋水(ひゃっこいみず)」が誕生しました。生みの親は、岩泉生まれ岩泉育ちの、ある紳士。とても文学的なネーミングですよね。
b0206037_131733.jpg

※ラベル表は「初恋水」、裏は「百恋水」となっています。
b0206037_13181964.jpg

「初恋水・百恋水」 1本130円、1箱24本入り3,120円
道の駅いわいずみ・三田貝分校のみでの限定販売です。
(ボトルの中身は「龍泉洞の水」と同じです。)
b0206037_1319465.jpg

想いが届いて、岩手の心の民謡歌手・小田代直子さんが「うれいら通り」に来てくれました。
b0206037_1353543.jpg

「初恋水・百恋水」も小田代さんの歌のように、多くの人の心に届きますように。
[PR]
by kyounoinaka | 2013-07-29 14:00 | 世界の名水 龍泉洞の水