b0206037_08402923.png
 

龍泉洞貯蔵【2015山ぶどうワイン宇霊羅(うれいら)】

2016年7月20日、解禁となりました!

昨シーズンは大好評につきしばらく完売となっていた宇霊羅ワイン・・・!

2015年に収穫した岩泉町産山ぶどう100%で醸造したワインを、

「宇霊羅山」のふもと龍泉洞内の天然ワインセラーで熟成した自慢のワイン。

(なので、ワインの名前は「2015」です。)


いよいよ、今年も7月20日から販売を開始しました。

・フルーティーな甘みと酸味のバランスが良い「甘口」

・きりりと爽やかな飲み口の辛口

の2種類を取り揃えています。昨シーズンから取り揃えた「辛口」が好評だったため、今シーズンは「辛口」の割合を増やしています。今年も数が限られているため、完売必至!?

ぜひ夏の岩泉のお楽しみ「山ぶどうワイン」をご賞味ください。


◆取扱店舗

 ・道の駅いわいずみ

 ・道の駅三田貝分校

 道の駅では「山ぶどうワイン宇霊羅」をはじめ、北上山地のワイン、岩泉の地酒を各種取り揃えています。

 旅の思い出に、宴のともに、ぜひ「岩泉チーズ」や「いわいずみ短角牛肉」とともにお召し上がり下さい。

b0206037_08491806.jpg

◆通信販売

 贈り物、ご自宅用に好評です。アルコールが苦手な方も楽しめる

 ノンアルコールワイン・岩泉町産「山ぶどう原液」もございます。


 「山ぶどうワイン宇霊羅セット」(甘口・辛口各1本)

 「山ぶどうワイン宇霊羅甘口&原液セット」

 「山ぶどう原液2本セット」

 いずれも 4,800円(税込)/1セット 送料別となっています。

b0206037_08510691.jpg
こちらは山ぶどう原液。夏の暑さに心地よい酸味と甘み、濃厚な山ぶどうの味わいをギュギュっと。

原液のままで、水で割って蜂蜜を足して、焼酎割りで・・・お好みの味わい方で、家族みんなでお楽しみください。


◆通信販売のご注文・お問い合わせは

 フリーダイヤル 0120-123-088 までどうぞ。

 山ぶどう原液は「いわいずみネットショップ」からもお求めいただけます。


[PR]
by kyounoinaka | 2016-07-22 08:54 | ◎もの 山ぶどう&龍泉洞貯蔵ワイン宇霊羅

b0206037_18232493.jpg
昨日、静かな冬の龍泉洞が突如、にぎやかな空気に包まれました!
岩泉町産山ぶどうを、葛巻ワインさんに醸造していただいた山ぶどうワイン「宇霊羅」を、
岩泉町の自慢のワインセラー「龍泉洞」で熟成させるために
弊社スタッフの人海戦術で搬入する春の一大行事です。
b0206037_18242141.jpg
昨シーズンは従来からの「甘口」に加え「辛口」の2種類をそろえたところ、
「辛口」好評の為、今シーズンは「辛口」の割合を増やして醸造となりましたので、
待望のお客様・・・お楽しみにお待ちください!!
b0206037_18564042.jpg
今回、龍泉洞貯蔵した山ぶどうワイン「宇霊羅2015」は、
今年夏までしばし熟成させ、皆様のお目にかかるのを静かに待っています!

[PR]
by kyounoinaka | 2016-03-19 07:58 | 山ぶどう&宇霊羅ワイン

b0206037_17501254.jpg
2014年産 岩泉の山ぶどうで仕込まれ、龍泉洞で静かに熟成の時を過ごした「山ぶどうワイン宇霊羅」・・・
今年も、貯蔵庫から運び出され、まもなく8月1日に販売解禁します。
その解禁日を前に、いち早く楽しんで頂く「山ぶどうワイン宇霊羅を楽しむ会」を今年も開催しました。
上の写真で2種類のワインがあるのにお気づきでしょうか?
今年は例年の「やや甘口」に加えて、「辛口」も登場しました!!
b0206037_17493682.jpg
なんと、ありがたいことに100人超の参加申し込みを頂きました。おかげさまで、今年も会場は大盛況です。
b0206037_17491669.jpg
おなじみ・ワインソムリエ松田宰さんによる「山ぶどうワイン宇霊羅」の解説もみどころ。今年は「辛口」が登場し、その飲み比べが注目されるところです。「甘口はしっかりした酸味に果実味があり、山ぶどう本来のうまみを楽しめる」。「辛口は料理に合わせやすく、特に短角牛との相性が良い」との講評を頂きました!
b0206037_17482345.jpg
岩泉の大地・気候・人に育まれた山ぶどう。風土に育まれた産物は、毎年の絶妙な味わいの違いを楽しませてくれます。今年も、解禁はまもなく、お楽しみに!

ご予約は(株)岩泉産業開発・通販課 TEL 0194-22-4434 まで!

[PR]
by kyounoinaka | 2015-07-21 18:08 | 山ぶどう&龍泉洞貯蔵ワイン宇霊羅

b0206037_07435771.jpg
今日も龍泉洞では山ぶどうワイン「宇霊羅」が静かに眠っています。
このワイン貯蔵庫のある場所は観光洞の部分からつながっています。
今までは一般公開はしていませんでしたが、このたび、貯蔵庫をリニューアル、
公開することになりました。
龍泉洞観光の際には、ぜひのぞいてみてください!
b0206037_07442169.jpg

岩泉町は豊かな水を生み出してくれる森林の管理も、森林認証を取得し最先端。
貯蔵庫は岩泉町産の森林認証材で作られています。


[PR]
by kyounoinaka | 2015-04-24 07:55 | 山ぶどう&龍泉洞貯蔵ワイン宇霊羅

b0206037_11220499.jpg
水はまだ冷たいけど、サンショウウオも目を覚ます季節となりました。

b0206037_11220381.jpg

ここは龍泉洞から枝分かれした洞窟。

b0206037_11220336.jpg
ここに、龍泉洞貯蔵 山ぶどうワイン宇霊羅の熟成庫があります。
b0206037_11220419.jpg
昨秋とれた山ぶどうで仕込まれた「山ぶどうワイン宇霊羅」
今年も昨日、熟成庫に入りました。
これから8月の販売開始まで、ゆっくりと、一定温度に保たれた龍泉洞でおいしくなります。
まだ、飲んべえの皆さんの喉を潤すのは少し先の話ですが、
どうぞお楽しみに!


[PR]
by kyounoinaka | 2015-03-25 11:26 | 山ぶどう&龍泉洞貯蔵ワイン宇霊羅

岩泉町は龍泉洞、安家洞に代表されるような東北随一の石灰岩地質が発達した町。
この急峻な山の中で今も、石灰岩が何万年単位(それ以上?)の気の遠くなるような営みを続けています。
b0206037_1924645.jpg
そんなミネラル豊富な岩泉の大地は、龍泉洞から清らかなミネラルウォーター「龍泉洞の水」を私たちに授けてくれました。
それだけでなく、ミネラル豊富な土地は山ぶどう栽培に適しているといわれています。
岩泉の土地はやせ気味で、急斜面も多い。しかし、それが逆に山ぶどうには適しているのです。
その山ブドウで仕込まれたワインを、龍泉洞に貯蔵した数量限定の「宇霊羅」は毎年、好評いただいています。

そして今回、なんと数量限定で「宇霊羅スパークリング」を発売しました!
宇霊羅スパークリングは、山ぶどう果汁を基本に、ナイアガラぶどう果汁も加えて、
飲み心地よく、色も鮮やかなスパークリングワインに仕上がりました。
b0206037_18452384.jpg
「道の駅いわいわずみ」「道の駅三田貝分校」で発売しているほか、
通信販売(1本2,800円:送料込)でも承ります!
TEL 0194-22-4434


<ブログランキング 応援してください!>
下のどちらかのボタンをクリックお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
人気ブログランキングへ
[PR]
by kyounoinaka | 2014-05-15 09:43 | 山ぶどう&龍泉洞貯蔵ワイン宇霊羅

「初めまして、O石です。さ、昨日龍泉ど洞ワワイン宇霊羅を龍泉洞内に運びました。」
b0206037_19204659.jpg

初めてのブログで緊張しているようですので、以下編集長が代筆いたします。
b0206037_19243336.jpg

昨年秋に収穫した山ぶどうを使って仕込んだ「宇霊羅」。今年も春が来る前に、一年中10度前後で安定している龍泉洞内の貯蔵庫に搬入しました。
b0206037_1925955.jpg

いつも真面目なO石さん、足も速いが手も早く、手際よくセラーにワインを並べていきます。白い紙が巻いてあるのは、ラベルを痛めないようにするためです。
b0206037_19275116.jpg

岩泉産山ぶどうを原料に、岩泉町のシンボル龍泉洞で眠る「山ぶどうワイン宇霊羅」。今年も夏に解禁となりますので、お楽しみに。
b0206037_19312590.jpg

[PR]
by kyounoinaka | 2014-03-08 00:00 | 山ぶどう&龍泉洞貯蔵ワイン宇霊羅

明日8月1日の解禁に向け、龍泉洞内にある貯蔵庫へ『宇霊羅』の搬出に出かけました。洞窟を進むこと約250m、特注のワインセラーがあります。洞内は一年を通して温度が10数度と安定しています。
b0206037_1840319.jpg

外は真夏の太陽ですが、半袖では肌寒く、一般の観光コースとは異なるため、ヘッドランプを付けて搬出作業を行います。
b0206037_18425597.jpg

おぉ!なんとも美しいではありませんか。

大きな看板が掲げられたセラーには、鍵がかけられています。ここは2009年に初めて作られたワインセラーです。
b0206037_18442265.jpg

鍵を開けて中を見ると、2009年醸造のワインが静かに眠っていました。明日発売する2011年産が3年目にあたりますが、全てを売り切らず、数十本は残していたのです。これは特別な日のワインとして、今しばらく眠り続けます。
b0206037_18481759.jpg

さて、ここからが「龍泉洞貯蔵」の大変なところ。静かに箱に詰め、台車に載せて出口まで運ばなくてはなりません。天井に頭をぶつけたり、段差で箱が傾いたりしないように、2人がかりで静かに運び出すのです。
b0206037_18504937.jpg

発売を前に、予約だけで1,000本に迫る勢いです。今年も完売間違いなしですので、自家用に、あるいは大切な方へのプレゼントに、お早めにお買い求めください。

なお、先日発刊されたワイン専門雑誌「wi-not?(ワイノット?)」発刊号の中でも紹介されていますので、書店で見かけたらぜひお立ち読み(?)下さいませ。
[PR]
by kyounoinaka | 2012-07-31 00:00 | 山ぶどう&龍泉洞貯蔵ワイン宇霊羅

龍泉洞貯蔵の山葡萄ワイン『宇霊羅』の予約受付が始まりました。
昨年は発売間もなく売り切れとなりましたが、今年も限定500本の販売です。
b0206037_17371474.jpg

山葡萄ワイン『宇霊羅』
1本2,500円
8月1日(月)発売 (7月11日より予約受付開始)

ご注文はお早めに。 ㈱岩泉産業開発 電話0194-22-4434

発売を前に、ワインセラーの様子を見に龍泉洞に行ってきました。
b0206037_17502355.jpg

洞内は、冷気が漂っています。
b0206037_17542040.jpg

扉を開けるときれいに並んでいました。地震の影響が心配でしたが、龍泉洞を含む岩泉一帯は岩盤が固く、一安心です。

(写真)去年9月の山ぶどう畑、立派なワインになりました。
b0206037_19183311.jpg

[PR]
by kyounoinaka | 2011-07-12 19:25 | 山ぶどう&龍泉洞貯蔵ワイン宇霊羅