b0206037_08403234.jpg
清水川(しずがわ、すずがわ)の流れに癒される絶好のお散歩ルート。
岩泉町うれいら通りから龍泉洞までおよそ30分の道のりで、さらにその先30分ほど神成里道を歩くとちょっとした山歩きをしてポニーに会うこともできます。

先日もこのお散歩ルートを紹介しましたが、起点となるうれいら通り商店街~沢廻あたりの風景をほとんど紹介していませんでしたので、今日紹介します。

うれいら通りからは、ミュージックショップマルコンさん向かいの道に入り、国道を渡って、ちゃっこいそば屋「創」さんの横の細い道を北に向かってゆきます。「練乳通り」という看板があり、ここから龍泉洞方面へお散歩を楽しむことができます。とくに意味を知らずにはじめてこの看板を目的すると「えっ練乳!?」と唐突で面白くて笑ってしまうかもしれません。

が、ここは畜産、酪農が盛んな岩泉を象徴するような歴史が名を刻んだ通り。岩泉町は酪農も盛んな町ですが、とくに岩手では初めてホルスタインを導入したことでも知られ、かつては明治乳業岩泉工場が立地し酪農で発展してきた歴史があります。
この看板の説明によると「加工品として練乳を作っていたことから、原料や製品を運ぶ道にまでその名前が付き愛称として呼ばれていました」とのこと。岩泉の年配の方に話を聞くと、そのころの盛り上がりの様子や、宇霊羅山のふもとは放牧地だったことなど、面白い歴史を数多く聞くことができます。
b0206037_21211373.jpg
清水川の堰の音を聞きながら徐々に上流へと向かっていきます。川と民家がとっても近いです。
b0206037_08413944.jpg
道中には、大正4年設立と、現在・岩手県内でも4番目に古いという東北電力の岩泉第2水力発電所があります。
千葉大学とNPO環境エネルギー政策研究所との調査によると、2015年度の岩泉町の再生可能エネルギー自給率は78.1%と岩手県4位。岩泉町はおそらくダントツで水力発電の占める量が多いと思われます。しかも、大きなダムは1つもありません。これも水の豊富さを示しています。古くから水の恵みを様々な面で活かしてきた岩泉町。
そういった意味でも、ちょっとした岩泉の注目ポイントでした。

ところで今後風力発電の立地も見込まれる模様なので、さらに岩泉町の再生可能エネルギー自給率は増えるのでしょうか?
b0206037_08413634.jpg
B&Gプールの裏手では桜が終盤を迎えていました。
広場で遊んでいた子供たちが飛び出してきて元気に挨拶してくれました!
b0206037_09220267.jpg
別アングルから庭先の花々と一緒に。
庭先の花々も北国の春の大事な盛り上げ役ですね~。
b0206037_08411933.jpg
夕日に照らされる宇霊羅山を眺めながら。
夕方の裏通りは人通りも多少あり挨拶をしながら、庭先の花々を眺めながら、歩いていきます。
夕陽に照らされる岩泉純朴家具さんの建物も味わいがありますね~
こんなちょっとした民家や工場の風景も曲がりくねった道に味わいを加えていて楽しいです。
b0206037_08405571.jpg
木の電柱と芽吹き始めたケヤキの木々。
芽吹きの季節を迎え、今後数週間はどんどんこの通りも風景も変わっていきそうです。

今回のお散歩ルート&写真スポットを紹介した「マップ」はこちら(岩泉町うれいら通り~龍泉洞)

清水川の春さんぽ(2)、龍泉洞へてくてく
清水川の春さんぽ(3)、龍泉洞からポニーへ会いに

岩泉町うれいら通り~【片道30分】~龍泉洞~【片道30分】~ポニー放牧地(神成)

[PR]
by kyounoinaka | 2016-04-24 09:20 | ●地域情報 岩泉・近隣をハイキング

清水川を遡る遊歩道はさらに続きます。
数年前に有志によって作られたこの手作り遊歩道「神成里道(かんなりりどう)」、
山歩き感を味わいながら手軽にお散歩が出来そうなので
新緑のシーズンが楽しみです。

龍泉洞入り口前から清水川沿いの砂利道の遊歩道を、上流に向かってゆくと、いったん町営無料駐車場に出ますので
そのまま突っ切って、龍泉洞青少年旅行村に入ります。
b0206037_20401000.jpg
すると管理棟がありますのでその手前の道(写真↑方向)に入ります。
b0206037_20294342.jpg
いよいよ神成里道のはじまりです。
遊歩道には木のチップが敷き詰められており心地よい歩き心地です。
清水川は龍泉洞を過ぎると流量も次第に少なくなります。
眼下にはそんな静かな清流を眺めることが出来ます。
b0206037_20294396.jpg
遊歩道の真ん中に樹木があるのも愛嬌が感じられますね。
b0206037_20294381.jpg
あちらこちらに樹木の名前が取り付けられています。
こういう場所は日本各地の遊歩道などにあるのですが、
一度取り付けられたあと整備されていない場所も多いのですが
この神成歩道は、整備されたばかりで、途中にある看板に「神成里道の樹木」という一覧表もあります。
程よい距離ということもあり、よ~く看板を見ながら樹木を見ることで、図鑑を持たなくても木の勉強ができそうです。
b0206037_20294369.jpg
途中、清水川がΩカーブ状になっている場所を高台から見下ろすことができる場所に、
木のベンチと鐘があるので、何となく鐘を鳴らしてみました。
b0206037_20294304.jpg
遊歩道終点は神成という集落です。
ポニーの「みそら」が出迎えてくれますよ。
宇霊羅山のふもとはかつて放牧地、採草地として利用されていたそうですが、
そんな風景を現代に伝える貴重な風景かもしれませんよ。

※ただしポニーはいつも放牧されているのかどうか分かりません。
b0206037_20294345.jpg
ポニーに挨拶しながら、夕暮れの安家石灰岩台地の山並みに見とれちゃいました。
ここらで龍泉洞に折り返しましょうか。

今回のお散歩ルート&写真スポットを紹介した「マップ」はこちら
(龍泉洞~神成里道~ポニー放牧地)

清水川の春さんぽ(1)、庭先の花を楽しみながら練乳通りをてくてく
清水川の春さんぽ(2)、龍泉洞へてくてく

岩泉町うれいら通り~【片道30分】~龍泉洞~【片道30分】~ポニー放牧地(神成)

[PR]
by kyounoinaka | 2016-04-10 08:39 | ●地域情報 岩泉・近隣をハイキング

b0206037_13523087.jpg
岩泉町中心部のなかでも清水川かいわいは風情があって
散歩していて飽きません。
自然に加えてそこに石垣、民家、畑、養魚場、木工場など岩泉の暮らしや伝統が
感じられる要素がたくさんあるからなんでしょうね。

これからの時期、バスで龍泉洞を訪れるお客様も多いと思いますが、
天気の良い日は岩泉町中心部~龍泉洞を片道でも歩いてみるのもおすすめですよ。(片道約30分)
b0206037_13533052.jpg
沢廻あたりはとくに石垣が多いエリアで、ちょっとした細い坂道も絵になります。
大きな木もあったりして新緑が楽しみです。
b0206037_13524045.jpg
道路わきには小さな水路が流れていたり、
b0206037_07565294.jpg
清水川の魚を観察したり、
b0206037_13530396.jpg
川沿いの芽吹いたばかりの柳もまたよろし。
b0206037_22255576.jpg
町中から20分ほど龍泉洞方面に歩いてゆくと石灰岩地帯に入り、
急峻な山肌が両側に見えてきます。
短い時間の間に急激に町場から里へ、渓流へと景色が変わります。
b0206037_22281808.jpg
龍泉洞温泉ホテルの駐車場(右手)に入ってゆくと
清水川遊歩道の案内がありますので森に入っていきます。
b0206037_22210752.jpg
山あいに入ると急に日が陰りますが美しい渓流です。
渓流釣りを楽しむ人の姿もみられます。
b0206037_22220096.jpg
龍泉洞が近づくにつれて谷が狭くなり渓流の勢いが増してきます。
広葉樹の森に包まれて、さらに渓流ですから夏は涼しくて最高です!
b0206037_22314748.jpg
龍泉洞に到着。
b0206037_22321575.jpg
まだちょっと涼しいけど、甘い物の誘惑・・・PONTEで初恋ソフトでも食べますか。
そんな楽しみもあってお散歩ルートに絶好です。

明日は、龍泉洞からさらに北へと続く「神成里道」をご紹介します。(追記:掲載しました)


今回のお散歩ルート&写真スポットを紹介した「マップ」はこちら
(岩泉町うれいら通り~龍泉洞)

清水川の春さんぽ(1)、庭先の花を楽しみながら練乳通りをてくてく
清水川の春さんぽ(3)、龍泉洞からポニーへ会いに

岩泉町うれいら通り~【片道30分】~龍泉洞~【片道30分】~ポニー放牧地(神成)

[PR]
by kyounoinaka | 2016-04-09 08:09 | ●地域情報 岩泉・近隣をハイキング

b0206037_08520043.jpg
お隣宮古市の重茂半島・姉吉漁港にやってきました。
重茂半島の海藻やウニなどの海産物は高品質なだけでなく、
それを守り育てるために、地域で合成洗剤を「売らない、買わない、使わない」
ことを決めているエコロジーな地域です。

東日本大震災の際、重茂半島は険しい地域なので、高台に位置し大丈夫だった建物も多いのですが、
地形により津波が高くなり集落の一部や、大事な漁業施設は大きな被害を受けてしまいました。
現在は漁業施設が復旧し、周辺の土木工事などが進められています。
b0206037_09084945.jpg
今日やってきた姉吉地区は津波が40mに達した地区ですが、
「ここより下に家を建ててはいけない」の石碑があり、家々は守られたことから、
この石碑は震災後、有名になりました。
b0206037_09054053.jpg
ここは姉吉漁港に復旧した姉吉キャンプ場(日帰り利用のみ)。
駐車場完備。トイレがめっちゃきれいです。
b0206037_09191945.jpg
いよいよ本州最東端へのハイキングに出発です。
片道およそ4km。港からは歩きやすい遊歩道が整備されています。
登り始めだけ、荒々しい雰囲気の岩肌からの落石に気を付けましょう。
この荒々しい岩肌も、おそらく津波の痕跡です。
b0206037_09211576.jpg
津波浸水地点を越え、遊歩道はぐんぐん高台へ登ってゆきます。
このあとはトドヶ埼手前までは高台を歩くので安心です。
b0206037_09224025.jpg
しばらく登ると、右手に太平洋を望みながら広葉樹やアカマツの林のなかを歩くようになります。
ここからは気持ちいいハイキングです。
b0206037_09275947.jpg
このあたり一帯は魚つき保安林に指定されています。
この森も海に栄養を供給し、土砂流入を防ぐ、大事な役割をしているようです。
b0206037_09251415.jpg
なんといっても海沿いを歩く楽しみは太平洋の眺望。
b0206037_09252276.jpg
眼下では日が差し込むとエメラルドグリーンの海が輝き、
アカマツの枝葉と絶好のコントラスト。
冬枯れでも鮮やかな三陸海岸です。
b0206037_09262042.jpg
案内板もしっかりしており安心。迷いそうな場所もありません。
沢には大きな岩がゴロゴロしています。
b0206037_09294759.jpg
立派なアカマツの木がありました。
b0206037_09300851.jpg
途中アカサキ沢の近くには、カタクリがたくさん。
咲いたばかりのカタクリもちらほらありましたよ。
b0206037_11531917.jpg
地名のごとく本当にトドが寝そべっていそうな岩場が見えてくるといよいよ・・・
b0206037_09315894.jpg
b0206037_21015592.jpg
到着!(トドヶ埼は正しくは上の漢字です。難しい字なので認識しないパソコンもあるようです)
b0206037_09322592.jpg
ここはすごい。荒涼とした岩場の光景(意外と岩場が高い)
そして眼下に砕け散る荒波、強風、
歩いてきたから余計に最果て感がすごい。
最東端、予想以上に感激の光景です。
灯台下には本州最東端の東屋とトイレ(冬季閉鎖)があり、Docomoの携帯がつながります。
b0206037_09340276.jpg
実はこの裏手には長磯という天然の入り江があり、船着き場?のような岸壁もあります。
ここもまた美しい。入り江ですが荒々しくて人を寄せ付けないような雰囲気もあります。
看板にこの場所にある「幻の滝」が案内されていますが、
いまの時期は枯れているようで見当たりません。
実はこの遊歩道、重茂半島の中心地へ6kmほどの道のりで通じています。
健脚向きと思われますが、こちらも美しい景色が見れそうなので、
いつかチャレンジしてみたいと思います。
b0206037_11500769.jpg
車で来たので今回は来た道を引き返します。
カモシカさんに会いつつものんびり歩き、駐車場に戻ってきました。
本州最東端トドヶ埼、アップダウンも危険個所もほとんど無い割には
ドキドキ感激が味わえるハイキングロードでした!

姉吉からは県道重茂半島線で宮古方面、山田方面どちらにも抜けられますが、
どちらも細い山道なのでお気を付けて。

【所要時間&注意点】
姉吉漁港~トドヶ埼 <片道>約1時間5分
※休憩時間は含みません。

※ハイキング用の装備を準備して行くことをおすすめします。地図、ハイキング用の靴、雨合羽、防寒着、飲水、非常食(菓子など)、懐中電灯、携帯電話、クマよけの鈴など。
ネット上でも地図は確認できます。地理院地図

[PR]
by kyounoinaka | 2016-04-04 07:57 | ●地域情報 岩泉・近隣をハイキング

b0206037_17135264.jpg
快晴の朝、そうだ、宇霊羅山に登ってみようと思い立ちました。
そろそろ、雪も解けたはず。
木々の葉っぱが茂る前なら、山頂からの眺めも、普段にも増して絶景なんじゃないだろうか。
b0206037_17223347.jpg
林道を登山口へあがってゆくと、「和山四本松公園」という場所があらわれ
名前の通り立派な四本松がたたずんでいます。
b0206037_17250126.jpg
登山口に到着。岩肌が迫力あります。
b0206037_08194911.jpg
アカマツの森のなか、木漏れ日を浴びながらのんびり行きましょう。
ところどころ、1月の大雪の影響か折れた枝が折り重なっていたりするので、避けながら登ってゆきます。
b0206037_08211716.jpg
途中、わかりにくい分岐点もありますが
小さい看板や、ピンク色のテープが目印なので、お見逃しなく。
b0206037_08222697.jpg
登山道はだんだんと明るい広葉樹林の中に入ってゆき・・・
b0206037_08241794.jpg
ついに現れました!岩場や滑りやすい落ち葉の急坂を、ロープ伝いに登ってゆきます。
ロープもありますし、足場もあるので、安心ですが、
まだ木々の葉っぱがなく、眺めが良いぶん高度感もあり、
ちょっぴりスリルを味わえます。ハイキング用の靴必須です。
頭上にそびえる岩峰の迫力がスゴい。
b0206037_08341825.jpg
この場所を登りきると、だんだんと遠くに太平洋が見えてきました。
登山道は急にふかふかのドングリの落ち葉の安全地帯に入ります。
岩に描かれたチャーミングな道案内「頂上まで35分」。ここで一息つきますかぁ~。休憩。
ここから、しばらくは落ち葉を踏みしめながら、のんびりと上がってゆきます。
b0206037_08405531.jpg
おっ、立派な石灰岩の巨岩が見えて展望がひらけてきましたよ。
町内から見上げているあの絶壁の上に、上がれてなんだか感激。
足場はしっかりしてますのでご安心を。ただ、強風が吹くとちょっと怖いです。
b0206037_08410911.jpg
ここは石灰岩の巨岩と、岩泉町内中心部~西側にかけての展望が最高です。
とりあえず 白い絶壁展望地 ということにしておきます。
ここから先は尾根の上を歩いていきます。
ちょうどまだ芽吹きの前の時期だったので、木々の隙間から岩泉のあっちやこっちがよく見えます。
岩泉町が深~い森に包まれていることがほんとによくわかります!!
b0206037_08522121.jpg
ここからは細い尾根の上を歩きます。
数分ほど進むと、こんどは岩泉町中心部~東側、さらには太平洋がよく見える展望地がありました。
ここはとりあえず 太平洋展望地 ということにしておこう。
b0206037_08533739.jpg
細い尾根の上には松の木があちこちに。
両脇は急傾斜ですが、木がたくさん生えているので安心して歩けます。
b0206037_08541557.jpg
標高600mなんですが、なんだか奥秩父など高い山の稜線を歩いているような爽快感のある景色です。
向こうにはまだ雪を抱いた北上山地の雄大で奥深い山並みが広がっています!
新緑の時期にまた来たいな~!!
b0206037_08581330.jpg
b0206037_09004245.jpg
山頂到着です。登頂記念に鐘を鳴らしてみました。
山頂では、ほぼワシ、タカと同じ視線!こりゃ~快晴の日に来れてよかった。
遠くに見えるあの雪山はどこの山やら・・・と眺めながら、
20分ほどおやつを食べながら日向ぼっこを楽しみました。
この山のおやつは、やっぱり岩泉名物のかりんとうかな。
b0206037_09091606.jpg
b0206037_09085693.jpg
下りも、自然の芸術品を鑑賞しながら、のんびりと。
2枚目はヤママユの繭(まゆ)です。高級なシルク。
b0206037_09124731.jpg
岩場です。下りも、気を抜かずに行きましょう。
登りでだいたい感触がわかったのと、先が見えるので、登りほどのスリルでもありません。

◎所要時間&注意点
【登り】
【林道入り口(岩泉純木家具前)】~20分~【登山口】~20分~【岩場下】~6分~【岩場上】~12分~【白い絶壁展望地】~2分~【太平洋展望地】~12分~【山頂】
総所要時間:約1時間15分(休憩時間のぞく)

【下り】
【山頂】~10分~【太平洋展望地】~2分~【白い絶壁展望地】~10分~【岩場上】~6分~【岩場下】~15分~【登山口】~20分~【林道入り口(岩泉純木家具前)】
総所要時間:約1時間5分(休憩時間のぞく)

※人によって所要時間はかわります。
※地図、ハイキング用の靴、雨合羽、防寒具、飲み水、非常食(菓子など)、懐中電灯、携帯電話、クマよけの鈴など登山のための装備を準備して、十分注意して登山をお楽しみください。

◎地図ガイドは新・分県登山ガイド「岩手県の山」(山と渓谷社)がおすすめです。
b0206037_08351110.jpg
◎ネット上では、「ヤマレコ」のホームページから、
一般の登山体験者が作成した地図を確認できます。
こちらは登山コースをはずれて登っている人もいますのでご注意ください。

なお、登山口から
日本三大鍾乳洞・龍泉洞まで徒歩およそ25分です。
岩泉のお土産はぜひ「道の駅いわいずみ」「道の駅三田貝分校」をご利用ください。

[PR]
by kyounoinaka | 2016-03-29 09:38 | ●地域情報 岩泉・近隣をハイキング

b0206037_21174613.jpg
ハイキング日和になってきたので、
岩泉小本駅 ~ モシ竜発見の地・茂師(もし)海岸まで
みちのく潮風トレイルを歩いてみることにしました。
駅には売店あり。駅前には「ラーメンショップとよし」、
徒歩1分ほどで「山口屋(スーパー)」「ローソン岩泉町小本店」などあります。
b0206037_21175690.jpg
小本川水門
国道45号線に出ると、東日本大震災の時に、津波の被害を軽減した小本川の水門が見えてきます。
生活の場や漁業施設の復旧はかなり進み、現在は防潮堤などの防災関係の工事が行われています。
浜の産直も今年秋にオープンするとの事でますます賑わいを増す小本地区。
旧小本支所入口のバス停より、小本の集落に入っていくと、
再建した家、取り壊して更地になった場所、など一見きれいになっているのですが
津波の被害があったことが感じられます。
この集落の中には「三陸遍路みち」の北側の出発点にもなっている「宗得寺」もありますので、
立ち寄ってみましょう。
その横には、八幡宮もあります。
b0206037_21182895.jpg
八幡宮
八幡宮の入り口を上がってゆくと、みちのく潮風トレイルは右手の遊歩道(山道)に入ります。
b0206037_17320294.jpg
みちのく潮風トレイルは既存の道路、林道、遊歩道のほか
新たに開設した遊歩道などをつないでいます。
案内板の設置などは最低限となっていますが、
ピンクのテープと、写真のような小さな柱が目印なので見落とさないようにしましょう。
b0206037_21191882.jpg
山道にはあちこちにカタクリなど山野草が芽吹いています。
ヤマブキの新芽もたくさんあったので、
本格的な春になると新緑と花々が楽しめそうです。
10分ほど歩くと→砂利道→さらには舗装路に出ます。
b0206037_21203014.jpg
熊の鼻
三陸の景勝地・熊の鼻に到着!岩泉小本駅から45分ほどの道のりです。
(ここには春~秋のみ使用可能なトイレもあります。)
b0206037_21210294.jpg
あいにくのお天気ですが、水平線のあたりは晴れているようで、
青色のコントラストが芸術的です。
ここらあたりは北山崎ほどではありませんが、
標高約80mもあり見ごたえのある断崖絶壁の絶景です。
b0206037_09090799.jpg
ふと古い看板があったので、振り返ると国道の看板でした。
このあたりの道路はかつて国道45号線だった旧道。
こんな険しい山道を行き来していたのかと思うと
三陸の地形の険しさがよくわかります。
(大正生まれの人によると、国道ができる前は
宮古~小本~田野畑間は船が運行されていたんだそうですよ。)
b0206037_21213063.jpg
b0206037_09270292.jpg
モシ竜発見の地
そこから5分ほど歩くと、昭和53年に、
日本で初めて大型恐竜の化石が発見された場所「モシ竜発見の地」に到達です!
日本の生物史を揺るがした大発見の舞台が、実は岩泉町に。
この場所は宮古層と呼ばれる、海の生物化石が発掘される地層でした。
その場所から奇跡的に、恐竜が発掘されたんだそうです。
b0206037_21214529.jpg
少し下ると沢がありなにやら水飲み場のような雰囲気!
ちょうど近くを通りかかったおばあちゃんに尋ねると、
「いまはみんな水道水を使っているけど、昔はみんなこの水を飲んでたのよ~
大震災のときもこの水だったし、
台風が来ると電気や水道が止まる事があるから
そうするとやっぱりこの水なのよ~」
とのこと、役割こそ変われど今でも大事な水源のようです!
ほどよく汗ばんだ体を潤す、茂師海岸の名水。
岩泉町名水マップ  非加熱・無殺菌の天然水です。
b0206037_17070615.jpg
さてその名水を過ぎたら、国道へ向かう道と茂師の集落へ向かう道が分岐しますが、
ちょいと集落へと分け入ってみましょうか。
海沿いなためか温暖な地域の植生のようにみえます。
b0206037_21223285.jpg
この地区は高台のため、住宅の津波被害は免れました。
山深いイメージがある岩泉町ですが、
海を眼下に望む、狭く入り組んだ路地に、浜の風情を感じます!
集落を通り抜け路地を下ってゆくと、国道45号線に再び突き当たります。
b0206037_09075666.jpg
茂師海岸展望台より
国道には駐車場もある展望台があり、道行く人々が車を止めてよく海を眺めています。
ここは初日の出スポットでもあります!
ここからは眼下に「波鼓ヶ舞」と呼ばれる波で削られた地形や、
化石の島とも呼ばれる「松島」(左の小島)など
茂師海岸を一望することが出来ます。
b0206037_17121059.jpg
豊川神社
ぜひともすぐ近くにある豊川神社もお参りしてみましょう。
ここの神社、石段がとても味があります・・・。
神社は不思議なことに津波の被害を受けないような高台にあります。
b0206037_21273383.jpg
神社を過ぎたら国道から茂師漁港に下りてゆく急な階段があります。
ここはちょっぴりスリリングですが、海に遊びに行く子供のような気分で、テンションあがります!!
b0206037_21281338.jpg
茂師漁港
あっという間に今日の目的地・茂師漁港に到着。晴れてきました。
b0206037_09174317.jpg
なんだか写真を撮りたい場所だらけで、
漁港周辺を散策しているうちに遅くなってしまいました。
茂師海岸展望台には「茂師」バス停がありますし、
小本駅まではバスで帰ることにしました。
小本駅~宮古駅間は 岩手県北バスが運行 しています。
本数は限られていますが、三陸鉄道&みちのく潮風トレイルを
うまく組み合わせて面白い旅ができそうなので、
どんなコースが作れるか!?今度リポートしてみたいと思います。

☆所要時間・注意点☆
【小本駅】~20分~【八幡宮】~25分~【熊の鼻(トイレあり)】~5分~【モシ竜発見の地】~1分~【茂師海岸の名水】~5分(茂師集落経由)~【茂師海岸展望台(バス停あり)】~10分(豊川神社経由)~【茂師漁港】

片道の総所要時間:約1時間10分(休憩時間のぞく)

※人によって所要時間は変わります。また、いちおう山道も通りますので
ウォーキング用の靴、雨合羽、飲み物、非常食(菓子など)、懐中電灯、携帯電話、クマよけの鈴など、
ハイキングのための装備を持ち、十分注意してハイキングをお楽しみください。

☆お役立ちリンク☆
◎三陸ジオパーク 岩泉地区観光情報
◎今日歩いたルートはこちら!岩泉小本駅~茂師海岸

◎みちのく潮風トレイルの公式マップはこちら!
b0206037_17094175.jpg
さてさてプチ情報
モシ竜にちなんで名づけられた「もしもしマドレーヌ」
私は ごま味がおすすめ!セサミ&マドレーヌの相性がバツグンです。
製造元である宮古のドーネルさんのお店 & 道の駅いわいずみでも販売中です。

[PR]
by kyounoinaka | 2016-03-28 09:33 | ●地域情報 岩泉・近隣をハイキング