小本の恵み

道の駅いわいずみ店頭で特設テント販売を行っています。
b0206037_14254767.jpg

三陸の海の恵み、焼きいか(250円)
肉厚で弾力があります。
b0206037_14264267.jpg

小本川の恵み、塩アユ・ヤマメ(各300円)
b0206037_14274060.jpg

がんばっています、小本!!
がんばろう岩泉!!

ぜひお立ちより下さい。
[PR]
by kyounoinaka | 2011-04-30 14:41 | ☆お買物 道の駅いわいずみ産直

小本地区お花見会

震災から50日、津波で大きな被害を受けた小本地区の住民がお花見会を開きました。

みんなで元気をだそうと住民自らが企画し、多くのボランティアが加わり、お年寄りから子どもまで、とても賑やかなお花見会となりました。
b0206037_17535967.jpg

満開の桜が咲く龍泉洞温泉ホテルに集まった住民は約120名。
肉は京都の焼き肉屋さんから提供を受けた「いわいずみ短角牛肉」です。
b0206037_1812567.jpg

「俺たちは海で生きてきた。いつまでも下を向いてはいられない。
今年のウニは無理でも、11月のアワビ漁には間に合うように船を用意したい。
京都に活きのいいアワビを送ってやりたい。」

主催した箱石善四郎さんの力強い言葉が印象に残りました。
[PR]
by kyounoinaka | 2011-04-29 18:14 | ○復興に向けて

四十九日

3月11日東日本大震災の発生から49日目にあたる本日、各地で四十九日の法要が営まれています。

岩泉町では今月10日になくなった9名のお別れ会が開かれ、小本地区では瓦礫の撤去作業が進み、仮設住宅の建設も順調に進んでいます。
しかし、未だにライフラインが途絶えたまま、行方不明者の捜索活動が続いている地域もあるそうです。

「頑張って」という激励の言葉は、もう何回も、何十回も耳にしています。

でも、突然の災害でご家族を失った方々が、気持ちの整理をつけるのには、
まだまだ時間が短すぎるかも知れません。


私たちには何ができるのでしょうか。


明日は津波被害を受けた小本地区の有志が、お花見会を開くそうです。
どうか天候に恵まれますように。
[PR]
by kyounoinaka | 2011-04-28 18:11 | ○復興に向けて

カンバンマニア

b0206037_15444160.jpg

シンプルな中にも深い味わい。定期券は売ってません。

b0206037_15475347.jpg

「幻の巖泉開発鐵道株式会社」乙茂駅。歴史の重みあり。

b0206037_15525896.jpg

大看板3部作。大胆かつ繊細。

b0206037_15562616.jpg

岩じぃ・泉ばぁちゃんと写真を撮るならここ。

b0206037_1558357.jpg

ピンクの花が懐かしい。いい仕事してますねぇ。
[PR]
by kyounoinaka | 2011-04-27 23:42 | □取るに足らない話

神様は知ってるか?

今日はうららかな春の一日。

心やさしいスタッフが道の駅の花壇にビオラやパンジーの苗を植えています。
b0206037_19305295.jpg

花植えは楽しみですけど、たくさん植えると足も腰も痛くなります。

自然の切り株を利用したこんなオシャレな花壇もあります。
眺めが良いことでしょう。
b0206037_19352068.jpg

あらあら、店長さん一人でいっぷくですか?みんな頑張っていますよぉ!
b0206037_19362040.jpg



(注)働き者の店長は、午後3時過ぎにようやく昼食です。決してサボっているわけではないのです。
[PR]
by kyounoinaka | 2011-04-26 19:40 | ☆お買物 道の駅いわいずみ売店

初入荷~コゴミ

山菜の季節がやってきました。

シーズンの始まりを告げるのは、多年性シダ植物のコゴミです。
b0206037_1181724.jpg

里山の土手で、一株から10本前後の芽がでるそうです。全部採らず、2~3本残すのが大人の山菜取りのマナーだとか。

クルミ和えやゴマ和え、マヨネーズ和えでも美味しいです。美味しい写真はまた今度。

足下の雑草(?)も春らしい花を咲かせています。
b0206037_11133949.jpg

[PR]
by kyounoinaka | 2011-04-25 11:14 | ●地域情報 家族の食卓・地域食

安家の岩豆腐!

道の駅いわいずみで安家の岩豆腐を見つけました!

安家といえば岩豆腐、知る人ぞ知る逸品です。
b0206037_10571446.jpg


ズシリと重く、大豆の風味漂う岩豆腐は、鰹節をのせてそのまま食べても良いし、味噌汁や煮物にも最適です。

でも一番のお薦めはやっぱりこれ。
b0206037_1104041.jpg

にんにく味噌をぬった豆腐田楽こそ、地域の元気の源なのです。

輸入大豆ではこうはいきませんからね。
[PR]
by kyounoinaka | 2011-04-24 20:38 | ☆お買物 道の駅いわいずみ売店

朝、二升石駅にて

散歩中に梅の花を見つけて立ち寄りました。

紅梅・白梅が並んで咲いています。
b0206037_925950.jpg

JR岩泉線の二升石駅です。
b0206037_954394.jpg

岩盤崩落事故で昨年夏から運休していますが、ディーゼル車の来ない駅のホームは、お花見の席にちょうどいいかも知れません。

桜のつぼみがふくらんでいました。
b0206037_934078.jpg

[PR]
by kyounoinaka | 2011-04-23 08:02 | ●地域情報 ローカル線の旅

パンパカパン!

発表します。

今日のランチはこんなパン。
b0206037_9115931.jpg

餡は甘すぎず、粘りすぎず、さらりとした上品な小豆の風味が漂い、
その上には粘りのあるキビとヒエが包まれているので、
しっかりとした食感が楽しめます。

練った生地に炊いたキビ・ヒエを包んで一次発酵させ、さらに生地を広げて餡を包み、二次発酵させて作ったそうです。
手間と時間をかけて丁寧に作って下さったのですね。

岩泉には、こんなに美味しくて楽しいパンを焼く人がいます。
[PR]
by kyounoinaka | 2011-04-22 12:30 | ●地域情報 家族の食卓・地域食

父の教え

一ケ月ぶりに帰った父が、もろきゅうを食べながら言った。

「キュウリは全国どこでも同じなんだよ。味噌が大事だよ、味噌が。」
b0206037_962999.jpg

味噌は「地味噌」だった。

岩泉で地味噌と言えば、麹を使わない「南部の玉味噌」のことだ。炊いた大豆を玉にして吊し、土着菌の働きで発酵させる力強い味噌だ。
b0206037_9132852.jpg


「やらなかったことを後悔するな。やったことを反省しろ。」

熱燗を飲みながら父は話し続けたが、あとは何も覚えていない。

ただ月が見ていた。
b0206037_916772.jpg

[PR]
by kyounoinaka | 2011-04-21 08:03 | ●地域情報 家族の食卓・地域食