<   2011年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

明日10月1日より、道の駅の営業時間が変更されます。(夕方30分早く閉店となります。)

道の駅いわいずみ・道の駅三田貝分校
 営業時間:午前8時30分~午後5時30分
道の駅いわいずみレストラン大地工房
 営業時間:午前11時00分~ ラストオーダー午後4時00分

日没時間が早くなり、路面状況も悪くなってきますので、気をつけてご来店下さい。

道の駅売店では秋の味覚が盛りだくさん。
b0206037_1318848.jpg

レストランでは冷たい麺類は終了します。店内で温かいお食事をどうぞ。
▼短角牛肉をじっくり煮込んだ岩泉定食
b0206037_1320162.jpg

▼熱々のハンバーグもお薦め。
b0206037_13192828.jpg

特典たっぷりのポイントカードがありますので、ぜひご入会下さい。
b0206037_13215051.jpg

[PR]
by kyounoinaka | 2011-09-30 13:23 | 道の駅共通

松茸は特有の香りと歯ごたえがあり、日本の秋の味覚の代表です。
b0206037_173755.jpg

ここ岩泉町では松茸は意外と身近な存在です。岩泉町を含む北上山地の沿岸部にはアカマツ林が多く、松茸狩りは秋の行事として定着しているからです。

天然物とはいえ、林内に落ち葉や下草が茂るとマツタケ菌が減ってしまうので、松茸名人は森の手入れし、松茸が生える環境を整えているそうです。

だから岩泉産松茸は品質の高さに定評があるんですね。
b0206037_17122214.jpg

松茸以外にも美味しいキノコはたくさんあります。
コウタケ、ナラタケ(ボリ)、アミタケ(アミコ)、天然マイタケ、サクラシメジ、ホウキダケ…
b0206037_17493778.jpg

キノコの美味しい食べ方は…やっぱり現地で食べることでしょう!
▼安家地区の一軒宿・嘉村旅館の特別メニュー
b0206037_18232137.jpg

森の暮らしは喜びがいっぱいです。
[PR]
by kyounoinaka | 2011-09-29 18:29 | 家族の食卓・地域食

第3回目のスクールに出席しました。

【1時限目】
ブランド戦略~あなたの会社をブランド化する4つの技術
講師:㈱惣兵衛 代表取締役 畠山さゆり氏
b0206037_21462622.jpg

花巻の稲作農家に生まれ、無農薬玄米の販売やカフェを経営する美人社長のお話は、方言丸出しで、「岩手っていいなぁ」と納得させられるものでした。二人の子どもを抱えて起業する前は東京の外資系企業に勤めていたそうで、理念を持って取り組むこと、その理念に共感する仲間を増やすことがブランド化につながる、ということを教えてくれました。
そして、「伝える技術がないと、いいものがあっても伝えられない!」という言葉は、ブログ担当者の胸に突き刺さるものでした。

【2時限目】
郷土の食文化と食育~郷土食を伝え、岩手を元気にしよう!
講師:岩手大学教育学部教授 菅原悦子氏
b0206037_2146544.jpg

菅原先生は「岩手食文化研究会」「岩手県食育推進ネットワーク会議」の代表も務めており、教育者として食育の必要性と、豊かな岩手の食文化を引き継ぐことの意義を教えてくれました。
四国4県に相当する広大な面積を持つ岩手県は、地域毎に多様な食文化がありますが、各地で聞き取り調査をする中で、今の60代と70代の間で、郷土食に対する大きな溝があることがわかりました。これは、学校教育で欧米の新しい食生活を推進した時期にあたるそうで、10年後に多くの郷土食が消えてしまう恐れがあるとのことです。

【3時限目】
知的財産戦略~新商品開発に必要な知的財産戦略
講師:岩手県知材総合支援アドバイザー 中嶋孝弘氏
b0206037_21473932.jpg

特許権や商標権、実用新案権など、言葉で聞いたことはあってもよくわからない権利について学びました。
「SQNY(SONYの偽物)」や「HONGDA(HONDAの偽物)」など、笑えるものもありましたが、「権利化された情報は、存在を知らなかったと言うことができない情報」で、知らずに使ったために損害賠償を求められるケースもあるそうです。気をつけなくてはなりません。

各講座の終わりには簡単な試験があります。が、大切なことは試験ではなく、実際の業務に活かすことだと心に刻み、復習を兼ねてまとめてみました。
[PR]
by kyounoinaka | 2011-09-28 22:00 | 地域の話題

b0206037_21285993.jpg

日本で一番美しい大根は、岩泉町安家(あっか)地区の“じでぇーこ”だと思いませんかぁ?

何も入れなくても、こんなにきれいな「紅おろし」。酢を加えると一層鮮やかです。
b0206037_21313877.jpg

辛さの中にも絶妙な甘みがあって、そばや天ぷら、赤身の美味しい短角牛肉の薬味にも最適です。

先祖代々受け継がれてきた安家の地大根(=「土地の大根」という意味)は、実はちょっとやっかいもので、絶滅の危機にあります。でも、安家地大根でなければ、ダメなこともあるんです。
〔参照〕安家地大根

安家の森が赤や黄色に染まる頃、地大根の収穫は最盛期を迎えます。
b0206037_21395230.jpg

今日は安比高原のシェフが安家地大根に会うために、やってきてくれました。
b0206037_21404719.jpg

きっかけは「珍しい紅い大根」でも構いません。でももし安家の澄んだ空気を胸一杯吸って、豊かな森と安家川の恵みで暮らす人たちの人柄に触れたなら、この地大根を守り伝えることの意味がわかってもらえると思うのです。
[PR]
by kyounoinaka | 2011-09-27 21:53 | 安家地大根

岩泉のイベント情報

秋の岩泉は楽しいイベントが盛りだくさん!

【岩手・岩泉 松茸小屋】 9月23日(金)~10月16日(日)
b0206037_22244877.jpg

【山ぶどうサミットIN岩泉】 10月1日(土)~2日(日)
b0206037_22251656.jpg

【安家べこ祭り】 10月2日(日) 安家旧家畜市場広場にて

【釜津田秋まつり】 10月2日(日) 釜津田中学校にて

【岩泉の食と工芸展】 10月3日(月)~8日(土) 銀座「いわて銀河プラザ」にて

【いわて三陸 海と大地の復興フェスタ】 10月8日(土)~9日(日) ふれあいらんど岩泉にて
b0206037_22253784.jpg

【わくわく市場 収穫感謝祭】 10月9日(日) 道の駅いわいずみわくわく市場にて
[PR]
by kyounoinaka | 2011-09-26 22:27 | イベント告知・報告

9月24日・25日はイベントが重なりました。

1.「第26回南部牛追い唄全国大会」 岩泉町民会館にて
「南部牛追い唄」は岩泉町が発祥の民謡で、毎年岩泉町で全国大会が開催されています。
大会の模様は「いわいずみブログ」をご覧下さい。
b0206037_17381780.jpg

当社は「どんぐりだんご」や「いわいずみ短角牛串焼き」で出店し、多くの方にお買い求めいただきました。

石川県から参加した中川一男さんは、岩泉町の印象を民謡にして唄ってくれました。
    ♪ 来ても みやんせ 岩泉の町は~ ♪
      ♪ ハヤシキタサノ サァドッコイショ  ♪
          ♪ いつも笑顔で 迎える町~ ♪
中川さんの笑顔もなかなか素敵です。
b0206037_17433842.jpg


2.「第26回全国選抜ゲートボール大会」 石鳥谷町 石鳥谷ふれあい運動公園にて
b0206037_1745513.jpg

毎年持ち回りで開催される全国大会が、今年は岩手県で開催されました。こちらも第26回大会です。
1,500人の選抜選手に『龍泉洞の水』をお届けすることになり、「いわいずみ短角牛串焼き」や岩泉産松茸、お菓子類も販売させていただきました。
b0206037_17485853.jpg

『龍泉洞の水』は「一口飲めば3年長生きする」と言われており、選手の皆さんもますます元気になりそうですね。
[PR]
by kyounoinaka | 2011-09-26 17:56 | イベント告知・報告

スローフード岩手のメンバーで、「NPO法人体験村・たのはたネットワーク」が主催する
「大津波・あの時あれからの語り部&ガイド」ツアーに参加しました。
b0206037_21495422.jpg

田野畑村は酪農と漁業、そして北山崎に代表される観光の村で、「サッパ船ツアー」や「机浜番屋群の保全」活動で近年全国的な人気を博していましたが、震災により壊滅的な被害を受けました。

今回の「語り部」ツアーは、被災の現実を多くの人に語り伝えるとともに、地域の漁業や番屋エコツーリズムの復活を目指して企画された、新しいツアーです。
2時間のガイドでツアー料金は一人あたり2,500円です。

道の駅たのはたでガイドさんと待ち合わせ、まずは「三陸鉄道島越駅」に向かいます。
b0206037_21585274.jpg

ガイドさんのお話を伺うまで、ここに駅舎があったとは信じられない光景です。右に見える階段はプラットホームに上がるための階段ですが、駅舎も、ホームも、そして線路までもが失われました。津波は目の前の海からだけでなく、線路が続くトンネルの中からも襲ってきたそうです。

「高齢の方は昔(昭和8年の大津波)の風景に戻ったと言います。瓦礫の風景が当たり前に見えつつあり、(津波の現実を)風化させてはならないと感じています。」

続いて羅賀地区に移動し、漁師さんのお話を伺います。震災前の航空写真を持ってきてくれました。明治29年と昭和8年の大津波で家を流され、高台に移転した現在の住宅は倒壊を逃れたそうです。
b0206037_22121324.jpg

今回の津波により、田野畑村では250~260家屋が流失・倒壊し、40名の村民が死亡・行方不明となり、さらに500隻あった漁船の9割を失いました。

3月11日は午前中シュウリ貝の漁を終え、午後自宅で地震に遭いました。幸いご家族とも無事でしたが、2隻の船を失ってしまいました。
「地震で瓦が落ちたり、お皿が割れるようなことはなかったが、すぐに津波が来ると思って山に逃げた。振り向くと大きな波が夫婦岩を越えてくるのが見えた。」
「昨年のチリ地震と、3月8日の地震で大津波警報が出たが、大したことはなかった。だから11日の地震でも本当に津波が来るとは思わなかった人がいたんじゃねぇかな。」
b0206037_22214137.jpg

大宮神社に駆け上がり、それでも心配でさらに上のお墓に避難して夜を明かした人もいたそうです。海辺に立つ「ホテル羅賀荘」は4階まで波をかぶりました。2006年に水産庁の「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」に選ばれた机浜番屋群の25棟の番屋も、全て流失しました。

ツアーの最後は、日本一の海岸美を誇る北山崎です。秋の爽やかな空気のもと、どこまでも美しい風景が続いていました。
b0206037_2228693.jpg

今回のツアーに参加し、何か良い支援のアイデアが浮かぶことはありませんでしたが、ツアーに参加することで、漁業や観光業の復興を少しでも応援できたらいいなと感じました。

「津波の翌日から、海はきれいだった。」との言葉が印象に残りました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

秋晴れの爽やかな日曜日、北山崎を訪れる観光客は本当にわずかです。
b0206037_22464648.jpg

みなさん、秋の観光シーズンはぜひ北山崎と龍泉洞へ。

今日は女優の室井滋さんが、撮影のため北山崎を訪れていました。
10月16日放送BSプレミアム「東北ローカル線の旅」

「サッパ船」ガイドの漁師さんがインタビューを受けていましたので、ぜひご覧下さい。
[PR]
by kyounoinaka | 2011-09-25 22:57 | スローフード岩手

これはとても大切なこと。だから記録に残します。

5.2日間放置したビニール袋を開けると、鼻をつく発酵臭が広がります。
b0206037_2330227.jpg

6.バケツにあけて水を注ぎ、手で大きなワタをすくい取ります。そしてザルにあけると、まだまだヌメリがいっぱいです。
b0206037_23313999.jpg

7.またバケツに入れて水洗いし、これを何度か繰り返します。水に浮く種は発芽しないので、流してしまいます。やがてヌメリがとれてきれいな種が残ります。
b0206037_2333504.jpg

8.あとは天日にあて、乾いたらビニール袋かビンに入れ、フタを閉めて冷暗所で保管します。
春、霜の心配がなくなったら種まきとなります。

夏の暑い日、味噌をつけて食べる「地ウリ」は絶賛すべき故郷の味です。
(味噌は麹を使わない「南部の玉味噌」がお薦め。)
b0206037_23371227.jpg

種採りはなかなか手間のかかる作業ですが、おじぃさん・おばぁさんたちがこうやって地域の味を伝えてきてくれたことを、忘れてはならないし、ほんの少しでも、受け継いでいけたらいいなと思うのです。

岩泉の種の伝承に取り組み、「自家採種」の素晴らしさを教えてくれた酪農青年に感謝を込めて、本日のレポートを終了します。
[PR]
by kyounoinaka | 2011-09-24 00:00 | 南部のむかしきゅうり

地域の味、地域の食文化を伝えるには、その土地で先祖代々栽培されてきた種を絶やさないことが何よりも大切と知りました。そこで今日は在来種のキュウリ「地ウリ」の種採りをすることにします。

1.これが地ウリです。普通のキュウリの3倍ほどの太さで、「ぼてっ」としていますがとてもみずみずしく、昔は水筒代わりに山仕事に持ち歩いたそうです。収穫期を終え、茶色く枯れてから種採りをしますが、ツルからもいでから、数日間放置すると種が熟すそうです。
b0206037_222713100.jpg

2.いよいよ包丁で「えいやっ!」と二つに切ります。枯れ果てていると思ったのに、包丁をあてると水分が飛び出し、部屋中に甘酸っぱい匂いが立ちこめます。(夕方の事務所で切ったので、大ひんしゅくです。)
b0206037_22314136.jpg

3.次にスプーンで中の種の部分をすくいます。ワタごとくりぬいてしまえば良いのです。
b0206037_22333415.jpg

4.これが種です。メロンのワタと同じです。(メロンもキュウリと同じウリ科ですから。)
これをビニール袋に入れて数日発酵させると、種とワタの分離がしやすくなるそうです。
b0206037_22345669.jpg

くりぬいた果実の部分ですが、何だか美味しそうなので、カットしてお皿に並べて見ました。
さてそのお味は…
b0206037_2239646.jpg

「まずいーっ!もう一本!!」

                                      【続きは数日後のお楽しみ】
[PR]
by kyounoinaka | 2011-09-23 00:00 | 南部のむかしきゅうり

台風15号、冠水

台風15号通過。岩手県沿岸北部には昨夜大雨警報が発令されました。
b0206037_10101947.jpg

明け方には雨もあがり、一部では爽やかな青空も見られますが、河川の増水により道の駅いわいずみ裏の駐車場は冠水しました。

▼「ふれあいらんど岩泉」へ渡る橋から、ふるさと体験工房・道の駅いわいずみ方面
b0206037_1016513.jpg

▼「ふれあいらんど岩泉」パークゴルフ場
b0206037_10181528.jpg

▼旧乙茂家畜市場隣の水田
b0206037_10191421.jpg

▼袰野地区の吊り橋
b0206037_10201675.jpg

早坂トンネル付近では土砂崩れがあり、国道455号線は片側通行となっているそうです。また、地盤が緩んでいる場所も多数ありますので、岩泉方面お越しの方は気をつけて下さい。

なお、「道の駅いわいずみ」「道の駅三田貝分校」とも通常営業をしています。休憩・買い物のほか、何かお気づきの点がありましたらお気軽に声をかけて下さい。
[PR]
by kyounoinaka | 2011-09-22 10:34 | 地域の話題