<   2013年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

NHK朝の連続ドラマ「あまちゃん」が大好評で、「北三陸市」(久慈市)には前年の倍の観光客が訪れ、隣接する岩泉町にもたくさんのお客様が来て下さっています。

そこで、岩手の観光に多少なりとも携わる者として、あるいは一ファンとして、「袖が浜」(小袖海岸)の様子を見に行ってきました。土日祝日は一般車両(観光客)の通行制限がありますが、平日はマイカーでOKです。
b0206037_21375049.jpg

4年前にこの海に来た時は、地元の軽トラ以外ほとんどすれ違う車もなかったような気がしますが、今は平日にも関わらず、多くの車が走っています。県外ナンバーやレンタカーも目につきます。

小袖海女センター手前の駐車場に車を停め、露店のおばちゃんとおばぁちゃんに話を聞きました。普段当たり前に見ていた風景が、全国に知られるようになり、さらに多くの人たちが訪ねてきてくれることに、とても驚いていました。ヒロシ(小池徹平さん)が働いていた監視小屋があると教えてくれたので、まずは監視小屋から港を眺めることにしました。
b0206037_21414630.jpg

急坂を登らなくてはなりませんが、北三陸の海を一望することができます。どうやらロケ用ではなく、本物の監視小屋のようです。
b0206037_21471824.jpg

港に降りると、久慈市のキャラクター・あまりんのキッチンカーがあり、観光協会の方(?)数名が「まめぶ汁」「豆腐田楽」「磯ラーメン」などを販売していました。明るく朗らかで、気持ちのいい方々です。

GWの最盛期には、一日で2,700人もの観光客が来たそうです。バスが40人乗りとすると67台分、朝8時から18時まで10時間営業とすると1時間に6.7台、9分おきにバスが着くというものすごい状況ですね。
b0206037_21541715.jpg

せっかくなので灯台まで歩いてきました。堤防に登りたいところですが、「立ち入り禁止」の案内があります。憧れのロケ地でも、漁師さんにとっては大切な仕事場ですから、ルールを守らなくてはなりません。
b0206037_22054.jpg

振り返るとこんな眺め。右の山の上に見える白いのがヒロシ君の監視小屋です。

いよいよ本場の「まめぶ汁」(300円)をいただきます。
うんめぇ!今にも海からアンベちゃん(片桐はいりさん)が出てきそうです。
b0206037_2235588.jpg

ロケ地を見て楽しんだら、地場のお土産を、小女子とだし昆布を買いました。地域にお金を落とすことで、「袖が浜」の海の暮らしや海女の文化を少しでも支えていけたらいいなぁと思います。
b0206037_229691.jpg

さぁて、ますますドラマが楽しみになってきました。
「北三陸市」にお越しの際は、ぜひ岩泉・龍泉洞にもお立ち寄りください。

※小袖地区においても、震災により漁港は甚大な被害を受け、1名の方が命を失われたそうです。
[PR]
by kyounoinaka | 2013-05-31 08:00 | ●地域情報 地域の話題&岩泉・近隣の風景

ごまらないゴマの話

岩手と言えば「南部せんべい」。南部せんべいにはゴマが欠かせない。

ゴマはアフリカ原産の一年生草本で、日本へは中国を経由して伝わり、奈良時代には重要な作物として栽培されていました。ゴマ和えやゴマ塩など、ゴマは日本人に馴染みの深い食材ですが、今日では99%以上を輸入に頼っているそうです。

そんなゴマが、一昨日、ついに芽を出したので、ゴマを見ながら考えました。
b0206037_2225755.jpg

種を播くことは、希望を播くこと。

種を播かなければ、花は咲かず、実りもない。

夢をかなえるために、まずは種を播くこと。

でも、もし夢が見つからなければ?土づくりから始めたらいい?

そして希望の種を播いたら、暑くても、蚊に刺されても、毎日草取り。

この草を抜けば、たくさん花が咲くかも知れない。(咲くとは限らないけどね。)
この草を抜けば、大きな果実が実るかも知れない。(実るとは限らないけどね。)

伊藤シェフも言ってた、「あきらめた時が本当の失敗。だから、あきらめないこと。」と。

希望の扉を開くため、小さな種を播きましょう。

(私の小さな夢は、「ごまでぇ~ろぉ~」に会うことです。)
[PR]
by kyounoinaka | 2013-05-30 08:00 | □取るに足らない話

今回は、短角牛の中でももっとも人気の高い部位のひとつ「サーロイン」、
そして「リブロース」を立て続けに紹介します。

まずは、【サーロイン】。
サーロインという名前は聞いたことのある方も多いと思います。
迫力ある断面を視覚で味わって頂くべく、横からの固まりの写真です。
b0206037_182442100.jpg

部分:牛の背中の、しっぽ寄りにあります。
ブロックの大きさ:約40cm×約25cm×約15cm
ブロックの重量:3~5kg
(あくまでも目安で、個体差があります)

「サーロイン」を使用した商品の一例:
「ロースステーキ」がおすすめです。
b0206037_18273347.jpg

月に1回の定期発送、道の駅いわいずみ売店にて提供しています。

b0206037_18375189.jpg

(レストラン大地工房のメニュー「いわいずみ短角牛ロースステーキ」)


続いて【リブロース】です。サーロインより丸みをおびています。
b0206037_18302012.jpg

部分:牛の背中の中心付近にあたります。
焼肉・すき焼き・しゃぶしゃぶ、ステーキにおすすめです。
ブロックの大きさ:約35cm×約30cm×約20cm
ブロックの重量:5~7kg
(あくまでも目安で、個体差があります)

焼肉・すき焼き・しゃぶしゃぶ、ステーキ等におすすめです。
「リブロース」を使用した商品の一例:
写真は「リブロース焼肉用」です。
b0206037_18293490.jpg

月に1回の定期発送にて提供しています。

これらの部位、特にサーロインは人気部位なので、品薄になる場合がございます。
商品写真はイメージです。カット・スライスする部分によって、見た目が異なる場合があります。
どうぞご了承ください。

きっしー
[PR]
by kyounoinaka | 2013-05-29 09:00 | ◎もの いわいずみ短角牛肉

先日の記事「岩泉町安家、日本最後・短角牛のいる山村の原風景」には多数の反響をいただき誠にありがとうございます。

当日は私自身も「山上げ」したかったのですが、出勤時間になりあわてて帰りました。その後の牛たちが気になると思いますので、数年前の画像ですが、ご紹介します。

岩泉町には、こんなに素晴らしい山村の暮らしが今も受け継がれています。
b0206037_8332241.jpg
b0206037_8343914.jpg
b0206037_8345018.jpg
b0206037_8345943.jpg
b0206037_835832.jpg

今日は今から山を越えて街に行って参ります。
[PR]
by kyounoinaka | 2013-05-28 08:37 | ◎もの いわいずみ短角牛と生きる

岩泉町物産振攻会」に属する岩泉町内の個性的な工芸作家の作品が一同に会するクラフト展が来月八戸市で開催されます。
b0206037_10411866.jpg

「岩手・岩泉クラフト展」(展示即売)
期日:6月7日(金)12:00~18:00
   6月8日(土)10:00~18:00
   6月9日(日)10:00~17:00
会場:青森県八戸市「八戸ポータルミュージアムはっち

「はっち」は大人も子どもも楽しめる素晴らしい施設です。八戸市周辺の方はもちろん、岩泉町の皆様にもぜひ足を伸ばしていただきたい。

(参照)
岩泉町物産振攻会視察研修~第1幕「八戸はお洒落な工芸の町でござんした」
「岩手・岩泉クラフト展」(八戸市)(昨年の様子)

この機会に八戸の有名な朝市巡りもお薦めです。
八戸館鼻岸壁朝市(毎週日曜日、日の出から午前9時まで開催)
陸奥湊駅前朝市(第2土曜日は休み)
 「八戸市「陸奥湊駅前朝市」で朝食を食べる
その他、八戸では市内各地で朝市が開かれています。

岩泉から八戸への道中、「あまちゃん」で脚光を浴びている「南部もぐり」の里・種市海岸を見てきても良いですし…久慈からJR八戸線を使って「小さな旅」も楽しそう。

ここだけの話、「クラフト展」を口実に、「八戸屋台村みろく横丁」の夜を楽しむこともできます。

何はともあれ、早めに予定を組んで、ぜひ「岩手・岩泉クラフト展」に足を運んでくださいませ。
[PR]
by kyounoinaka | 2013-05-27 11:21 | ■活動 岩泉町物産振攻会

「龍泉洞の水」売上の一部を地域の自然保護のために積み立て、子どもたちの環境学習に役立てていただいています。「森と水のシンフォニー環境基金」、平成24年度活動報告の3回目は小川小学校です。

~~~~~

岩泉町立小川小学校
活動児童;1年生~6年生 31人(3・4年、5・6年は複式学級です。)

事業活動
1.岩泉の自然保護に関わる行事への参加
(1)大峰登山
春の大峰登山を通して動植物に関心を持つとともに、自然と触れ合うことの楽しさや自然の不思議等に気づきました。
(2)「未来を育てる育樹祭」への参加
(この活動には毎年参加していただいています。ありがとうございます。)

2.廃品回収、ゴミ分別活動等の実践
盛岡クリーンセンターの見学を行いました。
b0206037_11412043.jpg

3.地域の自然保護に関わる環境学習
身近な河川や地域の自然に接することで、健康な暮らしと町づくりについて理解を深め、美しい自然を守ろうとする意識が高まりました。
(1)水生生物調査
b0206037_11465132.jpg

(2)米内浄水場見学
(3)龍泉洞・ミネラルハウス見学
 (「龍泉洞の水」工場にも来てくれてありがとう!)
b0206037_11485630.jpg

4.山間地を利用した農業体験学習
(1)学校農園を利用したソバの栽培
地域の特色を生かした農作業を体験することで、農業の素晴らしさや自然の偉大さに気づくことができました。
b0206037_1157022.jpg

(2)そば打ち体験と収穫祭
地域の食文化に接し、「ふるさと小川」の良さに気づき、地域を愛する気持ちを育てることができました。(地域の方々も楽しそうです。)
b0206037_11571342.jpg

~~~~~

毎年とても素晴らしい活動をしていますが、さらに今後の課題として「環境美化教育やエコ教育についての活動が十分とは言えないので、それらの関わる活動を広げていくこと。」を挙げてくださりました。(偉い!!)

私たち大人も、意識を変えて行かなければなりませんね。
[PR]
by kyounoinaka | 2013-05-26 10:00 | ■活動 森と水のシンフォニー環境基金

先日、「元女優さん?」かと疑われる、あるお客様がやってまいりました。

そこで、レストラン大地工房で「短角マダムたちの夕食会を」と計画しましたが、集まったのは武骨で、普段は無口な短角肥育農家の男衆でした。

なんでもお客様は、日本を代表する国際企業の創業者一家に属する方だそうですが、現代の「食」に対する高い意識をお持ちで、はるばる岩泉町まで短角牛を訪ねてきてくださったのです。
b0206037_10363515.jpg

男衆も嬉しかったのでしょう。最初は控え目に料理を食べていましたが、お客様の気さくな人柄に接し、さらにお酒も進んで、とても賑やかな夜となりました。
美味しい短角牛肉を食べて、男衆がこぞって「うんめぇな。おらほぅのタンカクだべぇ。(この肉は美味しい。我が家で育てた短角牛に違いないぞ。)」と言うのがおかしかった。

翌日は、短角牛発祥の地に若い生産者を訪ねて牛舎を見学し、
b0206037_10403081.jpg

山の中のカフェで美味しいパスタと焼きたてパンをご馳走になり、
b0206037_10422096.jpg

さらに、生産組合長のご案内で短角牛親子の楽園にお邪魔してきました。
b0206037_10435985.jpg

お客様の何気ない言葉や笑顔に励まされ、岩手の山の中で頑張っております。産地を勇気づけるご訪問、誠にありがとうございました。

ちなみに、「元女優さん疑惑」はカフェのマダムが確認したところ、女優さんとしての経歴はないそうです。

(注)料理写真はイメージです。

~~~~~

短角牛親子の楽園を見守るAKIさんの記事を読み、生産者の苦労と愛情を感じました。私はAKIさんの写真日記も大好きです。
[PR]
by kyounoinaka | 2013-05-25 10:00 | ◎もの いわいずみ短角牛と生きる

岩泉町の美味しい水と豊かな自然を守るため、「森と水のシンフォニー環境基金」を子どもたちに活用していただいています。24年度活動報告の2回目は、毎年活動に参加していただいている大川小学校です。

~~~~~

岩泉町立大川小学校
活動児童;1年生~6年生 15人(複式の3学級です。)

事業活動
1.岩泉の自然保護等に関わる行事への参加
花壇の整備活動を通して、鼻を育てる喜びや仕事に対する責任感を養うことができました。そして、「花いっぱいコンクール」で最優秀賞を受賞しました!
b0206037_9413993.jpg

2.廃品回収、ゴミの分別、リサイクル活動の実践
先生や地域の方々と協力して、大川地区自然保護のためのクリーン作戦を行いました。(子どもたちの頑張る姿を見れば、地域が一層まとまりますね。)
b0206037_19272939.jpg

3.出前講座の講演会、施設見学による学習会

4.地域の産業や環境を生かした作物の栽培活動
大川老人クラブや地域の方々と一緒に、ソバの栽培を行いました。
b0206037_9503273.jpg

作業を通して、地域の方々への尊敬の気持ちが高まりました。(素晴らしい!)
b0206037_9514834.jpg

5.栽培した作物を生かした郷土料理の作り方を学ぶ活動
自分たちで栽培したソバを粉にし、そば打ち体験を行い、達成感や満足感を味わうことができました。(先生はそば打ち名人のタカシさんですね、羨ましい。)
b0206037_9551659.jpg

6.学んだことを学習発表会で発信する活動
様々な活動を通して学んだことを、児童の立場から発信して行く方策を、これからも検討して行きたいと思っています。
b0206037_9583869.jpg

~~~~~

大川の素晴らしい自然と食文化が、いつまでも受け継がれて行くこと間違いなしですね。ありがとうございました。
[PR]
by kyounoinaka | 2013-05-24 09:59 | ■活動 森と水のシンフォニー環境基金

普段、このブログでも岩泉の美味しい食材を紹介しておりますが、
足を運びたくても、遠くてなかなか行けないなぁ、というあなたへ。
素敵なイベント情報です。

来週より 東京・原宿の「リストランテ ベニーレベニーレ」にて、
「いわて岩泉町応援フェア」を開催します!
期間は、5月27日(月)~6月28日(金)まで。
フェア期間中は、「岩泉短角牛」「龍泉洞の水」などを活かした
特別コースをお楽しみいただけます。


「食の世界遺産『いわいずみ短角牛』と 長命の水『龍泉洞の水』を愉しむコース」
◎いわいずみ短角牛自家製生ハムのピッツァ
◎いわいずみ短角牛のストラコット(赤ワイン煮込み)
◎ちょっと贅沢気分♪ 龍泉洞の水のハイボール
「下からビールが湧き上がる!?」アサヒ トルネードビールも体験できます。

そのほか、三陸や岩手の幸を活かしたメニューです。
4名様からお申込みいただけます。
詳細は以下のチラシをご覧ください。
b0206037_962465.jpg

画像をクリックすると、チラシが拡大されます。(PDFファイル)

5月27日は17時ごろから、
「いわて岩泉町応援フェア」 オープニングイベント開催!
5月27日は原宿「ベニーレベニーレ」に集合!


◎いわいずみ短角牛PRロボット「短たん」と、「龍泉洞の水タワー」がお出迎え。
◎岩泉の観光情報コーナーを開設します。

b0206037_9202634.jpg

「ぼくに会いに来てくれたら、ささやかなプレゼントをあげるタン♪」by短たん

◎リストランテ ベニーレベニーレ

TEL 03-5775-5333
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-31-10  YMスクウェア原宿5~6F
ベニーレベニーレのホームページはこちら
[PR]
by kyounoinaka | 2013-05-23 09:28 | ◆イベント情報・報告

岩泉町に澄んだ水が湧く理由

1.豊かな自然があること。
2.その自然を守り育む人がいること。

世界一の透明度を誇り、「日本名水百選」に選ばれた「龍泉洞の水」があるのも、森を育み、水を守る人たちがいるから。だから、当社では平成17年度からナチュラルミネラルウォーター「龍泉洞の水」売上の一部を「森と水のシンフォニー環境基金」に積み立て、町教育委員会を通して子どもたちの環境教育・食農教育・自然体験に活用していただいています。
b0206037_15113282.jpg

平成24年度は町内4つの小学校で「森と水のシンフォニー環境基金事業」に取り組んでいただきましたが、今日は岩泉小学校の活動を報告いたします。

~~~~~

岩泉町立岩泉小学校
活動児童;1年生~6年生 199人

事業活動
1.太陽光発電の有効活用に関わる取り組み
 ~生活委員会を中心とした節電を意識した取り組み~
…節電量の調査および節電の呼びかけにより、全校児童が節電を意識し、クリーンエネルギーに対する関心が高まりました。

2.校内の節電に合わせた緑化活動
 ~グリーンカーテン作り~
b0206037_1562850.jpg


3.校内資源のリサイクル活動
 ~うさぎの糞を利用した堆肥作り~
b0206037_1574073.jpg

教室前の花壇を利用したグリーンカーテン作りや、うさぎの飼育を通してできるリサイクル活動など、身近にあるものを利用して、環境問題への関心を高めることができました。

※写真は個人の特定がしにくいものを選ばせていただきました。

~~~~~

岩泉小学校は町内で最も児童数の多い小学校です。身近な活動を通して、環境問題への関心を高めていただければ嬉しいです。

うさぎの糞を使った堆肥は何かに活用していただけたのかな?今後の取り組みも楽しみにしていますので、よろしくお願いします。
[PR]
by kyounoinaka | 2013-05-22 15:29 | ■活動 森と水のシンフォニー環境基金