b0206037_16323243.jpg

道の駅いわいずみ周辺、今日は昼ごろから弱い雨がしとしとと降り続きました。
最近は乾燥した日々が続いていたので、雨はなんとなくホッとします。(消防団的にも。)
夕暮れどきになり、弊社特産品加工場の前から見える「乙茂の断崖」にも低い雲がかかりはじめました。
こんな景色も、絵になるなぁと思ってます。

b0206037_16323224.jpg

そんななか、特産加工場では、黒平豆の選別を行っていました。
町内各地の生産者(主にじいちゃん、ばあちゃん)が育てた黒豆。
なかには未熟なものや、傷のついたもの、汚れたものなども含まれるので、
生産者が大まかに良いものを選別し、弊社でもより厳しく選別。

b0206037_16323239.jpg

こうして光り輝く黒平豆は美しい。
ちょっとした、しわやへこみが見えますが、これこそ煮豆に向いている証。
甘味があり、「しわ、へこみ」のおかげで、煮豆にしたときに皮割れしにくい。
平たく薄いので煮えやすいのも特徴。

岩手(盛岡市)は豆腐や納豆の消費量が全国一だったりして、豆の文化が特に息づいている県。
だからこそ、こんな品種も残っていたりして、ありがたいものです。

もちろん煮豆も美味しいのですが、弊社では「じっ茶ばっ茶」の原材料としても大事な素材のひとつ。
さらにさらに、11月より販売している「いわいずみ短角牛100%ハンバーグステーキ」の2種のソースのうち、
「2種の豆と山ぶどうの温製赤ワインソース」にも使用しています。

b0206037_16521642.jpg

煮豆に最適という在来種ならではの特徴を活かしたこのソース。
肉との相性抜群です。それを取り持つのは、山ぶどう。
黒平豆が、ごちそう感あふれるソースになりました。
これを実現できたのは、GINZA kanseiの坂田シェフのおかげです。

岩泉の素材と素材は、それぞれ色々な特徴を持っていますが、
同じ岩泉の土から生まれたものどうし、
驚きの融合がまだまだ隠されている。
これからもそんな驚きの瞬間が楽しみです。
黒豆から話が飛んでしまいました。(笑)


[PR]
by kyounoinaka | 2014-11-26 16:57 | 水工場・特産工場

b0206037_19145247.jpg

よく晴れた朝、大川・釜津田方面へ短角牛の肥育農家を訪ねることにしました。
私の家から釜津田まで約50km。あらためて岩泉は本当に広い町だと実感する瞬間です。

b0206037_19144205.jpg
この家ではたくさんのニャンコが迎えてくれます。
b0206037_19145289.jpg
ばあちゃんと一緒に牛舎へ。
山から下りてきた母さん牛たちが、静かに過ごしていました。
こっちに興味津々。ここの牛は、本当に人になついています。
時に牛も怪我をすることがあるそうですが、そんな牛も大事に大事に面倒をみることで、優しい牛に育つんだそうです。
b0206037_19144282.jpg
冬越しのための大事な飼料、デントコーンサイレージが中には詰まっています。
b0206037_19145270.jpg

肥育牛は地元産ワラなどの粗飼料とともに、配合飼料も食べて育ちます。

b0206037_19144216.jpg

短角談義しているうちにお昼になり、昼食に「あんずきばっとう」を頂いてしまいました。
甘さ控えめで、豆の粒がたっぷりで、これはデザートじゃなくてメインです!
何の作業もせずに、、すみません。

続いてもう一軒の家を訪ねると、すでに先客がいて短角談義中でした。

b0206037_19144259.jpg

こちらでは自家製豆腐を頂きました。フライパンでこんがり焼いてあり、南蛮みそと相まってうまい。


ここは小規模な肥育農家。

b0206037_19145209.jpg


川沿いの、風通しの良い牛舎で夏も快適そうです。
床には、おがくずをしいています。
釜津田の寒さは厳しいので、寒くなってくると短角牛も食べる量が増えます。
だんだんと、これからの時期は、身を守るための皮下脂肪が厚くなる時期に入ってきます。

先日お伝えしたように、いわいずみ短角牛はいま大きな岐路に立たされており、予断を許さない状況ですが、
つかのまの、小春日和は、とっても穏やかでした。


[PR]
by kyounoinaka | 2014-11-25 19:49 | いわいずみ短角牛


b0206037_18595533.jpg
最近の私の中の大きなテーマは3つあり、「短角牛」「雑穀」もうひとつが「ローカル線」です。
先週末は、釜石線のSL銀河の釜石→遠野間に乗車してきました。

b0206037_18595521.jpg
ローカル線や、ローカルバスが賑わっていると私はとっても嬉しいです。
SL銀河登場!という騒ぎもひと段落し、今年の運行シーズンも終了間際の、
普通の週末の乗車状況はいったいどんなものなんだろう。
乗ってみたら、想像以上の盛況でした。
もしやガラガラだったらどうしよう、なんて思ったのですが、ほとんどのボックスには平均2人くらい乗客がいました。
それより嬉しかったのが、上の写真のように、沿線の家々や道、畑、あちこちからたくさんの人たちが手を振ってくれていたこと。
子ども連れのお母さん、畑仕事中のおばあちゃん、おっちゃんなど様々な人たちが喜んでいる、恒例行事になっているのがわかりました。

b0206037_18595586.jpg
行き違いのための停車時間もSLの場合は退屈しません。みんなが前に行って、記念写真。
若い女性が多い。本当に鉄道好きな女性が増えてるんだ、って実感しました。

b0206037_18592158.jpg
停車中は、峠越えに備えて各所で念入りな点検が行われています。
実に多くの人たちがSLの運行に携わっていることがわかります。

b0206037_18592150.jpg

釜石→遠野のあいだはひたすら上りですが、陸中大橋からの仙人峠越えはかなりの高度感を味わえます。
さっき乗ってきた線路が眼下に。最後の紅葉も楽しめました。

b0206037_18592288.jpg
そしてこの列車の素晴らしさ。トンネル内に入ると、窓には幻想的な風景が広がります。
えっ、トンネル内で車窓?
この車両、各窓の上にはステンドグラスが配置されており、座席間の仕切りの装飾品も相まってトンネル内では窓に映し出され、不思議な感じです。

b0206037_18592290.jpg
客車は4両編成。この客車、北海道で使用されていたディーゼルカーの車内を徹底的に改装したものです。
なので、急こう配区間が連続する釜石線では、客車がなんとSLをアシスト。
つまり、客車にも「車掌さん」だけでなく「運転士さん」がいるのです。

その4両それぞれすべてに、宮沢賢治に関する様々な展示があります。
理想郷を岩手の地図に描いた賢治の生き様が、コンパクトにまとめられており、
賢治のことを実はよく知らなかった私も展示に引き込まれました。
そしてなんと車内には、賢治の言葉が出てくるガチャガチャが・・・(笑)けっこう、人気でした。

最後尾には、写真のような車内販売の売店もあります。
SL銀河グッズのほか、「遠野牛」などの弁当、飲み物も充実。
車内では「山ぶどうジュースがおすすめです」との放送があり、岩手を旅行している、っていう気分も高まっちゃいます。

b0206037_18592270.jpg
車内には電光掲示板のかわりに、画像のような案内板が設置されています。
電光掲示板に代わって、次の停車駅を駅ごとに手でスタッフが入れ替え案内するというスグレモノ(?)
人の手がかかっている、というのに妙に感動します。

この案内板はプラネタリウムの前に設置されているもの。
えっ、プラネタリウム!?
宮沢賢治がテーマの列車なので、「銀河鉄道の夜」のプラネタリウム上映が、行われます。
それも、花巻行きの場合は機関車の真後ろにプラネタリウムがあるので、
上映中に蒸気機関車の汽笛が「ボォーッ」と聞こえてくる演出つき。
家族連れに人気のようでした。

そんなこんなで、釜石→遠野は通常の倍近い約2時間も乗車することになるのですが、
乗車中は1号車~4号車を乗客はぐるりぐるりと回遊して、飽きることなく楽しめます。
途中停車駅では、外に出てSL観察したり、風景を眺めたり。
花巻まで乗りとおす人は、遠野で1時間以上の昼休憩下車時間があるので、
遠野のちょっとした観光や昼ごはんを食べられる。
もちろん、乗客は思い思いに、回遊せずにボックスでちょっとした宴を楽しんでいる姿もみられましたし、
家族連れでも楽しめる。

予想以上に素晴らしい列車で、私は感激しました。
それは、SLという乗り物を楽しむことができること、だけじゃありません。
この効率化、自動化全盛の時代に、このSLの運行にはデザイン、ストーリーの構成から実際の演出、運行まで実に多くの人たちの手が惜しみなくかけられていること。
この制約の多い空間の中で、精いっぱい乗る人を楽しませようという気持ちに感激しました。
そして、沿線の遠野市もそれに応え、観光客を本気で受け入れようとしていることを感じました。(昼ごはんをどこで食べようか、ちょっと迷いましたが。)
これは、単なるSLじゃない。また乗りたい。

今年の運行は11月いっぱいです。
来年もまた乗ってみたいし、いろんな人にこの魅力を知ってもらいたい。
宮古~釜石間の鉄道は鉄道の復旧見通しがまだはっきりしていませんが、三陸鉄道に移管して運行!?なんて話も出てきています。宮古~釜石間が復旧したら、SL銀河に乗って釜石へ~そこから海を楽しみ、岩泉へ~
ブルートレイン日本海に宿泊なんてプランも容易に組みやすくなります。
なので、今後の動向にも注目しています。
あわよくば、花巻→釜石→宮古→盛岡なんてぐるっと運行できたりしないかな。

今後の岩手のローカル線の活況が、楽しみです。


[PR]
by kyounoinaka | 2014-11-23 18:38 | ローカル線を応援!

b0206037_19180438.jpg
突然ですがお知らせです。
b0206037_19141297.jpg

本日、盛岡駅「tetoteto」にて「岩泉の極味肉饅」が発売発表となりました。
この肉まんは、JR盛岡支社の「いわて食材発信プロジェクト」の一環として、
JRグループ、早野商店、岩泉町、弊社の連携で開発されたものです。
関係者の皆様には厚く御礼申し上げます。

b0206037_19183886.jpg

レシピはホテルメトロポリタン盛岡の中国料理長 松浦氏が考案下さったものです。
餡には、いわいずみ短角牛の粗挽き肉と岩泉のシイタケをたっぷり使用し、
特製の手作り特製「甜麺醤」で味付けしています。
そして、この肉まんの記事はほのかに素朴な色に色づいています。
これは小麦粉に岩泉のどんぐりパウダーを加えたからなんです。そして、さらに龍泉洞の水で生地を作り上げました。

岩泉の文化と切っても切れない関係にある、広葉樹の森の恵みであるどんぐり・・・
そして、その広葉樹から生み出される菌床で育ったシイタケ・・・
そして、広葉樹の森に囲まれた放牧地で夏に放牧される短角牛・・・
龍泉洞の水も、広葉樹の森と石灰岩層で磨かれた美味しいミネラルウォーター・・・

この肉まんは「短角牛」のうま味を美味しく味わえるのみならず、
岩泉の広葉樹の森の恵みをぎゅっと詰め込んだものに仕上がっています。

b0206037_19162926.jpg

試食販売が始まりました。

b0206037_19150225.jpg

短たんも久々に盛岡駅へ登場してPRを頑張っていました!

この「岩泉の極味肉饅」は本日16時より盛岡駅2階にある「tetoteto」と、道の駅いわいずみで販売開始しています。
また、明日11月22日からは道の駅三田貝分校でも販売開始予定です。
冬のあったかメニュー、ぜひ一度お試しを!

盛岡駅「tetoteto」では今週末と来週末、この肉まんをお買い上げのお客様にプレゼントなどもあります。

JR盛岡支社によるプレスリリースはこちらです。


[PR]
by kyounoinaka | 2014-11-21 19:40 | 赤身が美味しい いわいずみ短角牛肉

いつも道の駅いわいずみ並びに三田貝分校をご利用いただき誠にありがとうございます。

さて、道の駅いわいずみでは今月から来年3月にかけて、駐車場の改修工事を行います。すでに国道側(側溝)の工事が始まっていますが、来週から駐車場の工事が本格的に始まります。

工事は3段階に分けて行いますが、まずは大型車駐車場(小本側)を封鎖します。また、小本側の出入り口も封鎖いたします。(第2段階で岩泉側・一般車駐車場の改修を行います。)

大型車につきましては、道の駅裏、旧「乙茂家畜市場」の駐車場をご利用ください。
お客様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をよろしくお願いします。
b0206037_15262463.jpg

なお、今後道の駅いわいずみ店内の拡張工事も予定しています。通常営業を行いながらの工事となりますのでご了承ください。

来年春には全ての工事を終え、心機一転リニューアルオープンし、より一層快適で魅力的な道の駅となるよう頑張りますので、よろしくお願いします。
[PR]
by kyounoinaka | 2014-11-21 15:27 | 道の駅いわいずみ

みなさま お待たせしました。
岩泉より2014年 冬の贈り物受付開始のお知らせです。ギフトカタログが完成しましたので、ぜひご覧ください。
今年の注目は現在 数量限定販売中の「いわいずみ短角牛100%ハンバーグステーキ」や、テレビ放映で注目度さらにUPの「岩泉ヨーグルト」などなど!

カタログ掲載商品は電話・FAX・メールでご注文受付しております。
一部商品は「いわいずみネットショップ」季節のギフトコーナーでご注文頂けます。

また、「いわいずみ短角牛肉」をはじめその他のネットショップ掲載商品についても、贈り物対応可能です。
注文時に「のし」指定が可能であるほか、化粧箱などへの梱包を希望の場合は、「備考欄」で化粧箱希望と記入いただければ、対応可能です。(化粧箱は追加料金がかかります)
b0206037_18301415.jpg
「More」リンクをクリックしてください。カタログの続きが読めます。



More
[PR]
by kyounoinaka | 2014-11-19 18:49 | 通販お買い物情報

2014 いわいずみ 冬の贈り物の続きです。
b0206037_18405996.jpg
「More」リンクをクリックしてください。カタログの続きが読めます。


More
[PR]
by kyounoinaka | 2014-11-19 18:47 | 通販お買い物情報

岩泉線キーホルダー

岩泉線が廃線となりはや半年以上がたちました。
もともと学生やお年寄り、そして町外のファンの利用が中心だったこともあり、
本当にひっそりと、消えていったという印象があります。
一方で先日お知らせした「岩泉線讃歌写真展」の開催など、岩泉線を愛する地域の声が根強くあるのも事実です。
岩泉線を愛してくれた人たちにはぜひ、うれいら通り商店街の「よしせん書店」(岩泉舎よしせん)を訪れて頂きたいと思います。
b0206037_18222142.jpg
ここはうれいら通りの情報基地のひとつです。
岩泉線を人一倍愛する店主が、迎えてくれます。
岩泉の情報誌「らほんて」や、岩泉線の写真集の編集拠点でもあり、
たくさんの猫たちと出会えるのも魅力。
b0206037_18311900.jpg
 
b0206037_18302687.jpg
店主に岩泉線の思い出、岩泉のおすすめスポットを聞いてみてください。
そして、岩泉線終着駅ならではのお土産品がついにできました。岩泉線キーホルダー。よしせん書店・道の駅いわいずみ・道の駅三田貝分校などで販売中しています。
これ、じつはミート工房のRYO部長のデザインです。
b0206037_18330496.jpg

岩泉にはいまなお、岩泉線を目当てに訪れて下さる方々がいます。
それらの人たちの気持ちを大事にしたい。
「よしせん書店」や道の駅がそんな方々の集う場所になれば、と思っています!

よしせん書店は「喫茶となり」のとなりです。

[PR]
by kyounoinaka | 2014-11-17 18:35 | ローカル線を応援!

今日は短角に会いに。

b0206037_19153500.jpg
今日はいわいずみ短角牛肉の町内定期配達日。ちょうど朝から雪が降る中、うっすら美しく雪化粧した山を眺めながら安家→小川→釜津田とぐるりと回ってきました。
石峠、奥岩泉トンネル、そして田山の3か所峠を越えました。
道路にはうっすら雪があった場所もありましたが、滑るほどではありませんでした。
5月から標高1,000mの山に放牧されていた短角牛たちも、11月頭までには放牧地から各農家の家々に戻ったようです。
b0206037_18593339.jpg
あちらこちらで色んなわんこと出会うのですが、ふといつも私に熱い視線を送ってくる一匹のわんこを見ると、
君はなかなかすごいロケーションで暮らしてるなぁと思って撮った1枚。

配達先は短角農家も多いので、山から下りた短角牛たちに会わせてもらいました。
b0206037_18593337.jpg
ところでいわいずみ短角牛はいま、大きな岐路に立っています。
10月末にあった岩手の短角子牛市場平均価格は、38万円という記録的な値段になりました。
2011年 12万円。
2012年 13万円。
2013年 31万円と高騰。
昨年以上の高値です。全国的な和牛の素牛の不足など、様々な要因はあるのですが、この価格で子牛生産者はようやく報われました。

嬉しい反面、同時に、子牛を購入する立場にある肥育農家は原価が大幅にアップしますので、大きな岐路に直面しています。
当然、いわいずみ短角牛肉を販売する我々もです。
子牛生産者とて、これまで、市場の乱高下に左右されてきましたので、先行きが明るいかというと分からない状況でもあります。

そんな中、「いわいずみ短角牛」はどんな方向を目指していくべきか?
競争が激しくなる中、今までのやり方を続けているだけでは、短角という素晴らしい品種も、岩泉らしさの大事な要素である短角+放牧地という風景も存続できない。そう、強く感じています。
b0206037_18593338.jpg
そんな中、このブログでも紹介した高知の土佐あか牛の活況。そして、他の短角牛産地の奮闘。
さまざまな産地の生産者、シェフ、そして赤身の牛を応援してくれる人たちの存在はとても励みになります。

赤身肉、短角牛肉の可能性は、ものすごく感じています。
いわいずみ短角牛の明るい未来に向かって、いろいろ、取り組まねばなりません。
どうぞ今後も応援よろしくお願いします。

[PR]
by kyounoinaka | 2014-11-14 19:53 | いわいずみ短角牛

b0206037_18555100.jpg
今や恒例になった、友好都市である東京・昭島市での岩泉の物産販売。
今週末も昭島の秋の一大イベント「昭島市産業まつり」で、
いわいずみ短角牛串、いわいずみ短角牛コロッケ、龍泉洞黒豚メンチカツなどを販売します。
もちろん、真っ赤な短角牛キッチンカーが出動します。
b0206037_18555124.jpg


さらにさらに、なんと岩泉からは町議会の方々による「松茸汁」「鮭のつみれ汁」のお振舞があります。
(11月8日土曜日 11時~の数量限定です!)
秋の岩泉の味覚が昭島に大集結。
ぜひお近くの方はお越しください!


[PR]
by kyounoinaka | 2014-11-06 19:00 | イベント告知・報告