b0206037_08520043.jpg
お隣宮古市の重茂半島・姉吉漁港にやってきました。
重茂半島の海藻やウニなどの海産物は高品質なだけでなく、
それを守り育てるために、地域で合成洗剤を「売らない、買わない、使わない」
ことを決めているエコロジーな地域です。

東日本大震災の際、重茂半島は険しい地域なので、高台に位置し大丈夫だった建物も多いのですが、
地形により津波が高くなり集落の一部や、大事な漁業施設は大きな被害を受けてしまいました。
現在は漁業施設が復旧し、周辺の土木工事などが進められています。
b0206037_09084945.jpg
今日やってきた姉吉地区は津波が40mに達した地区ですが、
「ここより下に家を建ててはいけない」の石碑があり、家々は守られたことから、
この石碑は震災後、有名になりました。
b0206037_09054053.jpg
ここは姉吉漁港に復旧した姉吉キャンプ場(日帰り利用のみ)。
駐車場完備。トイレがめっちゃきれいです。
b0206037_09191945.jpg
いよいよ本州最東端へのハイキングに出発です。
片道およそ4km。港からは歩きやすい遊歩道が整備されています。
登り始めだけ、荒々しい雰囲気の岩肌からの落石に気を付けましょう。
この荒々しい岩肌も、おそらく津波の痕跡です。
b0206037_09211576.jpg
津波浸水地点を越え、遊歩道はぐんぐん高台へ登ってゆきます。
このあとはトドヶ埼手前までは高台を歩くので安心です。
b0206037_09224025.jpg
しばらく登ると、右手に太平洋を望みながら広葉樹やアカマツの林のなかを歩くようになります。
ここからは気持ちいいハイキングです。
b0206037_09275947.jpg
このあたり一帯は魚つき保安林に指定されています。
この森も海に栄養を供給し、土砂流入を防ぐ、大事な役割をしているようです。
b0206037_09251415.jpg
なんといっても海沿いを歩く楽しみは太平洋の眺望。
b0206037_09252276.jpg
眼下では日が差し込むとエメラルドグリーンの海が輝き、
アカマツの枝葉と絶好のコントラスト。
冬枯れでも鮮やかな三陸海岸です。
b0206037_09262042.jpg
案内板もしっかりしており安心。迷いそうな場所もありません。
沢には大きな岩がゴロゴロしています。
b0206037_09294759.jpg
立派なアカマツの木がありました。
b0206037_09300851.jpg
途中アカサキ沢の近くには、カタクリがたくさん。
咲いたばかりのカタクリもちらほらありましたよ。
b0206037_11531917.jpg
地名のごとく本当にトドが寝そべっていそうな岩場が見えてくるといよいよ・・・
b0206037_09315894.jpg
b0206037_21015592.jpg
到着!(トドヶ埼は正しくは上の漢字です。難しい字なので認識しないパソコンもあるようです)
b0206037_09322592.jpg
ここはすごい。荒涼とした岩場の光景(意外と岩場が高い)
そして眼下に砕け散る荒波、強風、
歩いてきたから余計に最果て感がすごい。
最東端、予想以上に感激の光景です。
灯台下には本州最東端の東屋とトイレ(冬季閉鎖)があり、Docomoの携帯がつながります。
b0206037_09340276.jpg
実はこの裏手には長磯という天然の入り江があり、船着き場?のような岸壁もあります。
ここもまた美しい。入り江ですが荒々しくて人を寄せ付けないような雰囲気もあります。
看板にこの場所にある「幻の滝」が案内されていますが、
いまの時期は枯れているようで見当たりません。
実はこの遊歩道、重茂半島の中心地へ6kmほどの道のりで通じています。
健脚向きと思われますが、こちらも美しい景色が見れそうなので、
いつかチャレンジしてみたいと思います。
b0206037_11500769.jpg
車で来たので今回は来た道を引き返します。
カモシカさんに会いつつものんびり歩き、駐車場に戻ってきました。
本州最東端トドヶ埼、アップダウンも危険個所もほとんど無い割には
ドキドキ感激が味わえるハイキングロードでした!

姉吉からは県道重茂半島線で宮古方面、山田方面どちらにも抜けられますが、
どちらも細い山道なのでお気を付けて。

【所要時間&注意点】
姉吉漁港~トドヶ埼 <片道>約1時間5分
※休憩時間は含みません。

※ハイキング用の装備を準備して行くことをおすすめします。地図、ハイキング用の靴、雨合羽、防寒着、飲水、非常食(菓子など)、懐中電灯、携帯電話、クマよけの鈴など。
ネット上でも地図は確認できます。地理院地図

[PR]
by kyounoinaka | 2016-04-04 07:57 | 岩泉・近隣をハイキング

b0206037_07423440.jpg
亀ヶ森牧野には雪はほとんどありません。
本州最東端・重茂半島もよく見えます。
b0206037_07423540.jpg
うっすら針のように宮古の大煙突も見えます。
b0206037_07423519.jpg
こちらは夜の茂師海岸。
今年も漁火の季節がやってきました。

[PR]
by kyounoinaka | 2015-12-22 08:00 | 地域の話題

晩秋の茂師海岸

b0206037_08242004.jpg
いつものポイントから望む茂師海岸。
波の音に癒されたくて、ほんの1~2分、時々立ち寄ります。
そろそろ、夜はイカ釣り漁船の漁火が見えるころでしょうか・・・?

[PR]
by kyounoinaka | 2015-11-07 08:24 | 地域の話題

小本浜の秋

b0206037_13073117.jpg
ありがたいことに1か月ぶりの爽快な晴天続きで、小本浜を散歩してみました。
b0206037_13073181.jpg
あちらの防波堤からの景色も迫力ありそう。
波を眺めているのが好きです。
b0206037_13073150.jpg
写真前方に広がる小本地区では復興事業の真っ最中です。
港湾施設の復旧、学校や災害公営住宅の整備が進み、
住宅地にも新しい家が続々と建ちつつあります。
今度「岩泉小本駅」に改称される、新しい小本駅舎もだいぶ姿が見えてきました。
海岸付近はまだ工事等で立ち入り出来ないところもありますが、
少しずつ、少しずつ、穏やかな三陸の漁村の風景が戻りつつあるような気もします。

[PR]
by kyounoinaka | 2015-09-24 13:20 | 地域の話題

b0206037_10170581.jpg
道の駅いわいずみの上空に、不思議なシュッとした雲があらわれました。
梅雨どきの空の変化は楽しいですね。
梅雨晴れの日の、澄み切った空のブルーは格別。
b0206037_10200246.jpg
晴天のもと、岩泉町袰綿地区にやってきました。
b0206037_10200929.jpg
ここには、袰綿のあじさい坂(勝手に命名)があります。山道をぐねぐね上がっていく両側に、この時期たくさんのあじさいがきれいに咲いています。
b0206037_10233009.jpg
青空に照らされて、とっても鮮やかなブルー。
b0206037_10252354.jpg
一方で、こんな日は小本の茂師海岸でも、とびっきりのブルーに出会えます。この時期、やませが入って海沿いは霧が湧いていることも多いですが、たまに、こんな感じでこの上なく爽快な風景に出合えます。(これは2年前に撮った写真です。)
梅雨の晴れ間を楽しみましょう!

[PR]
by kyounoinaka | 2015-07-12 10:34 | 地域の話題

b0206037_16161624.jpg
岩泉町を訪れる観光の皆さんの定番ルートといえば、やはり龍泉洞+近隣市町村を含めた三陸海岸。
定番ルートですが、これってやはり、すごい避暑地だと思います。
龍泉洞の中にちょっと入るだけで必ず涼しいですから。
やませが来ている日なら、外も涼しい。

先日、お客様を案内するために久々に龍泉洞に入りました。
LED照明もなかなか良いですね。
b0206037_16173351.jpg
定番の風景ですが、透明度世界最高と言われる地底湖。
b0206037_16182501.jpg
地底湖が注目されがちですが、頭上の高さも壮観。
この日、コウモリを一匹見ることが出来ました!
洞内は遊歩道がきれいに整備されていますので、
スーツ姿のお客様も洋服を汚さず見学可能でした。
b0206037_16181470.jpg
洞内には、山ぶどうワイン「宇霊羅」の貯蔵庫も置かれており、見学可能になっています。
今年は、いままでの「やや甘口」に加え「辛口」も登場しており楽しみ。
気温一定のひんやりした環境で、今年も解禁を待っています!
ちなみに5月20日には、龍泉洞の水仕込みの日本酒「龍泉八重桜」も貯蔵されました。
(詳しくはこちら「龍泉洞ぶろぐ」をご覧ください。)
ますます楽しみな「龍泉洞セラー」にもご注目を!

[PR]
by kyounoinaka | 2015-06-25 09:15 | 地域の話題