b0206037_08402923.png
 

龍泉洞貯蔵【2015山ぶどうワイン宇霊羅(うれいら)】

2016年7月20日、解禁となりました!

昨シーズンは大好評につきしばらく完売となっていた宇霊羅ワイン・・・!

2015年に収穫した岩泉町産山ぶどう100%で醸造したワインを、

「宇霊羅山」のふもと龍泉洞内の天然ワインセラーで熟成した自慢のワイン。

(なので、ワインの名前は「2015」です。)


いよいよ、今年も7月20日から販売を開始しました。

・フルーティーな甘みと酸味のバランスが良い「甘口」

・きりりと爽やかな飲み口の辛口

の2種類を取り揃えています。昨シーズンから取り揃えた「辛口」が好評だったため、今シーズンは「辛口」の割合を増やしています。今年も数が限られているため、完売必至!?

ぜひ夏の岩泉のお楽しみ「山ぶどうワイン」をご賞味ください。


◆取扱店舗

 ・道の駅いわいずみ

 ・道の駅三田貝分校

 道の駅では「山ぶどうワイン宇霊羅」をはじめ、北上山地のワイン、岩泉の地酒を各種取り揃えています。

 旅の思い出に、宴のともに、ぜひ「岩泉チーズ」や「いわいずみ短角牛肉」とともにお召し上がり下さい。

b0206037_08491806.jpg

◆通信販売

 贈り物、ご自宅用に好評です。アルコールが苦手な方も楽しめる

 ノンアルコールワイン・岩泉町産「山ぶどう原液」もございます。


 「山ぶどうワイン宇霊羅セット」(甘口・辛口各1本)

 「山ぶどうワイン宇霊羅甘口&原液セット」

 「山ぶどう原液2本セット」

 いずれも 4,800円(税込)/1セット 送料別となっています。

b0206037_08510691.jpg
こちらは山ぶどう原液。夏の暑さに心地よい酸味と甘み、濃厚な山ぶどうの味わいをギュギュっと。

原液のままで、水で割って蜂蜜を足して、焼酎割りで・・・お好みの味わい方で、家族みんなでお楽しみください。


◆通信販売のご注文・お問い合わせは

 フリーダイヤル 0120-123-088 までどうぞ。

 山ぶどう原液は「いわいずみネットショップ」からもお求めいただけます。


[PR]
by kyounoinaka | 2016-07-22 08:54 | ◎もの 山ぶどう&龍泉洞貯蔵ワイン宇霊羅

b0206037_17135264.jpg
快晴の朝、そうだ、宇霊羅山に登ってみようと思い立ちました。
そろそろ、雪も解けたはず。
木々の葉っぱが茂る前なら、山頂からの眺めも、普段にも増して絶景なんじゃないだろうか。
b0206037_17223347.jpg
林道を登山口へあがってゆくと、「和山四本松公園」という場所があらわれ
名前の通り立派な四本松がたたずんでいます。
b0206037_17250126.jpg
登山口に到着。岩肌が迫力あります。
b0206037_08194911.jpg
アカマツの森のなか、木漏れ日を浴びながらのんびり行きましょう。
ところどころ、1月の大雪の影響か折れた枝が折り重なっていたりするので、避けながら登ってゆきます。
b0206037_08211716.jpg
途中、わかりにくい分岐点もありますが
小さい看板や、ピンク色のテープが目印なので、お見逃しなく。
b0206037_08222697.jpg
登山道はだんだんと明るい広葉樹林の中に入ってゆき・・・
b0206037_08241794.jpg
ついに現れました!岩場や滑りやすい落ち葉の急坂を、ロープ伝いに登ってゆきます。
ロープもありますし、足場もあるので、安心ですが、
まだ木々の葉っぱがなく、眺めが良いぶん高度感もあり、
ちょっぴりスリルを味わえます。ハイキング用の靴必須です。
頭上にそびえる岩峰の迫力がスゴい。
b0206037_08341825.jpg
この場所を登りきると、だんだんと遠くに太平洋が見えてきました。
登山道は急にふかふかのドングリの落ち葉の安全地帯に入ります。
岩に描かれたチャーミングな道案内「頂上まで35分」。ここで一息つきますかぁ~。休憩。
ここから、しばらくは落ち葉を踏みしめながら、のんびりと上がってゆきます。
b0206037_08405531.jpg
おっ、立派な石灰岩の巨岩が見えて展望がひらけてきましたよ。
町内から見上げているあの絶壁の上に、上がれてなんだか感激。
足場はしっかりしてますのでご安心を。ただ、強風が吹くとちょっと怖いです。
b0206037_08410911.jpg
ここは石灰岩の巨岩と、岩泉町内中心部~西側にかけての展望が最高です。
とりあえず 白い絶壁展望地 ということにしておきます。
ここから先は尾根の上を歩いていきます。
ちょうどまだ芽吹きの前の時期だったので、木々の隙間から岩泉のあっちやこっちがよく見えます。
岩泉町が深~い森に包まれていることがほんとによくわかります!!
b0206037_08522121.jpg
ここからは細い尾根の上を歩きます。
数分ほど進むと、こんどは岩泉町中心部~東側、さらには太平洋がよく見える展望地がありました。
ここはとりあえず 太平洋展望地 ということにしておこう。
b0206037_08533739.jpg
細い尾根の上には松の木があちこちに。
両脇は急傾斜ですが、木がたくさん生えているので安心して歩けます。
b0206037_08541557.jpg
標高600mなんですが、なんだか奥秩父など高い山の稜線を歩いているような爽快感のある景色です。
向こうにはまだ雪を抱いた北上山地の雄大で奥深い山並みが広がっています!
新緑の時期にまた来たいな~!!
b0206037_08581330.jpg
b0206037_09004245.jpg
山頂到着です。登頂記念に鐘を鳴らしてみました。
山頂では、ほぼワシ、タカと同じ視線!こりゃ~快晴の日に来れてよかった。
遠くに見えるあの雪山はどこの山やら・・・と眺めながら、
20分ほどおやつを食べながら日向ぼっこを楽しみました。
この山のおやつは、やっぱり岩泉名物のかりんとうかな。
b0206037_09091606.jpg
b0206037_09085693.jpg
下りも、自然の芸術品を鑑賞しながら、のんびりと。
2枚目はヤママユの繭(まゆ)です。高級なシルク。
b0206037_09124731.jpg
岩場です。下りも、気を抜かずに行きましょう。
登りでだいたい感触がわかったのと、先が見えるので、登りほどのスリルでもありません。

◎所要時間&注意点
【登り】
【林道入り口(岩泉純木家具前)】~20分~【登山口】~20分~【岩場下】~6分~【岩場上】~12分~【白い絶壁展望地】~2分~【太平洋展望地】~12分~【山頂】
総所要時間:約1時間15分(休憩時間のぞく)

【下り】
【山頂】~10分~【太平洋展望地】~2分~【白い絶壁展望地】~10分~【岩場上】~6分~【岩場下】~15分~【登山口】~20分~【林道入り口(岩泉純木家具前)】
総所要時間:約1時間5分(休憩時間のぞく)

※人によって所要時間はかわります。
※地図、ハイキング用の靴、雨合羽、防寒具、飲み水、非常食(菓子など)、懐中電灯、携帯電話、クマよけの鈴など登山のための装備を準備して、十分注意して登山をお楽しみください。

◎地図ガイドは新・分県登山ガイド「岩手県の山」(山と渓谷社)がおすすめです。
b0206037_08351110.jpg
◎ネット上では、「ヤマレコ」のホームページから、
一般の登山体験者が作成した地図を確認できます。
こちらは登山コースをはずれて登っている人もいますのでご注意ください。

なお、登山口から
日本三大鍾乳洞・龍泉洞まで徒歩およそ25分です。
岩泉のお土産はぜひ「道の駅いわいずみ」「道の駅三田貝分校」をご利用ください。

[PR]
by kyounoinaka | 2016-03-29 09:38 | 岩泉・近隣をハイキング

b0206037_18232493.jpg
昨日、静かな冬の龍泉洞が突如、にぎやかな空気に包まれました!
岩泉町産山ぶどうを、葛巻ワインさんに醸造していただいた山ぶどうワイン「宇霊羅」を、
岩泉町の自慢のワインセラー「龍泉洞」で熟成させるために
弊社スタッフの人海戦術で搬入する春の一大行事です。
b0206037_18242141.jpg
昨シーズンは従来からの「甘口」に加え「辛口」の2種類をそろえたところ、
「辛口」好評の為、今シーズンは「辛口」の割合を増やして醸造となりましたので、
待望のお客様・・・お楽しみにお待ちください!!
b0206037_18564042.jpg
今回、龍泉洞貯蔵した山ぶどうワイン「宇霊羅2015」は、
今年夏までしばし熟成させ、皆様のお目にかかるのを静かに待っています!

[PR]
by kyounoinaka | 2016-03-19 07:58 | 山ぶどう&宇霊羅ワイン

今年も少雨ながら順調に梅雨明けし、明日からいよいよ8月ですね。
今年は特別な8月1日を迎えます。いよいよ「龍泉洞の水」発売から30周年の記念日。1985年の今夜も、きっと、ミネラルウォーターの販売という未知の事業に、将来性を確信しながらもドキドキしながら準備を進めていた先駆者がいたんだろうな~と思うと、感慨深いものがあります。
b0206037_19465602.jpg
明日8月1日の準備がもう一つ行われていました。毎年恒例「山ぶどうワイン宇霊羅2014」の解禁です!
「道の駅いわいずみ」「道の駅三田貝分校」のほか通信販売(TEL 0194-22-4434)でも取扱いします!
b0206037_19404080.jpg
初登場の辛口ワインは、明日が発売記念日となりますね。
b0206037_19410221.jpg
もちろん今までの味を愛して下さる皆様に、(やや)甘口もちゃんと用意してありますよ。
b0206037_19405598.jpg
夏の宵、山ぶどうワイン宇霊羅で乾杯を!
b0206037_19410996.jpg

[PR]
by kyounoinaka | 2015-07-31 19:52 | 道の駅共通

b0206037_17501254.jpg
2014年産 岩泉の山ぶどうで仕込まれ、龍泉洞で静かに熟成の時を過ごした「山ぶどうワイン宇霊羅」・・・
今年も、貯蔵庫から運び出され、まもなく8月1日に販売解禁します。
その解禁日を前に、いち早く楽しんで頂く「山ぶどうワイン宇霊羅を楽しむ会」を今年も開催しました。
上の写真で2種類のワインがあるのにお気づきでしょうか?
今年は例年の「やや甘口」に加えて、「辛口」も登場しました!!
b0206037_17493682.jpg
なんと、ありがたいことに100人超の参加申し込みを頂きました。おかげさまで、今年も会場は大盛況です。
b0206037_17491669.jpg
おなじみ・ワインソムリエ松田宰さんによる「山ぶどうワイン宇霊羅」の解説もみどころ。今年は「辛口」が登場し、その飲み比べが注目されるところです。「甘口はしっかりした酸味に果実味があり、山ぶどう本来のうまみを楽しめる」。「辛口は料理に合わせやすく、特に短角牛との相性が良い」との講評を頂きました!
b0206037_17482345.jpg
岩泉の大地・気候・人に育まれた山ぶどう。風土に育まれた産物は、毎年の絶妙な味わいの違いを楽しませてくれます。今年も、解禁はまもなく、お楽しみに!

ご予約は(株)岩泉産業開発・通販課 TEL 0194-22-4434 まで!

[PR]
by kyounoinaka | 2015-07-21 18:08 | 山ぶどう&龍泉洞貯蔵ワイン宇霊羅

b0206037_11220499.jpg
水はまだ冷たいけど、サンショウウオも目を覚ます季節となりました。

b0206037_11220381.jpg

ここは龍泉洞から枝分かれした洞窟。

b0206037_11220336.jpg
ここに、龍泉洞貯蔵 山ぶどうワイン宇霊羅の熟成庫があります。
b0206037_11220419.jpg
昨秋とれた山ぶどうで仕込まれた「山ぶどうワイン宇霊羅」
今年も昨日、熟成庫に入りました。
これから8月の販売開始まで、ゆっくりと、一定温度に保たれた龍泉洞でおいしくなります。
まだ、飲んべえの皆さんの喉を潤すのは少し先の話ですが、
どうぞお楽しみに!


[PR]
by kyounoinaka | 2015-03-25 11:26 | 山ぶどう&龍泉洞貯蔵ワイン宇霊羅

今日は、「いわての食材と地ワインを楽しむ会」のご紹介です。
今回はホテル「フォルクローロいわて東和」リニューアル5周年を記念して開催されるもので、
「いわいずみ短角牛」をはじめとした岩手の地産地消のお料理と、
「くずまきワイン」そして岩泉の「山ぶどうワイン宇霊羅」を楽しめる会となります。
b0206037_18275208.jpg
さらに、恒例となってきた岩泉の「山ぶどうワインと岩泉食材を楽しむ会」でも
おなじみのワインソムリエ・松田宰さんに、講師としてワインの楽しみ方について
披露して頂ける予定となっているとのことで、楽しみですね。

こちらの会場は東和町の田園にたたずむ宿。温泉もあります。
これだけのお料理とワイン、講義、温泉も付いて、良心的な価格。
遠野、花巻などとの観光と組み合わせて泊まるのも、魅力的ですね~。

[PR]
by kyounoinaka | 2015-02-10 08:26 | イベント告知・報告