b0206037_13335270.jpg
龍泉洞から深い森のなかの快走路を北へ走ると、いまも安家地大根など独自の食文化が伝承されている安家地区へ向かいます。
県道7号線をそのまま北へ行くと、現在道路拡幅工事が行われ、この秋にも大変走りやすい道路が完成する大月峠を越えて「あまちゃん」の久慈市まで通り抜けることもできます。
しかし、この春「安家産直施設」(土日営業)もオープンした安家地区で、ひと休みしたいところ。
役場安家支所の近くには、安家の何でもそろうコンビニ的存在「たまべん商店」もありますよ。
b0206037_13335327.jpg
さて私は安家から葛巻方面に通じる細い県道に分け入って、松林を抜けて行きます。
b0206037_13335334.jpg
山里では八重桜がまだ楽しめましたが、そろそろ桜も見納めですね。
b0206037_13335316.jpg
クルミも春の到来を喜んでいます。
b0206037_13341205.jpg
牛の神様 穴目神社はちょうどお祭りでした。まさに短角牛のための神社。牛飼いさんに話を聞いたところ、かつてはこの日には、牛の安全祈願のために各家々から縄を持ち寄り、神事が行われたのだそうです。あとは煮しめなどを作ったり・・・現在は人が減少したので、旗を立てお参りする程度しか出来なくなりましたが、少しでも賑わいを、という気持ちなのか、ラジオが鳴らされていました。私も、お参りしました。
b0206037_13341239.jpg
道路わきの岩肌もツツジが彩っています。この岩肌は安家だから安家石灰岩層かと思えば、地質図Naviで確認するとそうではありませんでした。1億4千万年以上前の、恐竜が活躍していた時代・・・ジュラ紀につくられたチャートという非常に硬い岩石のようです。安家石灰岩層も、同じ時期の岩石とのことです。
岩泉町の特徴的な景色である岩肌。とっても古い地層だけあって、その起源も奥深いんですね!
b0206037_13341238.jpg
岩山のようなアカマツ山の上には月が出ていました。ここにカフェでもあったら・・・なんて。
b0206037_13341246.jpg
安家から岩泉への帰り道も新緑が素晴らしすぎて写真を見返しても息を飲むような空気感・・・。

[PR]
by kyounoinaka | 2016-05-22 08:47 | ●地域情報 地域の話題&岩泉・近隣の風景

b0206037_08554761.jpg
一雨、一雨、上がると風が吹き、岩泉町も今朝はすがすがしい青空の朝を迎えています。
道の駅いわいずみからも近い、安家石灰岩層の断崖「前見山」もひときわ鮮やか。
太陽の光が当たっている部分と、雲の影の部分。そのコントラストも美しく誰が写真を撮っても絵になります。
この前見山のふもとから「乙茂橋」を渡って、県道40号「宮古岩泉線」に遡るルートでは現在ツツジが見ごろを迎えつつあります。
b0206037_08554753.jpg
橋を渡ると、ほどなくして道路は山を登り始め、渓谷沿いの曲がりくねった道となります。
その登り始めの地帯でいま、ツツジがとても鮮やかです。
b0206037_08554795.jpg
カーブを曲がるごとにツツジの群落を発見。わき見運転にはご注意を。
b0206037_08554750.jpg
渓谷とあわせて絵になるツツジ。
b0206037_08554798.jpg
あっちの森もよく見ると木陰にツツジ群落が・・・。
b0206037_08554765.jpg
道路脇の崖にもツツジ。
b0206037_09083190.jpg
青空の朝は、ちょっぴり早く出発しての寄り道が楽しい!今日は県道を少し遡っただけでしたが、この県道沿いはツツジ群落が乙茂~有芸のあいだに点在しており、おそらくだんだんツツジ前線が山を上昇中なのではないかと思います!

なお、見通しのきかないカーブが続きますので、安全な場所に車を止めての散策をお願いします。
ところどころ、車を止めれる場所も山際にありますので、探してみてください!

[PR]
by kyounoinaka | 2016-05-12 09:10 | 地域の話題&岩泉の風景

b0206037_21192381.jpg
ゴールデンウィークもピークを越え、今年も皆様、岩泉町に足を運んでいただきありがとうございました。
今年はたいへん春が早かったですが、4月末ごろから岩手では、冬と春の最後のせめぎ合いというか、寒かったり暑かったりを毎日繰り返しています。皆さま体調は大丈夫でしょうか?

宇霊羅山にも新緑がグングン上昇中。写真でも分かりますが下2/3くらいは緑に包まれ、上の1/3くらいはまだ芽吹きはじめのようです。
天気の移り変わりが激しいため、面白い空、雲の風景が見られます。忙しい合間の一瞬に見上げる空はなかなか乙な景色を見せてくれます。この時期、小本川から吹く風に乗って白い綿毛・・・河畔の柳の木のタネも飛んでいたり。
b0206037_21185954.jpg
昨日の夕方もダイナミックな空が見られました。上の写真は缺の断崖前より・・・
b0206037_21185929.jpg
この10分後、岩泉町内に着くと宇霊羅山の上空はより一層鮮やかな夕焼けに包まれていました。

ところで実はこのあと、町内に「猿沢地区で林野火災発生、消防団出動」とのサイレンが響き渡り、出動。しかし、のちほど誤報とわかり無事解散となりました。この、鮮やかな夕焼けと激しい雲の動きが、山火事に見えたんでしょうかね!?
GWの終わりに発生した、ちょっとした事件でしたが、誤報で助かりました。
山火事起きると大変なんですよ。

[PR]
by kyounoinaka | 2016-05-06 21:52 | 地域の話題&岩泉の風景

b0206037_08193330.jpg
道の駅いわいずみから車で数分、阿部工房さん前の桜もすっかり葉桜になりました。葉桜も凛々しいです。
b0206037_08193481.jpg
対岸の山々も芽吹きました。そこから缺トンネルをくぐって龍泉洞方面へ向かうと・・・
b0206037_08185936.jpg
岩泉町のみなさんにとってはおなじみの光景ですが缺山(かけやま)の断崖。
この新緑の時期は小本川の流れとも相まって素晴らしい景色を見せてくれます。
国道の橋からも見え、斜面には「赤穴」があることで知られていますが、
国道沿いに車を停めるスペースは無いので、多くの方は橋から一瞬見えて、そのまま素通りかと思います。

実は道の駅いわいずみ→岩泉方向に向かう場合、トンネルを越えてすぐに左折するとのどかな道に入りますが、
その道沿いからはゆったりと断崖を眺めたり写真を撮ることができるので紹介します。
b0206037_08192180.jpg
そこから連なる山並みは宇霊羅山へ。この辺りから見ると宇霊羅山がとんがって見えます。
ここからはちょっと細い山道ですが
裏道を通ってゆくと名勝の「丹洞」を見ながら岩泉町中心部に抜けることができます。

本日紹介した写真スポットはこちら
岩泉マップ♪湧水&写真スポット もご活用ください!
こちら

[PR]
by kyounoinaka | 2016-05-02 08:07 | 地域の話題&岩泉の風景

b0206037_07472946.jpg
猿沢川沿いの木々も芽吹きの準備を着々と進め、赤からオレンジ、そしていよいよ新緑の緑へと色が変化しそうです。
b0206037_07481644.jpg
そんな新緑直前の、明るい森の中で、1本だけ早咲きの山桜が朝日に照らされていました。
b0206037_07471678.jpg
会社に到着すると、対岸のふれあいらんど岩泉が鮮やかなこと・・・!



[PR]
by kyounoinaka | 2015-04-16 07:51 | 地域の話題

b0206037_08055485.jpg
この週末、柳の木がいよいよ芽吹きました。
b0206037_08055463.jpg
柳の木には様々な種類があるようで、
3月上旬から木全体がどことなく緑色っぽくなってくる種類や、
あるいは白い芽がにょきにょきと目立ってくる種類などいろいろあります。
b0206037_08055418.jpg

そんな春に向けての変化に敏感な、われわれ北国に住む者たち。
おととい、車で走っていてはっきりと柳の木が芽吹いているのを確認しました。


[PR]
by kyounoinaka | 2015-03-30 08:12 | 地域の話題