b0206037_12411560.jpg
昨日は久々に本格的に農作業。お盆やらその後雨続きやらで、なかなか取れなかった野良仕事の時間をようやく取れました。たぶん、お盆明けの雨は、休めということだったんでしょうね。
さて、だんだんと30本ほど植えておいたヒマワリ「東北八重ヒマワリ」も見ごろになってきました。そして、昨日はのばしのばしになっていたじゃが芋堀りを、手伝ってもらいながらようやく完了させました。昨日は北海コガネ、ワセシロ、レッドドラゴン、アンデスレッドを掘り上げました~。予想以上の収穫で小さな納屋も一杯です。
芋を掘った跡地には何を植えようか?玉ねぎやニンニクなど保存のきく冬越し野菜を植えたいな?と思案中です。

b0206037_12411637.jpg
周辺の田んぼを見に行ってみるとすっかり稲穂が出そろいました。

b0206037_12411592.jpg
b0206037_12411679.jpg
赤とんぼがとってもとっても鮮やかで見とれちゃいます。

b0206037_12411611.jpg
じっ茶ばっ茶の原料になるであろう黒豆、そして青平豆も勢いよくこんもり茂り、あっという間に人が歩く隙も無くなっていました。

b0206037_12411694.jpg
既に早々と実が付いています。枝豆として食べるにはまだちょっと早いかな。大豆栽培の愉しみの一つは秋口の「本来の枝豆の旬」を味わえること。

b0206037_12411593.jpg
小豆は今、花が真っ盛りです。そんな昨日の昼ごはんは、あんずきばっとうを頂きました。甘~いうどん、最初はとっても驚きましたが、今では当たり前です。

b0206037_12411603.jpg
田んぼの脇では夕顔が密かに巨大化・・・我が家も大家さんから昨夜夕顔を頂いたので夕顔三昧です。

b0206037_12411521.jpg
これは私の植えさせてもらった黄色い坊ちゃんカボチャ。土に着く心配が無い、空飛ぶカボチャ。昨日食べてみたところ、甘~く仕上がりました!!

b0206037_18431002.jpg
畑は大地のキャンバス。実りの秋に向けて一生懸命太陽のエネルギーを吸収中。岩泉の大地から生み出される農作物にそんな太陽のエネルギーをたっぷり頂きたいものです。

Twitter「今日の田舎」 で道の駅いわいずみ産直野菜情報 不定期で発信中。
産直野菜を見ていると、少量多品種 食材豊富でとっても面白い!

[PR]
by kyounoinaka | 2016-08-25 18:50 | ◎もの 岩泉まめつぶ農園…各地の畑から

b0206037_08065577.jpg
晴れた日を見計らって、いよいよ自給菜園のじゃが芋の収穫を開始しました。まずは一番早く茎が枯れてきた男爵芋から。ちょっと、肥料が多すぎたようで品質があまりよくないのですが、自家用には十分です。
b0206037_08055941.jpg
収穫前の畑の様子です。写真左からレッドドラゴン、ワセシロ、北海コガネ、男爵、アンデスレッドと続きます。男爵は中央部の枯れてきているもの。5品種植えておくと収穫適期が微妙にずれるので、一気に掘らなくてすんで楽です。お盆明けぐらいにかけて、晴れた日を狙って徐々に掘り進めます。
b0206037_08120798.jpg
じゃが芋を栽培したことのある人なら見たことのあるであろうトマトみたいなじゃが芋の果実。
b0206037_08120367.jpg
「岩泉の実家」では長芋の茂り具合がハンパない。支柱がもっと高ければさらにグングン上に登りそうですが、
そんなわけにもいかないので、てっぺんあたりはもじゃもじゃ。
b0206037_08120440.jpg
長芋の力強さを感じますね。この勢いで太陽のエネルギーをグングン吸収して、地下の芋も大きくなぁれ!
b0206037_08190040.jpg
小豆も元気に成長中。
b0206037_08424302.jpg
黒豆も順調です。黒豆と青平豆が茎葉だけでは見分けが付かないという話をしましたが、よ~く見てみると葉っぱの枚数が違う(3枚~5枚)!!と思ったものの、さらによ~く見てみると必ずしもそうでもないような、、さらに観察してみます。

[PR]
by kyounoinaka | 2016-07-26 08:45 | ◎もの 岩泉まめつぶ農園…各地の畑から

b0206037_08365123.jpg
いまから、14年前、埼玉県小川町・霜里農場で有機農業による地域づくりに出会いました。
山の落ち葉と牛糞が発酵の力で堆肥や育苗のための熱源になること、
畦草が乳牛のえさになること、そんな伝統的+最先端なあり方を見て、「漠然とした」地域、里山、放牧畜産へのあこがれは強まりました。
b0206037_08370086.jpg
霜里農場には数頭のホルスタイン、いまでは短角牛も竹林に放牧されています。数頭の家畜と一緒に生活を営む。高度経済成長期までは農村のどの家でもみられた光景です。(写真は私が居たころに飼われていた牛の「バンビ」。)
b0206037_08392535.jpg
小川町下里集落の生産農家は、いまではすべて無農薬有機栽培に転換しました。
主な生産物はお米、大豆(在来種青山在来)、野菜、さらにそれらの加工品。
個人消費者との提携(配達・発送)、そして町内外の商店や企業との提携によって、この地域の志ある取組みと農家の暮らしは支えられています。
b0206037_08415190.jpg
現在では里山の保全活動にも活動は進展。小川町オーガニックフェスタも開催され、活動に参画する人たちの輪が広がっています。
b0206037_08422724.jpg
その活動や有機農業を学ぼうと、日本全国のみならず世界から人が訪れます。
地域の集落の人のつながりと、応援する人のつながりと。大地を守るという想いが融合することで、ものすごい力が生まれる。
礎は地域の生活、伝統的な農法、固定種の野菜などにありつつ、柔軟に学び、技術革新や取組みも常に続けている。
そんな小川町にはいまも刺激を受け続けています。

ご縁は距離を超えてどんどんつながる~と感じています。というわけで岩泉のことに限らず、今後もこんな感じで、全国の持続的農業や、放牧のとりくみのなかでも気になるところ、縁のあるところも時々紹介していこうと思います。

[PR]
by kyounoinaka | 2016-07-13 19:30 | □ニッポン持続的農業&放牧紀行

b0206037_08225166.jpg
まめつぶ農園の黒豆はおかげさまで順調に生育しています。おおむね1か所に2本ずつ。だんだんと雑草の芽が見えてきたので、小さいうちに抑えてしまおうと管理機で畝間を起こすことにしました。
b0206037_08225110.jpg
じゃが芋も同じく順調です。もうここまで成長すると雑草の心配もなく、あとは1か月後の収穫を待つのみです!芋掘り頑張らなくちゃ!そういえばじゃが芋を観察していたら、シマヘビが一匹、茎葉のあいだで顔をのぞかせていました。じゃが芋を守ってくれているのかもしれません。
b0206037_08225155.jpg
この日はおばあさんがこの辺の歴史を教えてくれました。小本近辺の農家でも、おばあさんが嫁入りしたころは、どの家にも赤牛(短角牛)が居たんだそうです。5月6月ごろになると、各家々が集まって、早坂まで牛を連れて放牧しに行ったのだとか・・・行った人たちは1泊2日で藪川に泊まったとか。その後は、ホルスタインを飼い・・・今では小本近辺には短角牛はほとんど居ませんが、昔は本当にどこの家でも牛は欠かせないものだったんですね。

ちなみにそのころ、周囲の景色は田んぼではなく麦畑とヒエ畑だったとのこと。
おばあさんの生まれた田野畑の浜では、塩も作ったそうです。戦後の食糧難の時代、岩手内陸では塩が不足しており・・・逆に、浜ではお米がなかったので、国鉄山田線で内陸に出かけて塩とお米を交換したこともあったそうですよ。

そんな おばあさんの畑仕事を見ていると、その体の動きのしなやかさ、仕事の速さには驚かされます。

[PR]
by kyounoinaka | 2016-07-05 08:21 | ◎もの 岩泉まめつぶ農園…各地の畑から

b0206037_09244213.jpg
まめつぶ農園のじゃが芋はあっという間に生い茂り、畝間には歩くすき間もなくなりました。3週間前、忙しくなる前に土寄せをしておいて良かったです。花が咲きそうだったところを、ばあちゃんが摘んでくれました。一応、花が咲くとじゃが芋にも実がなる場合があり、実に栄養が行くと地下の芋の成長にはよくないといわれています。ただ、花を摘むのには手間もかかるので、摘まなくても良いようです。
それにしてもばあちゃんの知恵には効率とかそういったことではなく、とにかく一生懸命作物を立派に育て、畑をきれいにし、空きスペースがあれば作物を植える、そんな生きる知恵がたくさん詰まっているなぁと思わされます。気付くと、私が使わせてもらっている周囲の空きスペースには色とりどりの野菜、そして大豆、小豆が植わっていました。
b0206037_09245690.jpg
こちらはばあちゃんが少し前に蒔いた黒豆が一斉に芽吹いている様子です。さすがに6月も末になるとハトたちも他にも餌が豊富なのか、見向きもしないようです。
b0206037_09255380.jpg
こちらは私も豆まきをお手伝いした黒豆。こちらは3週間前に種を蒔いたもので、順調に育っています。
b0206037_09261397.jpg
別の場所に青平豆も蒔いていたそうなので見せてもらいました。青平豆、黒平豆は岩手自慢の大豆ですが、平たい形が煮豆に向いており岩手の食文化に欠かせません。
b0206037_09261523.jpg
上の青平豆と、この写真の黒豆とはパッと見では全く見分けがつきません。微妙に葉っぱの形が違うような気もするけど!?
b0206037_09402563.jpg
田んぼの土手にはカボチャが成長中。竹の棒で橋渡しして土手に誘導中の図。私がしばらく面倒を見に来れないうちにものすごく大事に育ててもらっていたようで感謝です。
b0206037_09400643.jpg
b0206037_09401302.jpg
田んぼでも生き物たちが賑やかに遊びまわっています!!あと少しで田んぼの水をいったん干すそうなのですが、たくさん泳いでいるオタマジャクシたちも上手いもので、どんどんカエルに成長しつつありました。

[PR]
by kyounoinaka | 2016-06-26 09:47 | ◎もの 岩泉まめつぶ農園…各地の畑から

b0206037_18394122.jpg
少し前まではカタクリや水芭蕉の開花に大喜びしていたんですが、気づいたらあっという間に周囲は緑に包まれ、雑草もものすごい勢いで攻めてきています。
里では岩泉町の花「桐の花」が、山には藤の花も咲きはじめ、夏野菜を露地に植えるのにも良い時期になってきました。
b0206037_18394131.jpg
我が家も雑草を刈る作業に追われていますが、「岩泉の実家」の畑はぜんぜん雑草が無い。
ばあちゃんの長年の緻密な雑草取りの成果がすごい。
b0206037_18410489.jpg
私が植えさせえてもらったじゃが芋5種類も芽吹きました。こちらはレッドドラゴン。名前にちょっぴり岩泉との縁を感じるような。
皮が赤くなる品種は初めて植えたのですが、茎も赤くなるんですね!じゃが芋を何種類か植えると、育つにつれて葉っぱも花も品種ごとの違いがはっきりしてくるので、面白くなりそうです。
さっそくテントウムシダマシがすでに寄ってきています。茎葉の成長期にこれの被害が大きいと、ちょうど乾燥しやすい時期でもあり、成長が鈍って収量にも大きな影響が出てしまいます。無農薬で、小規模なので、ちまちま虫を取ることにします。
b0206037_18411409.jpg
 
b0206037_18411581.jpg
周辺の田んぼもかなり田植えが済んでいました。
b0206037_18411540.jpg
田んぼの周辺を観察してみると、カボチャを植えて土手に這わせようとしていたり、
b0206037_18394113.jpg
玉ねぎも育ちつつあったり、
様々な自給の知恵が隠されていました!

[PR]
by kyounoinaka | 2016-05-19 08:39 | 岩泉まめつぶ農園・・・各地の畑から

b0206037_09443104.jpg
1週間以上前ですが、先日、堆肥をすきこんだ畑にじゃが芋を植えつけました。
畝幅80センチ、株間40センチ(1.5歩くらい)のゆったり間隔で結局5品種を植えつけました。
種イモと種イモの間には鶏糞を。
b0206037_09443132.jpg
面積のわりにはかなり多品種かも。
これだけ植えれば、生育が順調なら人に贈ったり出来る位わんさか収穫できるはず。
たとえ不作でも1年間じゃが芋に困らないくらい収穫でき、保存も効くし、
栽培も簡単だし、いろんな料理に使えるし、じゃが芋は本当に偉大です。

ちなみに種イモは前日、芽の数に応じて2~4切れ位にカットしました。
b0206037_09432928.jpg
ダンシャク5kg

b0206037_09432903.jpg
ホッカイコガネ4kg

b0206037_09432923.jpg
ワセシロ1kg

b0206037_09462921.jpg
レッドドラゴン500g(購入したホッカイコガネのおまけ)
※このほかに急きょアンデスレッド1kgを植えつけました。

[PR]
by kyounoinaka | 2016-05-03 07:42 | 岩泉まめつぶ農園・・・各地の畑から

b0206037_17045709.jpg
今年は岩泉町に来て4回目のじゃが芋づくり。
私の大好物なのと、栽培が簡単なこと、貯蔵が出来るため重宝することから、じゃが芋は欠かせません。

今年は3年使わせていただいた有芸の畑から、引っ越しに伴い
今度は海の近くの「岩泉の実家」で畑を使わせてもらえることになりました。
(私の本当の実家は東京にあります。)
気候が大きく変わり温暖なので、じゃが芋も1週間程度早く植えることになりそうです。
b0206037_12305079.jpg
まずは農業振興公社から軽トラック1台分、堆肥を運んでもらい、
堆肥を散布。家の人たちにも協力して頂き、3人での散布だとかなり早いです。
b0206037_12335580.jpg
トラクターを貸してもらい耕す・・・の図。
かなり久々のトラクターは緊張しまくり。途中運転交代となりました。

今年はダンシャク・北海コガネ・あともう1品種くらい植えようと思っています。
ダンシャクはお決まりみたいなもの。種イモも入手しやすく安いです。

北海コガネは「黄金メーク」とも呼ばれメークインに近い肉質。
じゃが芋を煮物にけっこうよく使うので、ありがたい肉質。ポテトフライ用にも絶好みたいです。
昨年メークインとともに少量植えてみたところ、天候不順(ゲリラ豪雨)でメークインの茎葉がボキボキ折れて被害を受けたのに対し、北海コガネは被害が皆無(ダンシャクは若干被害)で、こりゃ~無農薬に向いてる強い品種かな?と思い今年も採用。
ただ今年は種イモが不作なのかほとんど売っておらずインターネットで取り寄せ中です。
もう1品種は、育てたことのない品種を植えてみようと思います。
どんどん実験、実験です。
b0206037_17372243.jpg
近くには畑の中に熊さんの足跡があったり。これも春の便りですな。ていうかデカっ!!
(雨の影響で穴が広がった?)
b0206037_17380360.jpg
小本川沿いの素敵な空間。
b0206037_17365581.jpg
岩泉町でも一番この辺りは春が早いかも?

4月20日以降に種イモを植えて・・・芽が出て、ほかにも何か植えて?草が出て?
いろいろ農作業も始まりますね!!

b0206037_18031285.jpg
追伸、家の横ではシガワリ(さやえんどう)が芽吹きました。

[PR]
by kyounoinaka | 2016-04-14 17:52 | 岩泉まめつぶ農園・・・各地の畑から