b0206037_22165652.jpg
岩泉町では台風10号災害の痕跡はいまも各地で生々しく残り、
そして避難生活や生活、商売の再建に向けた動きも続いています。
そんななかではありますが、落ち着きを取戻した岩泉の山は、今年も変わらず美しく、
大川渓流ロード(県道171号)上流部でも紅葉がピークを迎えています。
b0206037_22165923.jpg
 
b0206037_22170328.jpg
 
b0206037_22170765.jpg
 
b0206037_22203620.jpg
 
b0206037_22171500.jpg
 
b0206037_22172304.jpg
大川渓流ロードは各所に道路の損傷はあるものの、
カフェぶるっく、手づくり工房朱利も営業しています。(ただし冬季は休業となります)
b0206037_22205509.jpg
櫃取湿原周辺など源流部の山々は2日ほど前の強い霜で、冬枯れに入りました。

[PR]
by kyounoinaka | 2016-10-23 22:26 | ●地域情報 地域の話題&岩泉・近隣の風景

紅葉の街道から。

b0206037_19502329.jpg
昨日、小川小学校を通りかかると、名物のもみじが真っ赤に紅葉していました。
この前の土曜日には、まだ緑色の部分があったんですよ。
b0206037_19485891.jpg
先週、早朝の小本街道は写真を撮りたくなる風景ばかりでした。
(ちゃんと車を止めて写真を撮っています。)
b0206037_19493389.jpg
岩洞湖の紅葉。密かに日本で一番絵になるダム湖ではないかと思っています。
今週は-3.7℃まで気温が下がり、木々も落葉に向かい、黄金色のカラマツが紅葉の終盤を飾っています。
b0206037_19494839.jpg
岩洞湖には砂浜もあるんですよ。
b0206037_19501668.jpg
その日、岩手県内某所にて。岩手の名峰・岩手山が作り出す夕暮れの芸術です。

今週の岩泉町、高原にある自宅の周囲はー1℃まで下がり、いよいよ紅葉も山から里へ。
まだもう少し、秋は楽しめそうですね!
昨日は岩泉町産の新米ご飯をありがたく頂き、秋の恵みも、実感中!
11月1日は「おもと復活祭」、11月3日は有芸の収穫感謝祭!
まだまだ、岩泉町では秋の味覚が楽しめるお祭りも続きますよ~!!

[PR]
by kyounoinaka | 2015-10-22 20:03 | ●地域情報 地域の話題&岩泉・近隣の風景

小本街道 紅葉情報!

b0206037_17083436.jpg
10月に入り、そろそろ霜もおりそうな気温になってきました。(岩洞湖はおりたかもしれません。)
今日、盛岡に行ったところ、1週間前とくらべて、小本街道の紅葉は一気に進んでいましたよ!!
b0206037_17082906.jpg
岩洞湖周辺の紅葉もだいぶ黄色く色づき、岩洞湖~早坂高原、
今週末から来週末にかけて紅葉の見ごろを迎えそうな気がします。
3連休はぜひ、龍泉洞、三陸海岸へどうぞ!

[PR]
by kyounoinaka | 2015-10-09 17:21 | ●地域情報 地域の話題&岩泉・近隣の風景

小本街道、秋から冬へ

b0206037_16362122.jpg

岩泉町 小川小学校の紅葉、この前を通るたびに1か月近く楽しませてもらいました。
まだ、一部黄色いところもありますが、先週末にはほぼ最高潮を迎えていました。

b0206037_16362181.jpg
青空によく映える色です。

b0206037_16362151.jpg
秋の光に照らされて穏やかな小本川です。

b0206037_16362114.jpg
この時期、金色に輝くカラマツの紅葉が大好きです。
晴れた日に風が吹くと、きらきら、光りながら金色の雪のように降ってきます。
標高700mより高いあたりは、広葉樹はもう落葉が進んでいます。

b0206037_16404795.jpg
小本街道沿い、標高600mの田んぼももう少しで冬枯れに包まれます。

[PR]
by kyounoinaka | 2014-10-28 16:45 | ●地域情報 地域の話題&岩泉・近隣の風景

北上山地 岩泉の秋

秋がトントン拍子でどんどん進んでゆく、岩泉です。
b0206037_16275353.jpg
まぶしすぎるくらいの青空が何日か広がったと思うと、
ひさびさの雨もなんだか目に優しくてホッとする。
気づくと、里でも山は色づき、道の駅いわいずみ横の桜の木々も紅葉が進み・・・
何だかこの先に冬が来るんだけど、
何か楽しい、秋。

我が家では、大型台風直前に雑穀ヒエを脱穀しました。
b0206037_16275349.jpg
全部は終わらなかったので、穂の状態で切り取って、家の中で保存してあります。
さて噂によると、このヒエを自宅でフードミルサーで精白する方法もあるのだとか。
ミルサーを買わなくてはいけませんが、もし簡単にできるなら自宅で食べたい分だけ精白して、雑穀の完全自給ができる!?
ちょっと余裕が出てから考えようと思っています。
はたして、ちゃんと精白しても大丈夫なくらい実は詰まっているのか・・・(笑)
手でつぶしてみるとデンプンの白い粉が出てきて、詰まっているようには見えますが。

夕暮れ時になると、湯っこが恋しくなります。
ヒエの脱穀はほどほどで休んで、有芸からひと山越えて 茂市(宮古市新里)の「湯ったり館」の風呂に入りに行くことにしました。
峠の牧場周辺も紅葉まっさかり。
b0206037_16275382.jpg
峠を越えて新里側は深い谷。
快晴の夕空に照らされて、雄大な北上山地の風景が心に染み入ります。
もう4年前でしょうか、はじめてこの峠を原付バイクで越えた時も、
深い深い山並みに感激したものです。
b0206037_16275338.jpg

北上山地の暮らしは、移動の際は峠越えはつきもの。
峠を上り、山を下りて出会う村で、この時期の夕暮れ時は薪を焚く煙が静かに立ち上っています。
そんな光景が、より一層嬉しく思える、そんな時期がやってきました。
さて、そんな煙のもとでは、何が煮えてるんでしょうか。
 薪ストーブの上で煮しめが煮えてる?
 薪ストーブを囲んで、スルメを焼きながら、集まって一杯やってる?
 かまどでご飯を炊いてる?
 短角牛のごはんを大釜で煮込んでいる?(短角牛の農家を冬に訪れると、時折みられます。)
 豆腐とりのために、豆を煮ている?
 それとも炭焼き釜?

そんなお宅訪問も面白いかもしれません。

[PR]
by kyounoinaka | 2014-10-16 16:41 | ●地域情報 地域の話題&岩泉・近隣の風景

櫃取湿原は秋の終わり。

台風到来でまた蒸し暑くなるのかな?と思っていたら、台風の北側なのでかなり寒くなってきた岩泉です。
今日の午後は少しの間、台風らしい強い風と雨に見舞われましたが、今は普通に雨がしとしと降っています。
さて、岩泉の源流付近では9月中旬ごろから紅葉がはじまっていましたが、いよいよ里にも紅葉の気配がやってきました。
櫃取湿原あたりはどんな塩梅かな?と思って大川渓谷を「遡上」してきました。
釜津田のむらのあたりはまだ本番はこれから、という感じでしたが、
その先上流部は紅葉が進んでいました。
b0206037_20192242.jpg
ところどころ鮮やかな赤がきれい。
スタートが早かった木は、早々と落葉も進んでいましたが、一方でまだカラマツなどかなり緑の木もありました。
b0206037_20192775.jpg
櫃取の喫茶店朱利で一休み。
いつものことながら、ここに来ないと買えないお菓子「スノーボール」「くまのうん」「ひっとりの蜂蜜」などを毎度のことながら買い込み、いざ湿原へ。

牛が迎えてくれました。
b0206037_20195732.jpg
内陸から来たグループの方々が、牛が怖いということで奥に行くのをためらっていたので、湿原までご案内しました。
短角牛のおかげで湿原が守られていることをお伝えできてよかったです。

湿原にはキッコロモリゾーみたいなキノコがありました。
b0206037_20200086.jpg
曇っていても、素晴らしい紅葉でした。倒れた大木も、本当に絵になる。
b0206037_20200375.jpg
入口に戻ると、放牧地の看視人さんがちょうど来ていました。
いつもデジカメをポッケに忍ばせてあるとかで、写真を撮るのが好きなんだとか。
薪ストーブであたたかい看視小屋でこのへんの写真を見せてくれました。
シャクナゲ・・・ヤナギラン・・・
夏の櫃取湿原もいいですね~
実は夏に来たことが一度もないので、来年こそは、夏に来ます。

[PR]
by kyounoinaka | 2014-10-06 20:26 | ●地域情報 地域の話題&岩泉・近隣の風景

毎年話題になる小川小学校のもみじ。
今日の様子。
b0206037_21561168.jpg

紅葉が日に日に進んでます。

今日も内陸に向かいましたが、
岩洞湖あたりの紅葉も、黄色や赤が、だんだん目立ちはじめてます。
短角牛と、周りの山が同じような色に染まる時期、今年は少し早いかもですね。
[PR]
by kyounoinaka | 2014-09-24 21:49 | ●地域情報 地域の話題&岩泉・近隣の風景