【 会社概要 】

いつも「今日の田舎」に来てくださりありがとうございます。

秋は毎週末に地域のお祭りがあり、今年は震災復興を願うイベントも行われ、慌ただしい毎日を過ごしています。今年は暖かい日々が続いて紅葉はいまいちですが、ハセに掛けられた稲やデントコーンの刈り取り作業が秋らしい山村の景観を楽しませてくれます。

さて、今日は改めて会社概要をお知らせします。

当社・株式会社岩泉産業開発は、1982年に社団法人岩泉町産業開発公社として発足しました。岩泉町の「町おこし会社」として山菜やきのこ類の加工販売から始まり、1985年に「龍泉洞の水」を発売、当時は「水なんか誰が買うんだ?」と言われたそうです。1990年にできた販売施設「わくわくハウス」は1994年に岩手県内6番目の「道の駅」に認定されました。

その後「ふれあいらんど岩泉」がオープンするなど順調に事業は拡大、2002年に公社を分社、収益事業部門を現在の「㈱岩泉産業開発」に引き継ぎました。(公益部門は社団法人岩泉町農業振興公社へ。)

さらに2004年、JAから「いわいずみ短角牛肉」事業を引継ぎ、2007年には「道の駅三田貝分校」がオープン、ますます地域の企業として大きな役割を果たしています。

現在の主力商品は「龍泉洞の水」「龍泉洞コーヒー」などの飲料、山菜・わさびなどの特産加工商品、いわいずみ短角牛肉などです。岩手県内だけでなく、首都圏はもちろん、北海道から西日本まで全国のお客様に商品をお届けしてます。首都圏常駐スタッフもいて、今日も岩泉町のために孤軍奮闘しています。

そんな訳で、当ブログ「今日の田舎」は㈱岩泉産業開発の公式ブログです。今後とも㈱岩泉産業開発ならびに「今日の田舎」をよろしくお願いします。
[PR]
by kyounoinaka | 2011-10-26 16:23 | □担当者より