人気ブログランキング |

春を迎える「節分祭」

「四季の歌」  作詞 荒木とよひさ   

 ♪  春を愛する人は 心清き人 ♪
    ♪ すみれの花のような 僕の友達 ♪

というわけで、昨日、暦の上では春を迎えました。

そして、立春の前日・2月3日は節分。節分と言えば「豆まき」です。今日は埼玉支局から奇祭・「鬼鎮神社の節分祭り」レポートが届きましたのでご紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

埼玉県嵐山町にある鬼鎮(きじん)神社は、鬼が神様として祀られている珍しい神社です。鎌倉時代、畠山重忠がこの地方(武州?)を治めた時、鬼門の方角に厄除として建立したと言われています。
b0206037_22505811.jpg

鬼は厄介者の代名詞。節分では全国的に「鬼はそと、福はうち」と叫び、鬼(鬼神)を屋内から追い払う。ところが鬼鎮神社の節分祭はちょっと違います。
b0206037_22513225.jpg

青鬼と赤鬼のお面をつけた氏子が『福はうち、鬼はうち、悪魔そと』と叫びながら、豆や餅、みかんを参拝者にぶつけるのです。豆まきをする青鬼と赤鬼は汗だくでした。
b0206037_22515915.jpg

「毒には毒を持って征する」と言ったところかな?? 鬼が豆まきし、鬼はうち・・
珍祭?奇祭??でも境内は立錐の余地もない混雑ぶり、結構有名なんです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

全国には変わった祭りがありますね。

※埼玉支局長は、実は当社の顧問であり、未熟な私たち若手(?)職員の「父」のような存在です。が、なぜかこのレポートを読んで、赤鬼の顔が口うるさい…
(以下掲載を控えさせていただきます。)
by kyounoinaka | 2012-02-05 00:00 | □支局通信