大盛況「食からはじまる地域づくり」勉強会

昨日の「食からはじまる地域づくり」勉強会には、定員の50名を大幅に上回る78名のご出席を頂き、無事終了しました。岩泉町内外から多数お集まりいただき、誠にありがとうございました。

庄内地方から日本中を駆け回る奥田シェフのお話は、深く示唆に富み、参加した誰もを勇気づける強いメッセージが込められていました。

今や奥田シェフのお店「アル・ケッチァーノ」は、日本で最も予約のとりにくいレストランと言われていますが、ほんの10年前は100円ショップのお皿を使い、家族の食費も切り詰めるほどの生活だったそうです。

1.問題がある
2.現場へ行く、現状を知る
3.未来図を語り合い、思いを図に描く
4.行動を起こす

この繰り返しによって、現在の奥田シェフがあることを、わかりやすく説明して頂きました。


勉強会は無事終了しましたが、「食からはじまる地域づくり」や「大震災からの復興」は、まだ始まったばかりです。昨日の勉強会には、生産者、料理人、加工業者、観光業者、そして、地域を支える行政関係の皆様にお集まりいただきました。「食の力」で思いを一つにして、これからも宜しくお願いします。


今日は岩手県主催の「いわて食材王国フォーラム」に参加しますので、写真を添付して今日のブログと致します。
b0206037_9243313.jpg

b0206037_921194.jpg

b0206037_8474626.jpg

b0206037_8441638.jpg

▼生産者優先席「グリーンシート」
b0206037_8445058.jpg

[PR]
by kyounoinaka | 2012-02-22 08:49 | ■活動 スローフード岩手