「スローフード・ジャパン全国大会IN秋田」ツアー其の一~国際色豊かな年に一度の祭典

3月16日、秋田県仙北市角館町にて、「スローフード・ジャパン全国大会」が盛大に開かれました。

スローフード協会はイタリアに国際本部を設置し、日本には50弱の地域支部(コンビビウム)があります。そして地域支部を統括するスローフードジャパンがあり、年に一度この時期に全国大会(会員総会)を開催しているのです。
b0206037_9364163.jpg

会員総会に先立ち、国際本部事務局長のパオロ・ディ・クローチェさんの基調講演がありました。

「私たち(の体)は食べ物でできあがっている」という根本的な話題からはじまり、国際運動であるスローフードが掲げる「おいしい・きれい・ただしい」食べ物が手に入る社会を作るために、生産者を尊重し、消費者に正しい情報を届けることによって、生物多様性に富み、持続可能な世界を取り戻そうと訴えました。
b0206037_9394415.jpg

会員総会では、地域の食を守る「味の箱舟」プロジェクトの推進や、被災地域の支援、全国各地の魅力的な会員をつなぐコミュニケーションの活性化と、これらの事業を継続するためにスローフードジャパンの健全な運営について話し合いました。
b0206037_9554423.jpg

また、10月に韓国で開催される「2013アジオ・グスト」(アジア・オセアニア地域のスローフード国際大会)PRのため、スローフード・コリアの代表団が緊急来日し、日本からの参加を呼びかけました。

(イタリア語、英語、韓国語から標準語、秋田弁、安家弁まで飛び交う会議です。)
b0206037_9594560.jpg

会議終了後、後藤会長のあいさつで交流会の始まりです。

秋田の伝統的な料理があり、米どころ秋田ならではの豊富な日本酒があり、WBA(ワールド・ビア・アワード)2年連続世界一の「田沢湖ビール」も飲み放題でしたが、それよりも感動したのは、秋田の皆さんの「おもてなしの心」です。岩手と同じ東北人の、温かい気持ちが溢れていました。
b0206037_106817.jpg

今回の全国大会をまとめて下さった秋田リーダーの石田雅芳さんを囲み、岩手のメンバーでパチリ。

かつてイタリアの国際本部に在籍した石田さんは、スローフード運動に精通し、語学は堪能、ユーモア満載、さらに画才にも恵まれ、みんなを喜ばせるエンターテイナーです。
b0206037_10101683.jpg

スローフード協会にはどなたでも参加できますので、興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

スローフードジャパン http://www.slowfoodjapan.net/syurui/

スローフード岩手 http://www.ryusendo-water.co.jp/slowfoodiwate.html
[PR]
by kyounoinaka | 2013-03-18 10:36 | ■活動 スローフード岩手