人気ブログランキング | 話題のタグを見る

平成24年度「森と水のシンフォニー環境基金」活動報告~岩泉小学校編

岩泉町に澄んだ水が湧く理由

1.豊かな自然があること。
2.その自然を守り育む人がいること。

世界一の透明度を誇り、「日本名水百選」に選ばれた「龍泉洞の水」があるのも、森を育み、水を守る人たちがいるから。だから、当社では平成17年度からナチュラルミネラルウォーター「龍泉洞の水」売上の一部を「森と水のシンフォニー環境基金」に積み立て、町教育委員会を通して子どもたちの環境教育・食農教育・自然体験に活用していただいています。
平成24年度「森と水のシンフォニー環境基金」活動報告~岩泉小学校編_b0206037_15113282.jpg

平成24年度は町内4つの小学校で「森と水のシンフォニー環境基金事業」に取り組んでいただきましたが、今日は岩泉小学校の活動を報告いたします。

~~~~~

岩泉町立岩泉小学校
活動児童;1年生~6年生 199人

事業活動
1.太陽光発電の有効活用に関わる取り組み
 ~生活委員会を中心とした節電を意識した取り組み~
…節電量の調査および節電の呼びかけにより、全校児童が節電を意識し、クリーンエネルギーに対する関心が高まりました。

2.校内の節電に合わせた緑化活動
 ~グリーンカーテン作り~
平成24年度「森と水のシンフォニー環境基金」活動報告~岩泉小学校編_b0206037_1562850.jpg


3.校内資源のリサイクル活動
 ~うさぎの糞を利用した堆肥作り~
平成24年度「森と水のシンフォニー環境基金」活動報告~岩泉小学校編_b0206037_1574073.jpg

教室前の花壇を利用したグリーンカーテン作りや、うさぎの飼育を通してできるリサイクル活動など、身近にあるものを利用して、環境問題への関心を高めることができました。

※写真は個人の特定がしにくいものを選ばせていただきました。

~~~~~

岩泉小学校は町内で最も児童数の多い小学校です。身近な活動を通して、環境問題への関心を高めていただければ嬉しいです。

うさぎの糞を使った堆肥は何かに活用していただけたのかな?今後の取り組みも楽しみにしていますので、よろしくお願いします。
by kyounoinaka | 2013-05-22 15:29 | シンフォニー環境基金