人気ブログランキング |

はーるよ来い

今朝もまだまだ氷点下、道路脇には雪の山ですが、私のセンサーでは着々と春の気配を感じています。どこにそんなセンサーがあるのかというと、鼻の中に組み込まれていて、春を感じると塩分を含んだ水が流れる仕組みです。(人はこれを「花粉症」と呼ぶ。)

さて、昨日は久慈市山形町に行ってきました。安家から工事中の大月峠を越えると、同じ山の中でも風景が違ってきます。山形町に着くころになると、明らかに「この山は岩泉ではないな。」と感じるから不思議です。雪も岩泉より若干多いようでした。

鼻水の春ではなく、早く暖かい春が来るといいですね。
b0206037_756451.jpg

▲昨年4月11日のフクジュソウ(岩泉町小本)
by kyounoinaka | 2014-03-05 07:57 | □取るに足らない話