岩泉流のお正月「お雑煮くるみ餅」の準備。

b0206037_16370152.jpg
先日、釜津田に配達がてら喫茶店「ぶるっく」に寄ってみました。
12月いっぱい、営業中とのことです。
薪ストーブでぽかぽかの店内。
さすがに峠は雪道なので、お客さんもめっきり少ないようですが、だからこそ、
この時期は、店主といろいろ会話を楽しめる穴場的な時期かもしれません。

さてさて、冬の里は意外と忙しいのです。
9月に短角牛の冬の餌の仕込みが最盛期を迎え、
10月末に牛が帰ってきて、わらわらと牛の世話が忙しくなってきます。
そして、じいちゃんばあちゃん達は小春日和の日向のもと、や土間などで収穫を迎えた豆雑穀の選別に精を出す11月、12月・・・
そして、じきに年末も近くなってきました。

で、この日の「ぶるっく」では、岩泉の雑煮でとっても大事なくるみを割る仕事の真っ最中でした。
岩泉の川沿いにはくるみの木がいっぱい。
手間がかかるトンカチでの手割作業で、手をたたかないように気を付けなきゃ!
ですが、「くるび味がする」なんていうのは伝統的な、岩泉での美味しいものの代名詞。
今でもその伝統は、里の家にも息づいています。

b0206037_16482549.jpg

一方で、実は岩泉には、お手軽に岩泉流のお雑煮くるみ餅を味わえるセットもあり・・・
岩泉のお豆腐・岩泉の山菜などを煮込んだ、醤油澄まし仕立てのお雑煮具材スープのパックに、
お雑煮用に岩手県産のお餅、
さらに練クルミがセットになっています。
4人用のものは、龍泉洞の水1本もセット。
岩泉流のお雑煮、食べてみたくありませんか?

弊社 冬のギフトでも取り扱っています。締め切りは12月15日(月)。
発送日は26日 もしくは27日の限定。
別途、地方別に送料がかかります。(送料のご案内はこちら
弊社 通信販売課までぜひお問い合わせください!
b0206037_16505030.jpg

[PR]
by kyounoinaka | 2014-12-14 17:07 | ●地域情報 地域の話題&岩泉・近隣の風景