b0206037_18315367.jpg
ここは、おとなり久慈市と葛巻町の境に広がる平庭高原。ここの白樺林は日本一と言われているのは、有名です。平庭高原には岩泉町から最も近いスキー場「平庭高原スキー場」がありますし、北上山地の短角牛(の祖先・南部牛)の歴史を伝える「闘牛場」があることもあり、四季折々に様々なイベントも開催されている魅力スポットですね。

b0206037_18315317.jpg
その白樺林はなぜ生まれたのか?かつてこの一帯は放牧地でしたが、その後、放牧がおこなわれなくなると、草地に侵入する樹木のパイオニアともいわれる白樺は真っ先に侵入してきます。こうして広がった白樺林が現在見ごろを迎えているということです。最近産経新聞さんの記事で知ったのですがこの白樺林は、調査でも日本一の本数(生育本数31万本、面積360ha)であることが分かっているそうです。

b0206037_18315341.jpg
一方で白樺はパイオニアであるがため、放牧地跡・山火事跡などの開けたよく日光の当たる場所を好みます。そして寿命が短いことも特徴です。数十年以上前には放牧地として全く違う景観が広がっていた平庭高原、この先50年後は、どのような森の景観が広がっているのかは、気になります。

この白樺林もこれまで下草刈りなどを通じて守られてきたとのことです。観光振興のために人との関わりのなかで今後も白樺林を維持する方策を考えるのか、あるいは人口減の時代ですから、自然の遷移でブナ・ミズナラなどの森に変わってゆくことにおまかせするのか、様々な考え方があると思いますが、たいへん興味深いところです。

北上山地は冬の積雪が日本海側と比べて少ないことも影響してか、かなり源流部まで人が住んでいますし、そうした地帯でも社会情勢に左右はされますが、山を活用した林業・牧畜などの産業が成り立っています。そのため北上山地の自然の風景は、一見山奥に見えても、人との関わりで生まれたものがとても多いです。

岩泉町も、100年前には放牧地の管理のために山焼きが行われ、いまよりはるかに広い面積で放牧・採草のための草原が広がっていたとされます。(「森の生態史」北上山地の景観とその成り立ち という本が詳しいです。)現代のように、カラマツの植林地が広がる景観も北国の爽やかな風景を演出していますが、これも、戦後のもの。
人の営みと森とのつながりがとても深い北上山地の自然の風景は、人の暮らしの変化とともに、常に変わり続けています。

いま、この「日本一の白樺林」の輝きを目の当たりにすることができるのは、ラッキーなのかもしれません!

[PR]
by kyounoinaka | 2016-07-04 08:50 | ●地域情報 地域の話題&岩泉・近隣の風景

b0206037_09063133.jpg
5月にオープンした安家産直(食堂も併設)に、名物のあっかラーメン(かつて安家にあった食堂の名物きのこラーメンを再現)を食べようと思って行ってきました・・・が!!この日はランチタイム終了ギリギリに行ったところ、きのこのラーメンは売り切れで普通のラーメンのみとのこと!
なんでも、地元安家の皆さんも楽しみにしているそうで、半分ぐらいは地元の人が食べているとのこと。もっと外の人に食べてほしい~とのことですが、地元の人に愛されているって、最高じゃないですか!この日もお客さんで賑わっていました。
でも気を落とさず、予想外のパスタセット(ピザ付き)がメニューにあるそうなのでこれを頼みます。ピザは2種類ぐらい選べるとのことで、コウタケ入りのピザを頼みます。
b0206037_09063159.jpg
この日のパスタは旬の野菜(トマト・ホウレンソウ)とエビのパスタ。具材たっぷりで食べ応えがあります。
そして、ピザが生地ももちもちで、特に美味しい!コウタケのピザなんて初めて聞きましたが、合うもんですね。
安家イタリアン。そういえば安家はイタリアン食材も溢れています。秋冬には安家地大根も色々味わえるのか?春はさんがいねぎ?今後も楽しみですね。

さて、産直のほうですが土日のみ営業なのですが、タイミングが合えば「じゅうねもち」「どんぐりまんじゅう」「栗まんじゅう」などの、安家のソウルフードとも言えるような絶品手作り郷土おやつを購入することができますし、食堂でその場で食べることもできます。が・・・この日はすでにおやつ類は売り切れ!!
「早く来なくちゃダメよ~」と言われましたが、おかげでまた来る理由ができました。ある意味、商売上手!?
そのほか、野菜や手作りの工芸品なども販売中ですし、食堂ではソフトクリーム・ホットコーヒーなども販売中なので、ちょっと休憩もできます。
b0206037_09120520.jpg
安家の社会学・民俗学研究のスペシャリスト、岡 惠介さんによる新刊「山棲みの生き方 木の実食・焼畑・短角牛・ストック型社会」も販売されていました。手元にもありながらまだ読めていませんが、安家における長年の蓄積に加え、岩泉町全体のことや、ここ最近の短角牛の動向なども踏まえた考察なども加わり、北上山地の伝統的な暮らし、循環型の暮らしに関心のある方や学生、研究者にはたまらない本だと思います。
b0206037_09063139.jpg
目の前には安家川の清流が流れ、時には釣り人の姿も。食事を待つ間に周辺の散歩も楽しめそうです。
もちろん、日本最大・鍾乳石の素晴らしい「安家洞」 も目の前です。
この夏のおすすめ!「岩泉龍泉洞~安家洞(安家産直)~新山根温泉べっぴんの湯~久慈」このドライブルート(県道7号線)をぜひ通ってみてください。
(※大月峠は9月末完成の見込みで道路改良中のため、平日・土曜日の日中は時間帯通行止めがあります。日中は2時間おきぐらいに一時通行止め解除の時間がありますので、ご確認ください。)



安家産直施設について
【営業時間】9:00~15:00(食堂11:00~14:00)
【TEL】0194-24-2701
【住所】岩手県下閉伊郡岩泉町安家字日蔭1番地10


[PR]
by kyounoinaka | 2016-07-03 09:43 | ●地域情報 岩泉・近隣のお店&レストラン

b0206037_21170344.jpg
ここは朝の安家・黒森山。広大な放牧地に放たれて、早くも1か月以上が経過した安家の短角牛たちです。
放牧地も広大ですが、北上山地もはるかに広大な山並みが延々と連なっています。ここから見える人工物は、はるか遠くの風力発電の風車ぐらい、青空の日ももちろん雄大な山並みと緑がきれいなのですが、個人的にはこの場所は若干風が吹いているような、通り雨でも来そうなときに来ると、より一層雄大な北上山地の迫力が高まります。

b0206037_21242528.jpg
AM8:30の放牧地はすでに食事タイムも終わり、牛たちはリラックスタイムの真っ最中。(もう少し暑くなると、牛たちは広葉樹林の中に入って休みます。)
雲間から出てきた朝日を浴びて、毛並みの良い牛たちがより一層美しく見えます。こうやって見ると、短角牛といっても微妙に毛の色は違うことがわかります。
いわいずみ短角牛は自然交配で、夏山冬里育ち。昔からの短角牛の産地は今も自然交配による繁殖が一般的です。人工授精が一般的な黒毛和牛のように「著名な血統」が目立ってあるわけではありませんが、それでもやはり短角牛も生き物なので様々な血統が存在しますし、品種改良によって微妙に「日本短角種」も時代によって変化しているようです。

「品種改良」とはとても時間がかかることなので、少し前の価値観が現在に反映されたりもします。(例えばサシの多い少ないなど)
価値観も立場によって様々なので、とても改良とは難しいことなのだなぁと思いますが、
子育て上手で、粗飼料主体で丈夫に育つ、短角牛ならではの根本は今も揺るがないのではないかと思いますし、これからも維持していかなければいけないと思います。

b0206037_21281727.jpg
さてそんな話は、放牧ライフを謳歌している牛たち自身はつゆ知らず、この時間に行けば、母子そろって二度寝?というかうつろうつろ?している牛たちがあちらこちらに見られます。二頭そろって仲良く目を閉じたり、お母さん牛は若干物音を耳で拾って周囲は把握しているようですが、牛たちをびっくりさせないようにゆ~っくり近づいていけばいつしか、牛も私を警戒しなくなり、リラックスした写真を撮らせてくれます。

子牛の頭にはちょこんと小さな角が頭をのぞかせかけています。そんな状態ですが本気で人が突っつかれたらかなり痛いと思います。半年の放牧期間のうちに、子牛は急速に大人になっていきますね。


こちらは子牛の動画です。ちょっぴり警戒しつつ、でも好奇心も旺盛。看視人さんが毎日様子は見ているとはいえ、基本的に放牧中なので、若干野生の本能?も併せ持ち、警戒心も大事!
b0206037_21522146.jpg
向こうに見えるのは放牧地の名前にもなっている黒森山です。その名の通り、周囲には豊かな森が広がっています。

b0206037_21504196.jpg
ここは標高1,000m。周囲では、少し高い山に生える「マルバダケブキ」が咲き誇っていました。

b0206037_21555021.jpg
看視人さんは、放牧地へ通じる長い林道の草刈の真っ最中でした。暑い中、お疲れ様です!!

[PR]
by kyounoinaka | 2016-07-02 21:56 | ◎もの いわいずみ短角牛と生きる

b0206037_23193859.jpg
こちらは岩泉町の湧水「天王水」の湧き口です。
湧き水の美味しさにハマってからは、毎日湧き水を欠かさず常備するようにしているので、週に一度はポリタンクを持って湧き水を汲みに行きます。本田の「天王水」、中里の「宮脇の清水」はよく行きますし、時には大川の「いぬわし清水」などに立ち寄ってみたり。なかでも、岩泉町内から近いということもあって、「天王水」に行く頻度が高いです。ここの湧き水はなんといっても大きな木の下から、水が湧きだしている、森の恵みを頂いている感たっぷりの、ロケーションが魅力。
b0206037_22580401.jpg
水汲み場も手入れがされて清潔感があり、もちろん水も冷たくて美味しい。ここ数日のような暑い日に行くと、とくに実感します。汲むときにはやっぱり新鮮な湧きたての水をその場で頂くと、森のパワーが頂けるような気がします!!
(※無殺菌の生水です。)
b0206037_23193831.jpg
最近、この周辺の手入れが進められており、水汲み場へ向かう通路が歩きやすくなったり、東屋がちょっと小奇麗になったり、小型水力発電による電灯が灯ったりしています。地域の皆さんにも大事にされていることが伝わってきます。
b0206037_23193867.jpg
龍泉洞~安家洞の間の県道7号線沿いにあり、目印はこの赤い鳥居です。水をくむときは、神様にご挨拶をしていくのがおすすめですよ。

場所の確認には、岩泉町湧水マップもご活用ください。

[PR]
by kyounoinaka | 2016-07-01 23:25 | ●地域情報 岩泉湧水めぐりマップ